rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

416 [2006/07/24]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇クルト・ラスヴィッツ賞 2006
◇ペリー・ローダン近況


◆クルト・ラスヴィッツ賞 2006

 本年のクルト・ラスヴィッツ賞は、以下のとおり。
 2005年の成果に対して贈られたもの、である。

□ Kurd Laßwitz Preis

・Bester Roman 長編部門
 Wolfgang Jeschke / Das Cusanus-Spiel / クザーヌス・ゲーム
 ――時間プロジェクトで15世紀ドイツにおもむく女性生物学者の話。Droemer Knaur 社

・Beste Kurzgeschichte 短編部門
 Rainer Erler / An e-Star is born! / eスター誕生!
 ――Shayol 社の短篇集 Die Legende von Eden und andere Visionen 2005『エデン伝説、その他の展望2005』に収録

・Bestes ausländisches Werk 海外部門
 China Mie'ville / Iron Council / Der Eiserne Rat / 鋼鉄議会
 ――未邦訳。都市国家ニュー・クロブゾンものの3作目

・Bester Übersetzer 翻訳者部門
 Gerald Jung
 ――John Barnes / The Sky so Big and Black / Der Himmel so weit und schwarz / 空は広くて漆黒で の翻訳にたいして

・Beste Graphik アート部門
 Thomas Thiemeyer
 ――Shayol 社の短篇集 Die Legende von Eden und andere Visionen 2005『エデン伝説、その他の展望2005』の表紙にたいして

・Bestes Hörspiel ラジオドラマ部門
 NDR Matthias Wittekindt / Das Lewskow-Manuscript / レウスコフ草稿

・Sonderpreis 特別賞
 Sascha Mamczak
 ――フィリップ・K・ディック作品の、出版・編集活動にたいして

・Sonderpreis 特別賞
 Carl Amery
 ――遺してくれた作品群にたいして
Carl Amery は、SF作家。ドイツSF界の要職も、歴任。2005年5月24日、ミュンヘンで死去した。享年83歳

【関連サイト】
・クルト・ラスヴィッツ賞のサイト
[ http://www.epilog.de/go/klp/ ]


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2344 . Arndt Ellmer / Die Rebellen von Trakarat / トラカラトの反徒
2345 . Arndt Ellmer / Im Clateaux der Zeiten / 時代のクラトー
2346 . Christian Montillon / Chyndors Weg / チュンドルの道
2347 . Christian Montillon / Die Heiße Legion / 灼熱軍団
2348 . Hubert Haensel / Quarter Phillips Sehnsucht / クォーター・フィリップの憧憬
2349 . Hubert Haensel / Wurmloch ins Solsystem / 星系ソルの虫食い穴

「トラカラトの反徒――Die Rebellen von Trakarat――で、正解」
「しかし~」
「校正に、間にあわなかった、らしく~」
「表紙を、みると~」
「Traktarat――トラクタラート――発表当時の誤植の、まま……」

□ 2344話「トラカラトの反徒」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2344.html ]

 新銀河暦1345年、惑星テラ――

「局部銀河群のハンガイ銀河に、〈負の球体〉、誕生寸前っ」
「銀河系に、〈混沌の勢力〉の終末戦隊〈反逆者〉、襲来っ」
「――このままでは~」
「――局部銀河群は、〈混沌の勢力〉の勢力圏に」
「――銀河系は、〈混沌の勢力〉の資源採掘銀河に」
「まさに、危機的状況」
「で」
「自由テラナー連盟――唯一陥落していない銀河系勢力――の主惑星テラで~」
「お寒いかぎりの、支援部隊」
「意識集合体〈ニュークリアス〉と~」
「〈平和ドライバー〉有志代表、アラスカ・シェーデレーアと~」
「〈平和ドライバー〉有志代表、カンティランは~」
「貧弱きまわりない、対策会議などを~」
「して、みるのでした」
「意識集合体〈ニュークリアス〉、曰く」
「――2000万年前~」
「――超知性体アルケティムと、仲間たちは~」
「――〈負の球体〉誕生を、阻止しました」
「――当時~」
「――超知性体アルケティムの本拠は、ファリスケ・エリゴン銀河」
「――つまり、この銀河系」
「――本拠地は、惑星オアゴニル」
「――惑星オアゴニルの、一大複合都市〈時代のクラトー〉には~」
「――あらゆる、情報がっ」
「――たぶん、〈負の球体〉誕生阻止の、秘策もっ」
「――あるの……かな?」
「〈平和ドライバー〉有志代表2名、曰く」
「――して?」
「――惑星オアゴニルとは、いずこに?」
「衛星ルナの巨大計算脳ネーサンに、聞いてみましょう」
「――知りません」
「――が」
「――アンティ=バアロル教団の本拠惑星トラカラトの、古文書庫には~」
「――あらゆる、民間伝承がっ」
「――たぶん、惑星オアゴニルの、伝承もっ」
「――あるの……かな?」

 〈平和ドライバー〉有志代表2名は、検討する――

「――2000万年前~」
「――超知性体アルケティムをささえた、補助種族ショハーク」
「――とうぜん、言葉はOKだっ」
「――たぶん、惑星オアゴニルの、ガイド役もっ」
「――できるの……かな?」
「首都テラニアの街はずれ、テラナーが用立てたショハーク村には~」
「ショハーク種族が、住んでいます」
「大家・店子といえば、親子も同然」
「店子――ショハーク種族1名を、連れて~」
「〈オレオン・カプセル〉――〈平和ドライバー〉船――は~」
「惑星テラを、発進」

 〈平和ドライバー〉有志代表2名は、さらに検討する――

「――2000万年前~」
「――活躍していた、技術種族アルゴリアン」
「――とうぜん、技術はOKだっ」
「――たぶん、惑星オアゴニルの、機器の操作もっ」
「――できるの……かな?」
「〈平和ドライバー〉の〈宇宙停留所〉がある、デヴォルター第2惑星には~」
「アルゴリアンの一家が、住んでいます」
「大家・店子といえば、親子も同然」
「店子――アルゴリアンの家長クルカリェン・ヴァランティルを、連れて~」
「〈オレオン・カプセル〉は~」
「快調です」

 一方、惑星トラカラト――〈反逆者〉の制圧下――

「バアロル司祭アムバ・ヴァトニーは~」
「――侵略者は、出ていけぇっ」
「地下抵抗組織を、結成しようと、思い立ちます」
「で」
「惑星トラカラトを代表する20家系を、説得し~」
「召集しました」
「各家伝来の聖衣――IPEVプシコロン製――を、身に帯びた~」
「超能力に秀でた、精鋭20名」
「――むんっ」
「――あ……あいつら、〈反逆者〉の潜入工作員だ」
「すぐさま~」
「〈反逆者〉の潜入工作員――コーダ・アリエルの一家――を、発見・殲滅」
「精鋭20名が、プシ・ブロックを、形成すれば~」
「――無敵っ」
「――無敵デス」

 〈平和ドライバー〉有志一行は、惑星トラカラトへ――

「――スプリンガー商船に、密航だ」
「――惑星トラカラトに、潜入だ」
「身体的特徴がありすぎる、ショハークとアルゴリアンは~」
「〈オレオン・カプセル〉で、留守番です」
「さて」
「惑星トラカラト潜入時~」
「――なんか、うねうね、するんだよな……ひーっ」
「アラスカ・シェーデレーアの、顔面で~」
「カピン片が、活動最大」
「――これは……バアロル司祭の、超能力の余波?」
「――地下抵抗組織が、あるの……かな?」
「で」
「地下抵抗組織と、接触」
「――古文書庫に、案内してください」
「――案内シマス」
「ガイド役の、カルヴァレさんは~」
「バアロル司祭アムバ・ヴァトニーの、ところの~」
「最愛・眉目秀麗な、メイドさん」

 惑星トラカラト、地下抵抗組織――

「バアロル司祭アムバ・ヴァトニーは~」
「――侵略者は、出ていけぇっ」
「精鋭20名による、プシ・ブロックで~」
「――〈反逆タンク〉を1隻、暗示能力でジャックだ」
「――〈反逆コーン〉に、突撃だ」
「地下抵抗組織で、攻勢にでようと、考えます」
「が」
「敵は、さすがに強大です」
「ジャックした〈反逆タンク〉は、あっさり捕捉・撃沈されて~」
「――憶えていろよぉぉっ」

 同じ頃、惑星トラカラト、〈平和ドライバー〉有志代表2名――

「――ソコが、秘密の古文書庫デス」
「――おおっ」
「秘密の古文書庫には~」
「――たぶん、惑星オアゴニルの、座標がっ」
「――あったよ、コレだよっ」
「が」
「〈平和ドライバー〉有志代表2名、もとい~」
「アラスカ・シェーデレーアは~」
「幸運のなかにも、不幸を呼ぶ男」
「突如」
「〈反逆タンク〉1隻が、不審者2名に接近です」
「――ばーん」
「〈平和ドライバー〉有志代表2名は~」
「灼熱の地下坑道を、全力疾走」
「アラスカ・シェーデレーアの、顔面で~」
「カピン片は、激しくのたうつのでした」

 以下、次号。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 9月1日、Perry Rhodan-Extra 3 が、刊行されるそうです。


d-information ◆ 416 [不定期刊] 2006/07/24
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]