rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

378 [2005/10/31]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2306 . Horst Hoffmann / Die Kristallbörse / 水晶取引所
2307 . Arndt Ellmer / Der Psi-Korresponder / プシ・コレスポンダー
2308 . Horst Hoffmann / Die Schattenlosen / 影なき者たち
2309 . Uwe Anton / Die Augen von Charon / カロンの眼
2310 . Leo Lukas / Strukturpiloten / 構造パイロット
2311 . Leo Lukas / Die Explosive Kraft / 爆発力

□ 2306話「水晶取引所」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2306.html ]

 新銀河暦1344年2月25日、惑星レプソ周回軌道――

「宇宙ステーション《LE大絢爛》は~」
「銀河系でも有数の、ハイパー水晶取引所、です」
「ハイパー水晶には~」
「高級な順に、上から~」
「紫の、クリーパス」
「青い、ミヴェルム」
「緑の、スカボル」
「黄色い、ロソル」
「赤い、カルムヴァット」
「が、昨今」
「ハイパー物理学的抵抗の、影響の下~」
「ローテク向けで、安定した、カルムヴァットに、高値がついていました」

 スプリンガーが、来る――

「スプリンガーのエトト氏族――族長ジョルグ・エトト――は~」
「混ぜ物したカルムヴァットで、詐欺商売中~」
「――手入れだぁぁっ」
「介入したのは~」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官」
「――けっ……覚えていろよっ」

 TLD工作員も、来る――

「TLD工作員ソロモン・G・ギル」
「相棒のイネス・ハッチャー」
「――自由テラナー連盟の、ために~」
「――ハイパー水晶を、大量に買いつけ」
「――と、いわれてもねー」
「右も左も、わかりません」
「耳にしたのは~」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官」
「の、噂」
「――そういえば、数年前~」
「――新USOの財務外郭団体〈タックスイット〉が~」
「――積荷を全部、破格の安値で処分したとか?」
「――投資するなら、こういうところかも」
「――財務官て、そうしたヒトかも」

 マットのウィリーも、来る――

「ウィリーのクェルゲルクォーニラジョルクォール」
「宇宙ステーション《LE大絢爛》の、奥の方で~」
「――ボクのポスビの、お世話をしたいのです」
「ボクのポスビは、行方不明なのでした」

 億万長者も、来る――

「アマンダ・ヴァン・ヴェールさん、187歳」
「最新医学の、おかげで~」
「――まだ、ピチピチよん」
「とか」
「6週間後にひかえた、人生で何度目だかよくわからない結婚式」
「それまで、暇つぶしに、カジノでも」
「――へ?」
「全財産を、スってしまいました」

 スプリンガーのエトト氏族――

「退去命令をうけて、発進寸前の《エトトXII》」
「――けっ……覚えていろよっ」
「――お待ちなさい」
「声を、かけたのは~」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官」
「――混ぜ物カルムヴァット1.6トン、市価の15%引きで買いましょう」
「――へ?」
「……」
「――船倉は、からっぽです」
「――あ……まさか、隠しておいた良質のヤツまで?」
「根こそぎ、なのでした」

 2月26日、TLD工作員2名――

「――自由テラナー連盟の、ホワルゴニウム集積所に~」
「――こんなに、監視装置とかの形跡がっ」
「思いつくのは~」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官」

 殺し屋も、来る――

「殺し屋D・マニング・オストロ」
「脳内チップで、ポジトロニクスにハッキング」
「――アマンダさん……気の毒だが、これがオレの仕事なんだ」
「――悔あらためなさーい」
「――へ?」
「立ちふさがったのは~」
「通りすがりの、信念のヒト」
「神父トーマス・エマニュエル」
「殺し屋は、一時、撤退です」

 TLD工作員2名、ついに、財務官と対面――

「――あなたが?」
「――そうだ。ボクだ。ロワ・ダントンだっ」
「なんでも~」
「水晶取引所襲撃計画をもくろむ輩が、いるらしい」

 マットのウィリー、ついに、探していたポスビと対面――

「――ボクのポスビが、残骸に……」
「――へ?」
「探知機には、なぜかボクのポスビの信号がもうひとつ」
「探しに、いくのです」

 殺し屋、ついに、億万長者と対面――

「――!」
「――アマンダさん……気の毒だが、これがオレの仕事なんだ」
「2度目は~」
「しくじりませんでした」

 3月1日、武装勢力が、侵入――

「――集積所は、占拠したっ」
「――要求を、きかないとっ」
「――宇宙ステーション《LE大絢爛》ごと、ばーん、だっ」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官は~」
「脅迫に、屈せず」
「――カチっ」
「――ばーん」
「集積所は、罠でした」
「被害は、武装勢力の占拠区画にとどまり~」
「他の区画は、なにごともなし」

 殺し屋は、じつは、武装勢力の関係者でも、ありました――

「宇宙ステーション襲撃犯D・マニング・オストロ」
「脳内チップで、ポジトロニクスにハッキング」
「――逃走のための宇宙船を、用意しろっ」
「――要求を、きかないとっ」
「――宇宙ステーション《LE大絢爛》ごと、ばーん、だっ」
「水晶取引所を、仕切る~」
「最近やり手と評判の、仮面で素顔を隠した財務官は~」
「脅迫に、屈せず」
「――中央ポジトロニクスのデータを、ダウンロードしてあげましょう」
「――へ?」
「……」
「――D・マニング・オストロは、ディスクがいっぱいで機能不全に」

 平穏をとりもどした、宇宙ステーション《LE大絢爛》――

「ウィリーのクェルゲルクォーニラジョルクォール」
「――やっとみつけた、ボクのポスビ」
「――ワタシハ〈カンシシャ〉デス」
「――へ?」
「ボクのポスビ、のようなものは~」
「幾千の断片に分解して、消えてしまいました」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 さまざまな謎をはらんだ話、ではあるんですが……。


d-information ◆ 378 [不定期刊] 2005/10/31
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]