rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

402 [2006/04/10]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2330 . Arndt Ellmer / Spur ins Nichts / 虚無につづくシュプール
2331 . Uwe Anton / Die Eisstadt von Vaccao / ヴァッカオの氷都市
2332 . Michael Marcus Thurner / Die Psychial-Werber / サイシャル徴兵者
2333 . Michael Marcus Thurner / Die Universale Schneise / 宇宙林道
2334 . Leo Lukas / Im Auftrag der Friedensfahrer / 平和ドライバーの委託をうけて
2335 . Leo Lukas / Das Geheimnis der Enthonen / エントン人の秘密

□ 2330話「虚無につづくシュプール」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2330.html ]

 新銀河暦1331年、惑星ウルトラブルーの衛星ロトゲル――

「墜落したのは~」
「〈反逆者〉所属の、補給艦……でした」
「〈反逆者〉所属の、艦艇は~」
「ハイパー物理学的抵抗対策済、のはず」
「が」
「なにやら~」
「不具合が、あったのでしょう」
「――どどーん」
「艦長、死亡」
「下士官ファルテュゼさまは、指揮権を継承」
「――航行不能?」
「ともあれ~」
「大破した艦体で、墜落地点を離れること、数km」
「機関を、停止」
「探知不能の暗黒フィールドを、展開」
「……」
「で」
「《ソル》搭載巡洋艦《スシ》が、調査に飛来しても~」
「――破片しか、残ってないよーな」
「――あ、死体が、残ってるよー」
「ガンシュカル人――鳥のような技術種族――の、死体を1つ~」
「回収して、戻っていきました」
「で」
「《ソル》乗員、ジャキンタのベンジャメーンが、超能力を発揮しても~」
「――誰か、隠れているよーな」
「――でも、正体も場所も、不明だよー」
「成果なし」
「……」
「で」
「航行不能な〈反逆者〉の補給艦、では~」
「科学者バベロフが、提案します」
「――生存者を、2チームにわけるのです」
「――1チームは、氷漬けで人工冬眠」
「――1チームは、ハイパー通信機を、制作です」
「で」
「指揮官ファルテュゼさまは、氷漬けで人工冬眠」

 惑星ウルトラブルー――

「そんな、さなか~」
「発見されたのは、氷都市ヴァッカオ――未知文明の、太古ステーション」
「案内人は、流浪の女旅人ファイ・ヴァニ・ダウ――灰色カルタン人」
「――明らかに、何年も、使われていないようです」

 新銀河暦1332年6月20日、惑星ウルトラブルー――

「テラナーの遠距離航宙母艦《ソル》は~」
「ハイパー物理学的抵抗の影響で、航行不能」
「――発進っ」
「――《ソル・セル1》が、数m、飛びましたっ」
「――よおしっ、成功だっ」
「とかいう、状態」
「……」
「その後~」
「《ソル》は~」
「発進、できないまま~」
「《ソル》乗員は~」
「惑星地表で暮らす者、次第に増加」
「月日は、流れます」

 新銀河暦1342年7月12日、惑星ウルトラブルーの衛星ロトゲル――

「航行不能な〈反逆者〉の補給艦で~」
「指揮官ファルテュゼさまは、氷漬けの人工冬眠から、覚醒」
「11年もたてば、いろいろあります」
「――ハイパー通信機を制作の1チームは、全員死亡?」
「――氷漬けで人工冬眠の1チームは、生存者わずか4名?」
「ともあれ~」
「――ハイパー通信機が、完成している?」
「救難信号を、送信してみましょう」
「……」
「《ソル》のブロ・ラカネ――ハルト人――は~」
「改良型高次観測装置〈ウルトラ・キリン〉で、計測中~」
「――衛星ロトゲルから?」
「――なにやら、ハイパー通信?」
「――あの、未知宇宙船だっ」
「で」
「《ソル》搭載巡洋艦《スシ》で~」
「とりいそぎ、衛星ロトゲルへ」
「――あ、残骸だ」
「――あ、生存者だ」
「――あ、攻撃された」
「ブロ・ラカネは、白いハルト人――ちょっと小柄で、構造変換もできません」
「それでも~」
「ブロ・ラカネは、ハルト人です」
「――うがぁっ」
「……」
「〈反逆者〉補給艦の、生存者は~」
「指揮官ファルテュゼさま以下、総員全滅」
「ブロ・ラカネは~」
「重傷ですが、生命はとりとめる、みたいです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 11年間、猫は帰ってきませんでした。


d-information ◆ 402 [不定期刊] 2006/04/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[http://www.mag2.com/ ]