rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

435 [2006/12/04]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Der Posbi-Krieg ポスビ戦争

2 . Leo Lukas / Stern der Laren / ラール人の星
3 . Cathrin Hartmann / Friedhof der Raumschiffe / 宇宙船の墓場
4 . Harald Evers / Der Milliardenmoerder / 十億殺し
5 . Frank Böhmert / Die Psi-Fabrik / プシ工場
6 . Uwe Anton / Die Schöpfungsmaschine / 創造機械

 書き下ろしポケットブック・シリーズ。月1冊刊行、全6冊の予定。

□ Perry Rhodan-Der Posbi-Krieg 2巻「ラール人の星」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/buecher/heyne/posbi/2.html ]

 新銀河暦1343年、局部銀河群の小銀河アムブリアドル――

「外界と連絡の術もない、閉ざされた小銀河」
「そこに、漂着した~」
「テラナーの子孫、アルテラナーのアルテラ帝国が~」
「突然のポスビの攻撃に、存亡の危機」
「そこに、来訪したのが~」
「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダン」
「自由テラナー連盟政庁次官モンドラ・ダイアモンドさん」
「テレポーターにして〈探知者〉スタータック・シュレーダー」
「ナノ・〈アルミニウム園芸家〉――探知・分析用ポスビ、自称・芸術家」
「ドローヴァー――戦闘用ポスビ、名前の意味は〈家畜商〉」
「マウアブルム――マットのウィリー、名前の意味は〈壁の花〉」
「計6名」

 ペリー・ローダンの作戦――

「――とにかく、ポスビが生命体を襲いはじめた理由を、知らねば」
「――ポスビ本拠に、潜入だ」
「先日の戦闘で確保した、フラグメント船《BOX-1122-UM》」
「1辺2kmの船体は、駆動機関・大破」
「プラズマ司令・破損、船員ポスビなし、ウィリー不在、という」
「それゆえ、ようやく自爆だけは免れた、というシロモノ」
「――修理して、ポスビ本拠に、潜入だ」
「ところが」
「――え? アルテラ帝国には、ポスビ技術者がいない?」
「――連れのポスビ2名は……え? 特殊な技術は、わからない?」
「落胆するローダンの前に、ひとつの希望が」
「――ラール人のトロヴェント帝国なら、戦前、ポスビと交流があった?」
「――それだっ」
「……」
「アルテラ帝国防衛大臣、ラエルテス・ミチョウは~」
「――伝説のペリー・ローダンを、うまく政治の道具に利用できれば」
「という、権力志向のヒト」
「伝説のペリー・ローダンは~」
「口先の技術には、自信があります」
「――わたしが、アルテラ帝国のため、危険な作戦におもむこう」
「――連れのポスビ2名に、惑星カントン解放を手伝わせもしよう」
「――すべては、キミの人徳のなせるわざ」
「――もちろん、この作戦に同意してくれるであろう?」

 星系アルテラ近傍宙域、〈歓喜エイ〉――

「〈歓喜エイ〉は~」
「宇宙空間を浮遊する、土着の巨大生物」
「どのくらい、巨大かと、いうと~」
「腹腔に~」
「アルテラ人が、大人の歓楽街を建設できるほど」
「歓楽街の一角に、風呂屋が1軒」
「風呂屋のヒゲ親父、キュール・チン――体重170kg――こそ~」
「かつては、ラール人の手先」
「と、みせかけて、ラール人をスパイしていた、凄腕の二重スパイ」
「――ヴェルドゥト・クルズという、ラール人技術者が、おってのー」
「――ポスビ技術の、第一人者ではねーかと」

 ペリー・ローダンの作戦――

「――ならば、ラール人のトロヴェント帝国へ、おもむかねば」
「作戦遂行の同意は、得たものの~」
「アルテラ帝国正規軍から、正式支援は望めない」
「確保した、試作船《ミンザオ》に~」
「かきあつめた、冒険好きな民間人が、乗組員」
「いざ、トロヴェント帝国の首星カリゴへ、発進」
「……」
「もちろん~」
「優秀な、トロヴェント帝国防衛艦隊は~」
「不審船《ミンザオ》を、捕捉・発砲」
「が」
「口先の技術には、自信があります」
「――わたしは、銀河系の第一ヘトランだっ」
「――ヘトソンの告知者の命をうけて、来たのだっ」
「優秀な、トロヴェント帝国防衛艦隊も~」
「躊躇うことは、あるのです」
「《ミンザオ》は、大破した、ものの~」
「離脱した司令球体は、首星カリゴに、不時着成功」
「――いざ、トロヴェント帝国首脳と、折衝を」
「と」
「そのとき」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「宙港を覆う、砲火」
「――クーデター?」
「トロヴェント第9艦隊司令官カト・グレールが、現政権に反旗を翻した」
「とかいう瞬間、なのでした」

 アルテラナー、タムラ・カントゥ――

「タムラ・カントゥは~」
「ラール人のトロヴェント帝国に、暮らす~」
「アルテラナー8400名の、ひとり」
「薄幸の少女、タムラ・カントゥは~」
「18年前=4歳のとき~」
「ラール人が拉致したアルテラ帝国船の、乗客でした」
「ラール人は、捕虜に制御チップを移殖」
「下僕にして、情報源として活用です」
「ラール人は、幼い子供を隔離・洗脳です」
「下僕にして、将来はスパイとして活用です」
「……」
「やがて~」
「長じて、タムラ・カントゥは~」
「ミトラデ・パルク――デコンボル区の区長の娘――の侍女に、なりました」
「――タムラ……障子の桟が、汚れていてよ」
「――申し訳ございません、お嬢さま」
「懸命に、お仕えしていた」
「のですが」
「――タムラ……汚いアルテラナーと口をきいては、イケナくてよ」
「――でも……このヒト、わたしのパパなんですっ」
「お嬢さまに、つい反駁」
「恥をかかせて、しまいました」
「タムラの父は、ハイパー水晶鉱山送り」
「過労で、死んでしまったとか」
「悲嘆にくれる侍女、タムラ・カントゥを~」
「可愛いスロッペレ――お屋敷のペット」
「植物生命体執事ボッフェーン――お屋敷で年季奉公」
「ふたりが、慰めるのでした」
「……」
「やがて~」
「さらに長じて、タムラ・カントゥは~」
「こんな、アルテラナーの若者と、出会います」
「――ボクは、ウィルバー・ドニング」
「――抵抗運動〈道教〉の、一員だ」
「――後援してくれる、ラール人もいる」
「――もらった、グライダーで~」
「――首都のシンボル・タワー〈ラール人の星〉にっ」
「タムラ・カントゥは、一瞬、青くなりました」
「――〈ラール人のばーか〉って、横断幕をっ」
「とりあえず、一安心」
「が」
「運命は、非情です」
「――待って……そのグライダーには、爆弾がっ」
「知らせようとした、タムラ・カントゥは、制御チップでフリーズ」
「抵抗運動〈道教〉のウィルバー・ドニングは、ばーん」
「……」
「それでも~」
「時代は、動きはじめていました」
「首都タワー〈ラール人の星〉襲撃事件を、契機に~」
「トロヴェント第9艦隊司令官カト・グレールが、現政権を批判して、蜂起」
「政府機関を、次々占拠」
「とはいえ~」
「第一ヘトランが篭城する、政庁〈ヘトラナート〉は、防備鉄壁」
「なかなか、手出しができずに、いるのでした」

 ペリー・ローダンの作戦――

「――とにかく、戦略的撤退だ」
「クーデターの、渦中~」
「連行される、《ミンザオ》乗員400名の中から~」
「スタータック・シュレーダーのテレポートで~」
「わずかな手勢とともに逃走した、ローダン」
「一方」
「――とにかく、なにかしなくちゃ」
「クーデターの、渦中~」
「呆然自失の侍女、タムラ・カントゥを、救ったのは~」
「可愛いスロッペレ――微弱な超能力で、タムラをローダン一行のもとへ」
「植物生命体執事ボッフェーン――繊細な指先で、タムラの制御チップを除去」
「タムラ・カントゥは~」
「諸般の事情を、伝説のペリー・ローダンに、物語るのでした」
「……」
「諸般の事情が、明らかになれば~」
「クーデター指揮官と共闘するのは、ローダンの常套手段」
「トロヴェント第9艦隊司令官カト・グレールと、早速対面」
「――わたしには、政庁〈ヘトラナート〉に潜入する、秘策があるっ」
「――フェロン式転送機――ラール人がアルテラ人から奪取――を細工して~」
「――ほら、このとおり」
「口先の技術には、自信があります」
「ローダンが細工した転送機の、裏では~」
「テレポーター、スタータック・シュレーダーが~」
「なにやら懸命に、働いているのでした」
「……」
「かくして~」
「時代は、動きました」
「トロヴェント第9艦隊司令官カト・グレールは、現政権を打倒」
「めでたく、第一ヘトランに就任」

 同じ頃、アルテラナー、タムラ・カントゥ――

「タムラ・カントゥは~」
「可愛いスロッペレと~」
「植物生命体執事ボッフェーンと~」
「テレポーター、スタータック・シュレーダーと、共に~」
「ラール人のトロヴェント帝国に、暮らす~」
「アルテラナー8400名を~」
「――老朽トロヴェント船《オルトン・タフ》へっ」
「政庁〈ヘトラナート〉のクーデター決着を、陽動作戦がわり」
「――さあ、発進よっ」
「――!」
「が」
「老朽トロヴェント船《オルトン・タフ》には~」
「ひとりの追っ手が、潜入していたのです」
「――タムラ……逃亡は、許さなくてよ」
「ミトラデ・パルクお嬢さま、でした」
「タムラは、銃を凝らします」
「でも、引金が引けません」
「そのとき~」
「可愛いスロッペレが、超能力発揮」
「――ばーん」
「ミトラデ・パルクお嬢さま VS スロッペレ」
「相討ち」
「――さあ……発進よっ」
「――ごごごっ」
「老朽トロヴェント船《オルトン・タフ》は~」
「無事、避難先の惑星ゴルトンガへ」

 ペリー・ローダンの作戦――

「――とにかく、クーデターの黒幕と、会談せねば」
「――すべては、ヒュプトン人の、やり口だし」
「もと〈公会議〉戦闘種族ラール人が漂着した~」
「この、アムブリアドル銀河へ~」
「もと〈公会議〉心理戦種族ヒュプトン人も~」
「わずかながら、漂着していたのです」
「秘密基地グロシール砦で~」
「ローダンは、ヒュプトン人の長と、会談」
「――クーデターの、目的は~」
「――政庁〈ヘトラナート〉地下に、篭城した~」
「――ヒュプトン人保守派の排除、でした」
「――そのために~」
「――クーデター司令官カト・グレールを、操り~」
「――クーデター司令官カト・グレールは~」
「――アルテラ人抵抗運動〈道教〉を、後援したのです」
「ヒュプトン人改革派の、目的とは?」
「――ポスビがアルテラ人を絶滅、させたら~」
「――次は、もと〈公会議〉種族、なのです」
「――早く手を打たないと、なのです」
「となれば、あとはローダンの独壇場」
「口先の技術には、自信があるのでした」

 新銀河暦1343年8月――

「アルテラ帝国の造船惑星フォート・ブロッサムに~」
「ラール人ヴェルドゥト・クルズ――ポスビ技術の第一人者――が、到着」
「作戦は、次の段階へ」

□ Perry Rhodan-Heft

2363 . Horst Hoffmann / Atem der Finsternis / 闇の息吹
2364 . Christian Montillon / Unternehmen KombiTrans / コンビトランス計画
2365 . Christian Montillon / Die Drokarnam-Sphäre / ドロカルナム球体
2366 . Arndt Ellmer / Unter dem Kristallgitter / 結晶格子の下
2367 . Arndt Ellmer / Rekruten des Chaos / 混沌の兵士狩り

□ 2363話「闇の息吹」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2363.html ]

 新銀河暦1345年9月11日、銀河系ハヨク星団――

「執務城《クルルト》が~」
「ハヨク星団に、到着しました」
「……」
「執務城《クルルト》は~」
「目下、銀河系を占領中の、〈混沌の勢力〉の~」
「終末戦隊〈反逆者〉の、司令部」
「指揮をとる、〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまの、座」
「ありがち、ですが~」
「権謀術策・陰謀の巣」

 9月13日、銀河系ハヨク星団、執務城《クルルト》――

「アルグリム・グンは~」
「〈反逆者〉事務職種族エフレミ――トカゲのような――の、ひとり」
「執務城《クルルト》で~」
「〈進歩維持者〉さまの、お側仕え」
「ありがち、ですが~」
「反体制勢力の陰謀に、利用されていたり」
「で」
「反体制勢力の、強力な動機づけのもと~」
「〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまの、周囲で~」
「ときどき、ぶるぶる~」
「バラ撒いたナノマシン、すでに、累積2kg超」
「紫外線があたると~」
「いろいろな結晶構造を破壊する、というシロモノ」
「〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまは~」
「結晶生命体!」
「そして~」
「到来した、本日はXデイ」
「――紫外線照射っ」
「――!」
「が」
「〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまは~」
「なんと、ご無事」
「参謀・双頭生物ダンティレンは、鼻高々」
「――この〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまは、ニセモノだっ」
「――このオレが、事前に陰謀を察知っ」
「――このオレが、ホンモノを暫時テレポートで隣室に避難させたのだっ」
「参謀・双頭生物ダンティレンは、さらに鼻高々」
「――工作員アルグリム・グンは、〈暗黒区〉の謀反人の影響下にあるっ」
「――このオレが、〈暗黒捜査官〉の一派の謀反を、暴いたのだっ」
「……」
「かくして~」
「〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまは~」
「忠誠を誓う〈暗黒捜査官〉部隊を、ともない~」
「執務城《クルルト》の〈暗黒区〉を、手入れ」
「〈暗黒捜査官〉VS〈暗黒捜査官〉」
「激突する、暗黒と暗黒」
「波及した〈暗黒効果〉は、ハヨク星団の一角を、覆い~」
「93分間、探知も、視界も、通信も、まっくら」
「壮絶な闘いの、すえ~」
「反体制勢力側〈暗黒捜査官〉は、壊滅です」

 占領下の惑星ハヨク――

「ペレラ病院院長は~」
「すでに、心に決めていました」
「――病院と医師と患者で、惑星ハヨクを、脱出したいのです」
「――裏庭の《健康7号》を、修理して、脱出したいのです」
「フエルトン人、イーサン・エンドーザは~」
「ペレラ病院に、転がりこんだ、ただの泥棒」
「――そんな眼で見るな、医者……」
「――そんな眼で見るな、患者……」
「――そんな……」
「――生まれてはじめて他人に頼られたって、嬉しくなんかないぞっ」
「かくして、病院裏庭の《健康7号》は、準備万端」
「そこへ」
「突如、周囲を覆う、暗黒」
「93分間、探知も、視界も、通信も、まっくら」
「泥棒は、暗いところで、忍び足――が、稼業です」
「――チャンスだっ」
「《健康7号》は、敵陣をすりぬけ~」
「無事、恒星ハヨクのコロナに、隠れるのでした」

 自由テラナー連盟政庁大臣レジナルド・ブル――

「アルコン帝国皇帝ボスティク1世と~」
「ハヨク星団奇襲計画、準備中」
「――皇帝陛下っ」
「――改良ヴリトラ砲、装備完了ですっ」
「――ヴリトラ砲装備の32隻と、2500隻の艦隊で、電撃作戦ですっ」
「アルコン帝国皇帝ボスティク1世に、異論のあろう、はずもなし」
「――全艦、出撃っ」
「……」
「かくして~」
「自由テラナー連盟・アルコン帝国連合艦隊は~」
「ハヨク星団を封鎖する〈反逆者〉艦隊を、奇襲」
「電撃突撃」
「改良ヴリトラ砲は、威力・発揮」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「〈反逆タンク〉1ダース以上を、撃破」
「わずか、1ダース」
「されど、1ダース」
「しかも、自軍に、被害は皆無」
「自由テラナー連盟・アルコン帝国連合艦隊は~」
「電撃離脱」
「凱歌を、あげてみたり」

 恒星ハヨクのコロナ内、《健康7号》――

「突如、周囲は戦場に」
「――どどーん」
「――ばばーん」
「泥棒は、騒ぎに乗じて、忍び足――が、稼業です」
「――チャンスだっ」
「《健康7号》は、敵陣をすりぬけ~」
「無事、近隣星系コルフ・惑星コルフィリア方面に、逃れるのでした」

 執務城《クルルト》中枢部――

「〈進歩維持者〉ビトヴェルトのアンタクルさまは~」
「――本件の功績を讃え、ダンティレンに、双頭大佐の称号をあたえるっ」
「――〈暗黒捜査官〉謀反の件は、コルトロクさまに、報告じゃっ」
「……」
「〈カオプレッサー〉コルトロクさまは~」
「ネガティブな超知性体」
「このたびの局部銀河群の作戦の、総指揮をとるお方です」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 次回、舞台は、球状星団ケンタウルス座オメガへ。


d-information ◆ 435 [不定期刊] 2006/12/04
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]