rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

380 [2005/11/14]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2308 . Horst Hoffmann / Die Schattenlosen / 影なき者たち
2309 . Uwe Anton / Die Augen von Charon / カロンの眼
2310 . Leo Lukas / Strukturpiloten / 構造パイロット
2311 . Leo Lukas / Die Explosive Kraft / 爆発力
2312 . Horst Hoffmann / Die Unschlagbaren / 打倒せざる者たち
2313 . Hubert Haensel / Das Goldene System / 黄金星系

□ 2308話「影なき者たち」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2308.html ]

 銀河系、青肌のヒューマノイド種族コラリエが暮らす惑星――

「エラさんは~」
「凄腕・豪胆な、女猟師にして女漁師」
「――伝説の大魚を、釣るのよっ」
「――ざっぱーん」
「ひとり乗りの釣舟は、転覆」
「でも~」
「獲物は、ナイフでばっちり仕留めました」
「……」
「村は~」
「最近、なにやら、陰鬱とした雰囲気」
「村はずれの、森には~」
「影がない9本の柱――高さ100m」
「陰鬱な、雰囲気は~」
「どうやら、9本の柱に、発しているようです」

 新銀河暦1344年4月16日、銀河系ジャモンディ星団――

「この一帯~」
「かのハヨク星団を、有し~」
「自由テラナー連盟とアルコン帝国の、永年の係争地」
「無人になった、ジャモンディ星団も~」
「当然の、ように~」
「係争地」
「自由テラナー連盟が、入植すれば~」
「アルコン帝国も、負けじと入植――すでに植民惑星42」
「……」
「テラナーの、入植地に~」
「自由テラナー連盟の《ブエノス・アイレス》が、寄航」
「乗艦していたのは~」
「自由テラナー連盟国防大臣、レジナルド・ブル」
「新妻フラン・イミス」
「ブレ・ツィンガ」
「グッキー」
「新婚旅行と、それに便乗したヒトたち」
「という、趣の面々」
「あとは、たとえば、こんなヒト」
「新郎友人、宇宙心理学者ジャン・シュライヴァ」
「――貴様の論理は、破綻しとるっ」
「――貴様の話は、てんからわからんっ」
「寄ると論争・口喧嘩の間柄、なのでした」

 一方、コラリエの惑星――

「村は~」
「陰鬱とした雰囲気にあてられ、体調を崩す者も」
「老人・子供は、バタバタ倒れたり」
「……」
「エラさんは~」
「凄腕・豪胆な、女猟師にして女漁師」
「――この状態を、なんとかっ」
「ひとり、村はずれの、森で~」
「陰鬱の原因らしき、影がない9本の柱に~」
「抗議など、してみますが~」
「柱は、応えてくれません」

 自由テラナー連盟艦《ブエノス・アイレス》――

「偶然に~」
「――星系、発見っ」
「――あれ、星図に……載ってないや」
「――第3惑星から、メンタル放射が……そいつに、隠れているんだ」
「自由テラナー連盟国防大臣、レジナルド・ブル」
「新妻フラン・イミス」
「ブレ・ツィンガ」
「グッキー」
「宇宙心理学者、ジャン・シュライヴァ」
「一行は、ステルス・シフトで、第3惑星へ」
「……」
「グッキーは~」
「凄腕・豪胆な、自称・大宇宙の救世主」
「メンタル放射の源らしき、影がない9本の柱と~」
「意思疎通を、試みますが~」
「柱は、応えてくれません」
「が」
「ようやく、1日かけて~」
「進展しそうな、気配」

 原住民の村――

「エラさんは~」
「凄腕・豪胆な、女猟師にして女漁師」
「が」
「陰鬱な、雰囲気に~」
「森も、村も、荒れ放題」
「襲いくる、獣たち」
「襲いくる、男ども」
「――!」
「そこを~」
「通りすがりの、グッキーと~」
「通りすがりの、宇宙心理学者ジャン・シュライヴァが~」
「助けます」
「宇宙心理学者ジャン・シュライヴァは~」
「心のケアも、してみたり」

 影がない9本の柱――

「グッキーは~」
「凄腕・豪胆な、自称・大宇宙の救世主」
「いろいろ、看破します」
「――キミら、超太古のサイノスだね」
「――9体で、集合知性を構成してるの?」
「――9人は、タレ・シャルム銀河の出身?」
「――2000万年前に、逃げてきたの?」
「――ずっと、メンタル放射で、星系ごと隠れてきたの?」
「……」
「2000万年前――」
「銀河系が、ファリスケ・エリゴン銀河と、呼ばれていたころ~」
「この地を統治していた、超知性体アルケティムは~」
「ほかに数体の超知性体と、ともに~」
「距離4500万光年の、タレ・シャルム銀河で~」
「〈負の球体〉の誕生を、阻止したのです」
「……」
「――ちょっと前に、〈汎銀河統計者〉から、連絡?」
「――なるほど、連中も、サイノスだものね」
「――銀河系の近くに〈負の球体〉が誕生するから、逃げろ……って?」
「――でも?」
「――2000万年間、隠れていたら?」
「――能力が、鈍って?」
「――〈汎銀河統計者〉のところまで、行けない?」
「――だめだよ! そんなコトでネクラになって、原住民に迷惑かけたら」
「――え?」
「――原住民のコトは、ノヴァント人と呼べ、って?」

 新銀河暦1344年4月20日、コラリエ=ノヴァント人の惑星――

「〈秩序の勢力〉陣営所属の、全長7kmの青い転子状船が、寄航」
「9本の柱を、観察」
「去って、いきました」
「――〈秩序の勢力〉に居場所が、バレた?」
「――〈混沌の勢力〉にバレるのも、時間の問題?」
「――だから、〈汎銀河統計者〉のところに、行けばいいんだよ」
「じつは、自由テラナー連盟艦《ブエノス・アイレス》には~」
「いろいろあって、余命1年の、エモシオ航法士が、ひとり」
「――同行しても良い、と言ってるよ」
「……」
「9体のサイノスの、意識は~」
「エモシオ航法士ひとりの意識を、くわえ~」
「影がない9本の柱は~」
「――ごごごっ」
「旅立って、いきました」
「グッキーが、さずかったのは、一個のデータ水晶」
「――お礼に、これを?」
「暗号を、解読すると~」
「――カロン星団内部の、ある座標?」
「カロン星団――」
「そこは~」
「700万年前、〈ジャモンディの守護団〉と共に封印」
「通常宇宙復帰後も、ほとんど訪問する者のない、禁断星域」
「――行くわよっ」
「――行くぞっ」

 コラリエ=ノヴァント人の惑星――

「エラさんは~」
「凄腕・豪胆な、女猟師にして女漁師」
「宇宙心理学者、ジャン・シュライヴァは~」
「エラさんを、気にいったようです」
「――キミの人生哲学は、すばらしいっ」
「――まあっ」
「当地に、残る道を、選択したのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ローダンでは、ありませんが……少し趣向を変えて、こんな本を作りました。
[ http://www.jungwald.com/ ]


d-information ◆ 380 [不定期刊] 2005/11/14
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]