rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

420 [2006/08/21]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2348 . Hubert Haensel / Quarter Phillips Sehnsucht / クォーター・フィリップの憧憬
2349 . Hubert Haensel / Wurmloch ins Solsystem / 星系ソルの虫食い穴
2350 . Uwe Anton / Das schreiende Schiff / 叫ぶ船
2351 . Uwe Anton / Die gefallenen Mächtigen / 堕ちた力強き者たち
2352 . Hans Kneifel / Griff nach Drorah / ドロラー掌握
2353 . Horst Hoffmann / Requiem für einen Mord / 殺人に鎮魂歌

□ 2348話「クォーター・フィリップの憧憬」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2348.html ]

 新銀河暦1344年2月10日、自由テラナー連盟の中枢、星系ソル――

「攻めよせる~」
「終末戦隊〈反逆者〉の〈反逆タンク〉、1万7000余隻」
「守る~」
「〈テラノヴァ・バリア〉――」
「ロレッタ級テンダーからなる、テラノヴァ艦隊が~」
「星系ソル全域に、展開」
「恒星ソルが、ゴーっと吹きだす、太陽風を~」
「高次元領域で、あれこれ、操作」
「すると~」
「太陽境界面=ヘリオポーズ――すなわち~」
「太陽圏=ヘリオスフェア――太陽風の届く範囲――の、外縁部は~」
「水晶みたいに、青白く輝き~」
「触れたもの、すべてを~」
「パラ現実に、投げこむっ」
「すごい、バリア」
「が」
「磐石の防御……とは、いえません」
「〈テラノヴァ・バリア〉展開、には~」
「ロレッタ級テンダーの、エネルギー供給装置に~」
「稀少物質サルクリット――カロン星団に産する――が、不可欠」
「〈テラノヴァ・バリア〉が、充分な効果をあげるには~」
「モノクローム・ミュータント意識集合体〈ニュークリアス〉が~」
「恒星ソルに埋もれた、太古の超知性体アルケティムの遺骸から~」
「――ぐぐっ」
「高次エネルギーを汲みあげて、補強してくれる」
「そんな、必要があるのでした」
「――がんばれー」
「――負けるなー」
「新銀河暦1344年2月10日――」
「この日の、〈反逆タンク〉1万7000余隻の、集中砲火は~」
「なんとか、凌ぐことができました」

 そのとき、テラノヴァ艦隊、ロレッタ級テンダー《ロレッタ22》――

「クォーター・フィリップくんは~」
「稀少物質サルクリットをあつかう、科学者チームのひとり」
「が」
「――ばーん」
「大腿部に怪我――けっこう、重傷です」
「しばらくは、惑星テラで療養することに」

 首都テラニア、太陽系政庁――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「とりあえず、一息」
「が」
「自由テラナー連盟の政庁首席、たるもの~」
「次なる策も、万端、怠りなし」
「――戦闘航空団〈マイクロトム〉、まもなく投入可能?」
「――〈エッシャー〉、絶好調?」
「――よしよし」

 ガラパゴス諸島、バルトロメ島――

「敵の攻撃、たてつづけ」
「モノクローム・ミュータント意識集合体〈ニュークリアス〉は~」
「関係者に、曰く」
「――正直、疲れました」
「――アルケティムの遺骸の高次エネルギーから、補充はしているものの~」
「――力をつける余裕が、ありません」
「――〈反逆者〉は、なおも戦力増強中」
「――これ以上、強い攻撃を、〈テラノヴァ・バリア〉にくらったら~」
「――アウトです」
「が」
「このたびの、大攻勢――新銀河暦1344年2月10日」
「折りしも、サッカーS杯――ソラー・カップ――決勝大会当日」
「――がんばれー」
「――負けるなー」
「――サポーター数億人の熱い魂の鼓動に、支えられました」
「――これは、イケる……と、思うのです」

 首都テラニア、クォーター・フィリップ――

「サッカーS杯・初優勝――ルナ・レヴィテーター」
「戦勝祝賀会に沸く、首都テラニアで~」
「戦傷者クォーター・フィリップは~」
「ブルー人、ギュリリービツと~」
「知り合います」
「――どうして、首都テラニアに?」
「――サポーターに、志願するのです」
「あるいは、生粋のテラナー、ヨルグ・アルナス老人と~」
「知り合います」
「ヨルグ・アルナス老人は、不遇な人」
「――政府は何を、やっておるのぢゃ」
「――娘を亡くしてから、ドン底人生ぢゃ」
「かつて、ブルー人を養女にしていたとか、なんとか」
「――どうして、首都テラニアに?」
「――もちろん、サポーターに、志願するのぢゃ」
「……」
「自由テラナー連盟政庁大臣ホーマー・G・アダムズは~」
「サッカーS杯・戦勝祝賀会に沸く市民に~」
「語って、曰く」
「――モノクローム・ミュータント意識集合体〈ニュークリアス〉を、支え~」
「――〈テラノヴァ・バリア〉を、支える~」
「――熱い魂の鼓動のサポーターを、募集中です」

 首都テラニア〈マゼラン・スタジアム〉――

「戦傷者クォーター・フィリップ」
「テラ市民権をもつブルー人、ギュリリービツ」
「娘を探す、ヨルグ・アルナス老人」
「数万人の、サポーター志願者が~」
「サッカーの殿堂〈マゼラン・スタジアム〉に、集結」
「そこへ~」
「モノクローム・ミュータント意識集合体〈ニュークリアス〉の一片が、到着」
「サポーター志願者・数万人を、ヒュプノ昏睡状態に」
「見せるのは、憧れのヴィジョン」
「燃え上がる、熱い魂の鼓動」
「首都テラニアの~」
「〈収集粒〉――〈ニュークリアス〉(小)――から~」
「ガラパゴス諸島、バルトロメ島の~」
「本体――〈ニュークリアス〉(大)――へと~」
「中継する、熱い魂の鼓動」
「――これは、イケるっ」
「……」
「で」
「――警報っ」
「――市民の皆さんは、至急、地下壕へっ」
「――当番のサポーター志願者は、至急、指定席へっ」
「より大規模な、〈反逆者〉の攻撃」
「――がんばれー」
「――負けるなー」
「――ぐぐぐっ」
「〈テラノヴァ・バリア〉は、耐えたのです」
「が」

 同時刻、星系ソル内部、本国防衛艦隊・機動要塞《プラエトリア》――

「――木星軌道に、異常現象?」
「――穴の向こうに、恒星が2つ、見えるでありますっ」
「――あ……消えた?」
「科学者たちは~」
「〈ハイパー穿孔〉と、命名」
「――〈テラノヴァ・バリア〉に砲火が集中した、瞬間~」
「――時空に虫食い穴が、できるのかも」
「――〈テラノヴァ・バリア〉外部から、侵入可能かも」

 首都テラニア、太陽系政庁――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「とりあえず、一息」
「が」
「自由テラナー連盟の政庁首席、たるもの~」
「つめかける市民デモ団体にも、賢明なる対応、遺漏なし」
「――〈反逆者〉とも、平和に停戦?」
「――諸君に、熟慮を求めるっ」
「――とか、呼びかけておいてくれたまえ」

 星系ソル外縁、〈反逆者〉星系ソル攻略軍――

「星系ソル攻略軍指揮官・双頭副大佐ザルマウルは~」
「コニュフェ人の一団を、迎えていました」
「一見、巨大な蛸」
「少数種族、というか、ほとんど絶滅危惧種」
「〈反逆者〉で屈指の、優秀な科学者なのです」
「――〈テラノヴァ・バリア〉に砲火を集中した、瞬間~」
「――時空に虫食い穴が、できるのかも」
「――小型の物体なら、時空の虫食い穴を、通過できそうじゃ」
「――ならば、〈暗黒カプセル〉は?」
「――できそうじゃ」
「……」
「星系ソル攻略軍指揮官・双頭副大佐ザルマウルは~」
「早速~」
「マイクロけだもの満載の〈暗黒カプセル〉400基を、準備」
「が」
「――ごーっ」
「アンタレス礁に発生した〈トリョルタン喉〉の、襲来で~」
「星系ソル周囲は、ハイパー嵐、大荒れ」
「作戦は、8日間、延期になりました」

 首都テラニア〈マゼラン・スタジアム〉――

「〈マゼラン・スタジアム〉は~」
「いまや、周囲にサポーター志願者のキャンプ村を、擁し~」
「曰く、〈テラノヴァGS〉」
「この熱い魂の鼓動のGS――ガソリンスタンド――は~」
「すでに、全国で3拠点」
「……」
「サポーター志願者、クォーター・フィリップは~」
「なりゆきで~」
「ヨルグ・アルナス老人が亡くした養女のことを、知ったり」
「――ブルー人の、孤児?」
「――新銀河暦1284年に、養女になり?」
「――新銀河暦1304年に、死亡?」
「時代背景を、思うと~」
「不遇な生涯が、偲ばれます」
「また」
「サポーター志願者、クォーター・フィリップは~」
「地下壕で~」
「平静をなくした男――科学者らしい――と、出会ったり」
「――〈エッシャー〉は、危険だっ」
「――すぐ、中止にするんだぁぁっ」
「――ばったり」
「医療ロボットが、男を連れさり~」
「国家機密だったのか、と思うのです」
「……」
「〈テラノヴァGS〉のサポーター志願者たちの、身に~」
「困った副作用が、あらわれはじめていました」
「――憧れのヴィジョン・熱い魂の鼓動の、反動?」
「鬱病、のようなもの」
「――憧れのヴィジョン・熱い魂の鼓動への、依存?」
「覚醒剤中毒、のようなもの」
「……」
「サポーター志願者、ヨルグ・アルナス老人は~」
「鬱が嵩じ、亡き娘を追って、初の自殺者に」
「サポーター志願者、クォーター・フィリップは~」
「ヴィジョンに魅せられ、重度の依存症」
「ついに、精神科の女医さんから、ドクターストップ」
「そのとき……」
「――警報っ」
「――当番のサポーター志願者は、至急、指定席へっ」
「ひさかたぶりの、〈反逆者〉の攻撃」
「――ボクの、ヴィジョンっ」
「サポーター志願者=依存症患者、クォーター・フィリップは~」
「制止もきかず、フラフラと~」
「〈テラノヴァGS〉に、緊急出動するのでした」
「――がんばれー」
「――負けるなー」
「――ぐぐぐぐっ」
「またまた、〈テラノヴァ・バリア〉は、耐えたのです」
「が」

 星系ソル外縁、〈反逆者〉艦隊――

「星系ソル攻略軍指揮官・双頭副大佐ザルマウルは~」
「――〈暗黒カプセル〉296基が、通過成功?」
「――よしっ」
「科学者種族コニュフェ人からの報告に、ご満悦」

 首都テラニア〈テラノヴァGS〉――

「作戦終了後」
「サポーター志願者、クォーター・フィリップの意識は~」
「けっきょく、帰ってきませんでした」
「最期に見た、ヴィジョンの中身は~」
「――穴の向こうに、恒星が2つ」
「だったとか」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ガソリンスタンド――って、命名が良くなかったような。


d-information ◆ 420 [不定期刊] 2006/08/21
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]