rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

427 [2006/10/09]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2355 . Arndt Ellmer / Die Ressourcen-Welt / 資源世界
2356 . Christian Montillon / Schmerzruf / 苦痛の呼び声
2357 . Michael Marcus Thurner / Camp Sondyselene / キャンプ・ソンディセレネ
2358 . Leo Lukas / Pilot der Chaotarchen / カオタークのパイロット
2359 . Michael Marcus Thurner / Das Stumme Gesicht / 無言の顔

□ 2355話「資源世界」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2355.html ]

 新銀河暦1345年、銀河系――

「〈混沌の勢力〉曰く――」
「銀河系は~」
「終末戦隊〈反逆者〉が、すでに大半を制圧」
「〈闇のオベリスク〉を設置した、資源惑星は~」
「すべて、超要塞〈カオテンダー〉の、材料です」
「61万2000の〈分譲区画〉=〈キャビネット〉に、マイクロ化して~」
「カオテンダー《ヴルタファー》の部品として、使うのです」

 銀河系中心部、アコン人のブルーの星系――

「惑星ドロラーは~」
「昨年11月から、すでに完全・制圧下」
「アコン帝国統治評議会場前にそびえたつ、〈闇のオベリスク〉」
「惑星ドロラーの衛星ゼルヤルは~」
「すでに、〈キャビネット〉化――欠片も、残っていないのです」

 〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族――

「姿は、巨大な、琥珀色の昆虫」
「任務は、資源惑星の〈キャビネット〉化」
「――がささっ」
「アコン人のブルーの星系には~」
「戦隊工場〈反逆ゴト〉と〈反逆カー〉、計88基をもって、展開中」
「……」
「オアーム・カラ種族、ジャギロ・アカンは~」
「前途有望な〈戦隊測量士〉」
「が」
「衛星ゼルヤル〈キャビネット〉化、途中~」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクの、罠にはまり~」
「――がささっ」
「――う……」
「やられて、しまいました」
「身体の損傷、著しく~」
「死んだも、同然」
「でも、奇跡的に、脳は無事」
「――う?」
「意識は、回復したものの~」
「ゾンビも、同然」
「初任務・衛星ゼルヤル〈キャビネット〉化の~」
「達成の瞬間を見ることは、できませんでした」

 惑星ドロラー――

「制圧された、アコン人」
「エネルギー・コマンド隊員タジェ・カーロン=バールや~」
「貴族バロイのジェレの~」
「ささやかな抵抗運動組織――現在わずか5名――が~」
「敵の様子を、うかがえば」
「――!」
「――戦隊工場が、さらに2024基?」
「――すでに展開中の88基に、合流?」
「――戦隊マシーン6基が?」
「――惑星ドロラー周回軌道へ?」
「――小型〈闇のオベリスク〉の群れが?」
「――今度は、惑星ドロラー各地へ?」

 〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族――

「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「ゾンビのように、職場復帰」
「――もうはたらけまーす」
「――この怪我は、じつはアイツのせいなのでーす」
「……」
「さて」
「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンには~」
「意中の恋虫が、いました」
「名を、オヴォ・インシューネ」
「が」
「――あら、退院おめでとう」
「――う……」
「再会の場面~」
「意中のオヴォ・インシューネの隣、には~」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクが、いたのです」
「すごすごと~」
「逃げ帰るのでした」

 惑星ドロラー――

「惑星ドロラー各地で~」
「設置された小型〈闇のオベリスク〉――〈闇のマーカー〉――が~」
「活動開始」
「〈闇のマーカー〉と〈闇のマーカー〉を、結ぶラインで~」
「灰色の霧状力場が、発生」
「すっぱり」
「地表を、〈碁盤の目〉状に、仕切っていくのです」
「……」
「エネルギー・コマンド隊員タジェ・カーロン=バールや~」
「貴族バロイのジェレの~」
「ささやかな抵抗運動組織は~」
「〈闇のマーカー〉の活動に、驚愕」
「――これは!」
「――〈ヘリオートスの堡塁〉の〈ファクターダンプフィールド〉?」
「似て非なるモノ、なのですが」

 〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族――

「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「ゾンビのように、現場復帰」
「――〈原キャビネット〉を、安定させるのでーす」
「〈闇のマーカー〉と〈闇のマーカー〉を、結ぶラインで~」
「灰色の霧状力場が、すっぱり仕切った〈碁盤の目〉」
「すなわち、〈原キャビネット〉」
「……」
「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「ゾンビのような、病み上がり」
「せめて~」
「仕事に集中、したいのですが~」
「――トラブルはーっせいー」
「――がささっ」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクが、邪魔します」
「とはいえ」
「敵ながら、感服させられるのは~」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラク」
「ちょっかいの、かたわら~」
「本来の仕事は、他虫の数倍、こなしてみたり」
「じつに、優秀」
「……」
「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「ゾンビのような、病み上がり」
「だから~」
「仕事に集中、したいのですが~」
「――現場てんけーん」
「――がささっ」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクは~」
「放っておいて、くれないのでした」
「かくして~」
「惑星ドロラー地表で、決戦」
「――がささ……キサマの父親が、オレの父親を、妬んで殺したのだー」
「――はじめて聞いたよー」
「――うっ……」
「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクを、返討ち」
「でも~」
「自分も、ばったり」

 惑星ドロラー――

「エネルギー・コマンド隊員タジェ・カーロン=バールや~」
「貴族バロイのジェレの~」
「ささやかな抵抗運動組織5名は~」
「決戦を、目撃」
「――これは!」
「――〈戦隊測量士〉の、同士討ち?」
「生存者〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンと~」
「意志の疎通を、こころみますが~」
「――ばーん」
「麻痺させられて、しまいます」
「……」
「エネルギー・コマンド隊員タジェ・カーロン=バールは~」
「覚醒してみれば、外傷なし」
「武器も~」
「例のコード発信機も~」
「とりあげられては、いませんでした」

 〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族――

「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「覚醒してみれば、病院」
「救出して、くれたのは~」
「意中のオヴォ・インシューネだ、ということで~」
「さすがに、この状況からは、逃げられません」

 そして、惑星ドロラー〈キャビネット〉化――

「戦隊マシーン6基、活動開始」
「――ばーん」
「惑星ドロラーは~」
「地表の〈原キャビネット〉群を残し、爆発」
「蓄積していた莫大なプシ物質も、爆発」
「エネルギーは~」
「〈原キャビネット〉群を、超空間に転移させるため、使用」
「カオテンダー《ヴルタファー》建造まで~」
「〈原キャビネット〉群を、超空間で保管するのです」
「……」
「おそらく~」
「――カオテンダー《ヴルタファー》の公用語は、インターコスモだねー」
「――この〈力の球形体〉では、カオテンダー1基しか、作れないねー」
「――だって、資源に乏しいんだものー」

 〈戦隊測量士〉オアーム・カラ種族――

「後日~」
「〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンは~」
「〈全卵母〉から、種族の秘密を告げられます」
「……」
「種族に、時として生まれる〈原オアーム・カラ〉」
「〈原オアーム・カラ〉は~」
「眉目秀麗・文武両道・才色兼備」
「宿敵〈戦隊測量士〉アルフィス・エラクは~」
「〈原オアーム・カラ〉として、生まれました」
「結果~」
「――アイツの父親が、妬まれて、殺されたーの?」
「――はじめて聞いたよー」
「……」
「なお~」
「意中のオヴォ・インシューネは~」
「けっきょく、〈戦隊測量士〉ジャギロ・アカンを~」
「卵の父に、選んだらしい」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 虫の世界は、難しい。


d-information ◆ 427 [不定期刊] 2006/10/09
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]