rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

368 [2005/08/22]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2296 . Leo Lukas / In der Hölle von Whocain / フーカインの地獄で
2297 . Leo Lukas / Unter dem Kondensator-Dom / 蓄電ドーム
2298 . Uwe Anton / Bericht eines Toten / 死者からの報告
2299 . Uwe Anton / Ahandaba / アハンダバ
2300 . Robert Feldhoff / Vorboten des Chaos / 混沌の先触れ

□ 2296話「フーカインの地獄で」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2296.html ]

 新銀河暦1333年、ジャモンディ星団――

「発――星系タン・ジャモンディの、アトラン」
「宛――星系ヴェガの、自由テラナー連盟政庁首席、ペリー・ローダン」
「近況報告など、しているようです」
「……」
「〈モラル同盟〉――自由テラナー連盟とか、モタナ族とか――は~」
「ようやく、当地の主星系タン・ジャモンディを、制圧」
「が」
「キブ・トラケが、1万2000年、支配してきた、星系タン・ジャモンディ」
「第3惑星――氷に覆われた〈タン氷〉――には~」
「キブ・トラケ多数が、住まう都市も、あり」
「これで、巨艦〈キブ・タイタン〉でも、戻ってくれば~」
「一気に、形勢は逆転でしょう」
「――背任の〈守護者〉タッグ・カルザニは~」
「――巨艦〈キブ・タイタン〉打倒兵器を、怖れていたわっ」
「――星系タン・ジャモンディに、きっと秘密がっ」
「など、発言するヒトも、いるものだから~」
「〈軌道駅〉を、探索~」
「――成果なし」
「キブ・トラケ捕虜を、尋問~」
「――成果なし」
「次は、惑星〈タン氷〉地表に、調査隊を派遣です」

 アトランは、惑星〈タン氷〉調査隊を編成――

「――ということで~」
「――惑星〈タン氷〉のキブ・トラケ都市フーカインへ、降下予定だ」
「――ふむふむ」
「真剣に聞くのは、アトランが選んだ精鋭ハジモ・サイドリップくん」
「まだ若い、異類心理学者」
「――うぅっ」
「寝たきりなのは、アトランが選んだ精鋭フィラナ・カロナゼさん」
「ポジトロニクス・エンジニア」
「昨年~」
「惑星ハヨクで~」
「カンティランとシャロワインの、遺恨もからむ争奪戦」
「アルコン帝国の秘密警察と、皇帝親衛隊」
「対」
「グッキーと、モグラと、TLD」
「まきこまれた、フィラナ・カロナゼさんは~」
「いろいろあって、負傷」
「身体の傷は、癒えたのですが~」
「精神的に、不安定つづき」
「でも~」
「ポスビ製インプラントを、体内に埋めこみ~」
「精神で、ネットワークに潜る」
「そんな芸当、できる人材は、そういないのです」
「――なお~」
「――調査隊は、外交使節団のふりを、するのだ」
「――偽装のため、指導的立場にあった、キブ・トラケ捕虜を連れていくのだ」
「選ばれたのは、もと〈至高監督官〉イアント・レトックスくん」
「監視役として~」
「ゴルム・ゴヤ――オクストーン人」
「他、揚陸隊の面々が、参加します」

 調査隊は、ヴェスタ級巡洋艦3隻で、惑星〈タン氷〉に降下――

「外交使節団のふりを、しながら~」
「――巨艦〈キブ・タイタン〉の設計図、高く買うよー」
「真の目的を、隠すため~」
「いろいろ、噂も広めてみたり」
「……」
「そして~」
「策を、めぐらすのは~」
「キブ・トラケ捕虜、イアント・レトックスくん」
「ふりまわされて~」
「まだ若い、異類心理学者ハジモ・サイドリップくんは~」
「めっきり、老けこんでしまう」
「……」
「そして~」
「ついに、逃走する~」
「キブ・トラケ捕虜、イアント・レトックスくん」
「で」
「フィラナ・カロナゼさん、錯乱」
「揚陸隊員1名、死亡」
「……」
「逆境にも、めげず~」
「オクストーン人ゴルム・ゴヤと、上官ジャロン・ヒュプトは~」
「次なる調査を、進めるのです」

 自由テラナー連盟発見者級艦《レイフ・エーリクソン》――

「医務室で~」
「フィラナ・カロナゼさん、昏睡状態」
「――?」
「聞こえる」
「むくり、と起きあがり~」
「艦載脳の、近くへ」
「――計算脳なしに、生きられない……」
「聞こえる」

 以下、次号。

【訂正】フィラナ・カロナゼ

「d-information 304――2232話『再生』」
「d-information 305――2233話『幽霊』」
「登場する、ファリナ・カロナゼさんは、フィラナさん、が正解でした」
「訂正して、お詫びします」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 原書の共同輸入、また、やります。
 希望者は、以下を参照の上、8月末日まで、ご連絡ください。
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/dtrans.html ]


d-information ◆ 368 [不定期刊] 2005/08/22
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]