rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

364 [2005/07/25]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2291 . Hubert Haensel / Duell in Magellan / マゼランの決闘
2292 . Michael Nagula / Dreimal ewiges Leben / 永遠の生命×3
2293 . Horst Hoffmann / Ein Held für alle Fälle / 万能英雄
2294 . Arndt Ellmer / Kristallchaos / 水晶混沌
2295 . Andreas Eschbach / Die Rückkehr / 帰還
2296 . Leo Lukas / In der Hölle von Whocain / フーカインの地獄で
2297 . Leo Lukas / Unter dem Kondensator-Dom / 蓄電ドーム

□ 2291話「マゼランの決闘」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2291.html ]

 新銀河暦1333年4月30日、大マゼラン星雲――

「発見者級艦《リチャード・バートン》を、旗艦とする~」
「自由テラナー連盟の、大マゼラン星雲遠征艦隊」
「――!」
「――え……ソル系からの高次元流が、バースト?」
「――恒星ソルの同志が、やったのか?」
「星系ソルから、大マゼラン星雲にのびた、高次元流」
「ゴン・オルボンさま=ノクターン柱〈サルトゥルガル〉の、栄養補給路」
「それを、逆用して~」
「敵本拠星系パルに、一矢むくいようという、決死の作戦らしい」
「――たぶん、敵陣は、混乱しているっ」
「――この機会を、のがすなっ」
「自由テラナー連盟の、大マゼラン星雲遠征艦隊は~」
「2隻の巡洋艦を、捕獲した敵輸送艦《ドラグーン》の警戒に、のこし~」
「一路、敵本拠へ」
「が」
「この思いつき作戦は、明らかに失敗でした」
「敵本拠にダメージを与えられなかった、だけでなく~」
「困ったヒトにチャンスをあたえて、しまったのです」

 捕獲した敵輸送艦《ドラグーン》――

「アルコン帝国の査察官、のような立場で、遠征艦隊に同行中の~」
「アルコン帝国艦隊提督、ヴィヴォ家のアスカリ」
「と、サルカン戦士ケルタン――アスカリの、親衛隊長」
「じつは、アルコン帝国皇帝から、密命をうけていました」
「――朕は、ゴン・オルボンなる者と同盟し、惑星テラを討とうと、かく思う」
「両名は~」
「敵戦闘機〈キブ拍車〉――敵本拠潜入用に整備した2機の一方――を、強奪」
「一路、敵本拠星系パルへ」

 捕獲した敵輸送艦《ドラグーン》――

「居候、のような立場で、遠征艦隊に同行中の~」
「カンティラン――ヴィヴォ家のアスカリと、ペリー・ローダンの息子」
「と、友人のマル・デタイル――獣医」
「じつは、捕獲した敵輸送艦《ドラグーン》に、いました」
「――止めなくてはっ」
「両名は~」
「敵戦闘機〈キブ拍車〉――2機のもう一方――を、借用」
「一路、敵本拠星系パルへ」

 星系パルの第2惑星パーラク――

「――地上は、まだ、混乱しているわっ」
「アルコン帝国艦隊提督、ヴィヴォ家のアスカリ」
「と、サルカン戦士、ケルタンは~」
「なんなく、着陸」
「心で、ゴン・オルボンさまとの謁見を、求めますが~」
「応答なし」
「両名は~」
「ノクターン柱〈サルトゥルガル〉に、踏みこみます」
「……」
「ヴィヴォ家のアスカリの息子、カンティラン」
「と、獣医、マル・デタイルも~」
「踏みこみます」

 ノクターン柱〈サルトゥルガル〉の、内部――

「そこは~」
「混沌のうちに形を変える、プシオン結晶の迷宮」
「幻覚も、見えます」
「――アスカリさまーっ」
「――カンティラーンっ」
「同行者と、はぐれた~」
「サルカン戦士、ケルタン」
「獣医、マル・デタイル」
「遭遇」
「サルカン戦士、ケルタンは~」
「プシオン結晶――爆発性なのです――の中で銃をぬき……自爆」

 ノクターン柱〈サルトゥルガル〉の、中枢部――

「そこは~」
「過剰エネルギーがあふれる、プシオン結晶の迷宮」
「放電も、します」
「――装備を身につけていると、誘電してしまうわっ」
「――装備を身につけていると、誘電してしまうなっ」
「大胆にも、下着姿で、敵陣中枢を闊歩する~」
「アルコン帝国艦隊提督、ヴィヴォ家のアスカリ」
「ヴィヴォ家のアスカリの息子、カンティラン」
「遭遇」
「アルコン帝国艦隊提督、ヴィヴォ家のアスカリは~」
「足を滑らせ、尖ったプシオン結晶に……ぐっさり」

 惑星パーラク、地表――

「疲労困憊の、獣医、マル・デタイル」
「母の遺体をかかえた、息子、カンティラン」
「さて」
「――どうやって、脱出したものか」
「乗ってきた戦闘機〈キブ拍車〉は、2機とも破壊されていたのです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 次回、舞台は惑星テラへ……。


d-information ◆ 364 [不定期刊] 2005/07/25
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]