rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

372 [2005/09/19]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2300 . Robert Feldhoff / Vorboten des Chaos / 混沌の先触れ
2301 . Hubert Haensel / Im Kolonnen-Fort / コロン要塞
2302 . Hubert Haensel / Die Mikro-Bestie / マイクロけだもの
2303 . Arndt Ellmer / Der Duale Kapitän / デュアル大佐
2304 . Michael Marcus Thurner / Schatten über Atlan-Village / アトラン・ヴィレッジの影
2305 . Michael Marcus Thurner / Jagd auf die Dunkelkapsel / 暗黒カプセル狩り

□ Perry Rhodan-Extra 2
[http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/sonderpublikationen/prextra2.html]

 9月2日に刊行された〈特別編集版〉ヘフト。
 昨年秋につづいて、2冊目の刊行。

 H. G. Francis / Das Antares-Riff / アンタレス礁

という、こんな1作が、収録されています。

□ Perry Rhodan Extra 2「アンタレス礁」

 自由テラナー連盟の首星テラ――

「アルビオン・アルドグラドは、惑星テラのメディア界に君臨していたのです」
「が」
「新銀河暦1331年9月11日、ハイパー物理学的抵抗の激変」
「ハイテクは、みんな、ダメねー」
「という時代が、到来」
「それからは、良いこと、なし」
「滑りつづけて~」
「会社も、人生も、風前の灯」

 アルビオン・アルドグラドは、宇宙へ取材におもむく――

「乗りこむ、船は~」
「土星の形をした《マルキッタ・ヴェンデッテ》」
「中央船体を、環状構造――司令室も、ここに――が、かこんでいます」
「――勇敢なアルビオン・アルドグラドとスタッフを~」
「――アンタレス星域の、超危険なハイパー暗礁が、待ちうけているのだっ」
「途上~」
「――!」
「――救難信号の、ようです」
「発見したのは、星の形をした見慣れぬ船」
「さしわたし420m、厚さ190m」
「《マルキッタ・ヴェンデッテ》は、星型船を繋留」
「でも~」
「その、直後~」
「〈トリョルタン喉〉――すべてを呑みこむ大渦巻き――に~」
「引きずりこまれ~」
「2隻とも、非物質化」

 アルフォニー星団――

「2隻は、再実体化」
「でも~」
「《マルキッタ・ヴェンデッテ》は、転送の衝撃で、破損してボロボロ」
「乗員も、昏倒して身動きとれず」
「そこに~」
「星型船の乗員――ハイエナ顔――が~」
「――さあ、略奪だっ」
「と、ばかりに、侵入です」
「明らかに~」
「平和的でない、ヒトたちなのでした」
「――!」
「《マルキッタ・ヴェンデッテ》の、危機に~」
「ただひとり~」
「怪我の功名――クスリをやっていたおかげ――から~」
「意識があったスタッフ――ハレ・マリー・プラットは~」
「たちむかう」
「で」
「けっきょく~」
「星型船の乗員――ハイエナ顔――が~」
「土星型の《マルキッタ・ヴェンデッテ》の奥深く、侵入したところで~」
「土星型の、中央船体が~」
「爆発」
「――ばーん」
「……」
「――勇敢なアルビオン・アルドグラドとスタッフは~」
「――こうして、危機を脱したのだっ」
「星型船の生存者は、ただひとり」
「星型船の船長――カドイ・〈偽神〉・ファウラン」
「とはいえ、瀕死の重傷です」

 明かされた、星型船の素性――

「――船の名は、《オロズコ》」
「――種族の名は、プロフォツォイト」
「――われわれは、〈反逆者〉無敵艦隊の斥候種族だ」
「――〈反逆者〉は、来訪した銀河を略奪だ」
「――プロフォツォイト種族は、のこりカスを略奪だ」
「――結果、来訪した銀河には、ぺんぺん草1本、のこらないのだ」
「カドイ・〈偽神〉・ファウランが、息絶えると~」
「遺体は、跡形もなく、消えてしまいました」
「――さあ、報道だっ」
「でも~」
「土星型の《マルキッタ・ヴェンデッテ》は、環だけのこった難破船」
「通りかかる船を、待つしかない」

 新銀河暦1337年末、《マルキッタ・ヴェンデッテ》生存者救出――

「――勇敢なアルビオン・アルドグラドとスタッフは~」
「――かくして、銀河系の危機を、スクープだっ」
「これで~」
「アルビオン・アルドグラドも、惑星テラのメディア界に返り咲けるはず」
「が」
「――え?」
「――当局から、放送禁止のお達し?」
「……」
「それでも~」
「政府からせしめた、補償金により~」
「会社はもちなおした、ということです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ハイエナ……ですね。


d-information ◆ 372 [不定期刊] 2005/09/19
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]