rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

362 [2005/07/11]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2289 . Gisbert Haefs / Der eiserne Finger Gottes / 神の鉄指
2290 . Michael Marcus Thurner / Daellians Kampf / デーリアンの闘い
2291 . Hubert Haensel / Duell in Magellan / マゼランの決闘
2292 . Michael Nagula / Dreimal ewiges Leben / 永遠の生命×3
2293 . Horst Hoffmann / Ein Held für alle Fälle / 万能英雄
2294 . Arndt Ellmer / Kristallchaos / 水晶混沌
2295 . Andreas Eschbach / Die Rückkehr / 帰還

□ 2289話「神の鉄指」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2289.html ]

 新銀河暦1333年4月、大マゼラン星雲――

「自由テラナー連盟の発見者級艦《リチャード・バートン》は~」
「ゴン・オルボンさまの艦隊に追われて~」
「恒星ディオンの影に、潜伏」

 星系ディオンの居住惑星〈ディオンの地〉の文明は、中世レベル――

「都市グラハトヴァンは~」
「司祭、貴族、自由民、使用人、奴隷などで、賑わっています」
「使用人トゥム・タワリクは~」
「貴族タラオンのゲオン・ドゥルンさまの、下男頭」
「大事な宴のために、買い物です」
「――貴族ゲオンさまは~」
「――高潔の士、科学のヒト~」
「――だから、けっこう、危なっかしい」
「友人、貴族オロンツのタバン・ツェラユさまは~」
「貴族ゲオンさまを、諭します」
「――〈鉄の書〉を、読みといたのだな?」
「――司祭と占星術師を招いた宴で、開陳するつもりだな?」
「――自殺行為だぞっ」
「――そんなに怒るな。わかった。適当に誤魔化せば、良いのだろう」

 惑星〈ディオンの地〉の世界観――

「司祭は、説法します」
「――都市グラハトヴァンは、世界の中心であるっ」
「証拠に、〈神の鉄指〉が大地から、にょっきり」
「〈神の鉄指〉~」
「それは、巨大な柱――大人の身長、50人分」
「素材は、稀少金属――この惑星では、金より珍しい鉄」
「――だから、都市グラハトヴァンは、緯度0であるっ」
「……」
「船乗りたちは、困っています」

 貴族タラオンのゲオン・ドゥルン――

「下男頭トゥム・タワリクの、努力の甲斐あって~」
「司祭と占星術師を招いて~」
「宴は、順調に推移」
「が」
「やがて、決定的瞬間」
「――〈神の鉄指〉は、異文明の宇宙船です」
「――!」
「貴族ゲオンさまは~」
「高潔の士、科学のヒト~」
「言ってはならぬコトを、言ってしまったのです」
「司祭と占星術師は、一同、席を蹴り~」
「宴は、破局へ」
「……」
「貴族ゲオンさまは~」
「じつは、女奴隷ヒュヴァラナと、相思相愛です」
「――お逃げください」
「――否。真実を、貫くのだっ」
「……」
「翌日~」
「貴族ゲオンさまは、身分剥奪。拘束されて~」
「使用人たちは、自由民に」
「奴隷たちは、売られていきました」
「自由民になった元下男頭トゥム・タワリクは~」
「ともかく、女奴隷ヒュヴァラナの身柄を、救うのでした」

 輸送艦《ドラグーン》――

「――集結命令ヲ、受信シマシタ」
「――戦闘準備、不能デス」
「――修理ヲ、開始シマス」

 元貴族タラオンのゲオン・ドゥルン――

「高潔の士ゲオンさまは~」
「獄中でも、主張を変えません」
「で」
「最高司祭サルクハトは~」
「判決をくだして、曰く」
「――ゲオン・ドゥルンを、〈ひとつ月の日〉に焚刑に処すっ」
「――ごごごっ」
「――!」
「――……ほら、〈神の鉄指〉も、お喜びであるっ」

 輸送艦《ドラグーン》――

「――ハイパー水晶ガ、不足デス」
「――積荷カラ、充当シマス」

 元貴族タラオンのゲオン・ドゥルン――

「7つの月が重なり、ひとつになる日――」
「高潔の士ゲオンさまは~」
「薪の上の、磔台へ」
「――!」
「――処刑を、やめてくださーい」
「――ゲオンさまを、助けるぞー」
「元女奴隷ヒュヴァラナとか~」
「元下男頭トゥム・タワリクとか~」
「群集が、やってきます」
「突入です」
「――だから、都市グラハトヴァンは、世界の中心で……」
「――ごごごっ」
「――!」
「――……ほら、〈神の鉄指〉も……お?」

 輸送艦《ドラグーン》――

「――修理、完了デス」
「――発進、シマス」

 元貴族タラオンのゲオン・ドゥルン――

「――ごごごっ」
「〈神の鉄指〉は、去ってしまいました」
「で」
「時代は~」
「司祭たちと占星術師と迷信の、中世から~」
「自由民と科学の、時代へと~」
「移って、いくのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 本編とは、一切かかわりなし……。


d-information ◆ 362 [不定期刊] 2005/07/11
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]