rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

349 [2005/04/11]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ PERRY RHODAN-Lemuria 6話「ロンゲスト・ナイト」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/buecher/lemuria/6.html ]

 2005年11月から、Heyne 社が開始したポケットブック・シリーズ。
 全6巻の、最終話。

 新銀河暦1327年、銀河系――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンが、単身、乗船する~」
「テラ民間船《パレンケ》~」
「と、アコン探査船《ラス・トオル》」
「2隻は、古代レムール人の箱船の謎を追ううちに~」
「すごいことに、巻きこまれて、いるのでした」

 古代レムール人の箱船を建造した、不死者レヴィアン・パロン――

「不死者レヴィアン・パロンは~」
「現在の身分、アコン科学者メンタクのアチャブ」
「困った妄想を、かかえています」
「――箱船では、レムール人種族を、救えなかった」
「――でも」
「――時間転送機が、あればっ」
「――5万年前のレムール人は、勝利できるぞっ」
「ゴルバス第4惑星の時間転送機は、破壊されてしまいました」
「が」
「不屈の男レヴィアン・パロンは~」
「いちはやく、ゴルバス第4惑星を脱出し~」
「アコン艦隊とともに、アコン人のブルーの星系、惑星ドロラーへ~」
「帰還の途に、つきます」
「――まだまだ、チャンスはあるはずだっ」
「――5万年前のレムール帝国時代だけが、オレにとっての真実っ」
「思いこみ、激しいです」
「――うっ」
「激しすぎて、昏倒」
「緊急治療にあたった、アコン艦の医師は~」
「――アコン科学者メンタクのアチャブさまが……なぜ、細胞活性装置を?」
「結果、いろいろなことが、バレてしまうのでした」
「なのに~」
「アコン艦隊の乗員たちは、けっこう好意的」
「不屈の男レヴィアン・パロン」
「方向性は、どうであれ~」
「ひたむきな情熱と努力と行動力は、ある種、感動をよびます」
「人徳のなせるわざ、なのでした」

 ブルーの星系、惑星ドロラー――

「アコン科学者メンタクのアチャブには、じつは恋人がひとり」
「アコン艦隊提督の娘、だったり」
「娘は、結婚を前提としたおつきあい、のつもり」
「なので、カレの遺伝子にヘンな病気がないか、こっそり解析を依頼しました」
「――アコン科学者メンタクのアチャブさまが……アコン人ではない?」
「結果、本国でも、バレてしまうのでした」
「――だから、ゴルバス第4惑星の、時間警察基地を、なんとかしないとっ」
「――いや、その前に、貴様を尋問してやるっ」
「これもまた、人徳のなせるわざ」

 一方、ゴルバス第4惑星――

「太古レムール人の箱船に仕掛けられた、ハイパーインパルス発信装置」
「太古レムール人と、その子孫たちが、接触したとき~」
「――ぴぴぴっ」
「ハイパーインパルスが、呼びさましたのは~」
「なんと、時間警察――けだもの種族――の、太古施設」
「すでに、多くの時間警官が、覚醒し~」
「暴れていました」
「地下工場では、すでに多数の時間警官クローンを、培養中」
「施設から漏れているらしい、なにやらに、感化され~」
「ゴルバス第4惑星では、動植物相まで変異し、凶暴化」
「ローダン一行は~」
「命からがら、テラ民間船《パレンケ》に到達しますが~」
「――発進っ」
「――砲撃されましたっ」
「――もどれっ」
「時間警察の秘密格納庫では、戦闘艦多数が、すでに整備完了」
「テラ民間船《パレンケ》と、アコン探査船《ラス・トオル》は~」
「脱出できない、のでした」

 銀河系の、各星域――

「――こっちの惑星にも、時間警察の武器庫がっ」
「――あっちの惑星にも、時間警察の武器庫がっ」
「完璧に機能していないものも、あるようですが~」
「脅威には、かわりなし」
「2惑星を、アルコン艦隊が、破壊」
「1惑星――アコンの農耕惑星でした――は、アコン艦隊が、破壊」

 ひきつづき、ゴルバス第4惑星――

「そもそも~」
「どうして、こんな事態に、なったのでしょう?」
「ローダンたちが、5万年前の事情を知っている時間警官に、聞いてみると~」
「こんな感じ」
「……」
「5万年過去にもどった、ハルト人イホ・トロトは~」
「時間警察のレムール帝国懲罰艦隊司令官に~」
「良かれと思って、あれこれ、未来の情報をもらしました」
「その後~」
「時間警官たちは~」
「レムール人との物理的な戦争には、勝利しましたが~」
「やがて、レムール人の仕掛けた精神攻撃に、屈し~」
「だんだん、自分たちが温和な種族に変貌していくことに、気がつきます」
「――敗北は、許されないっ」
「――秘密基地を、建設だっ」
「――元気のイイ若い衆を、深層睡眠につかせろっ」
「――クローン製造設備も、用意しろっ」
「――戦闘艦も、隠しておくのだっ」
「――レムール人の箱船に、発信機を仕組めっ」
「――ヤツらの子孫が発展して、接触してきたら、作動させるのだっ」
「――大義名分が、必要?」
「――そうだ、大義名分だっ」
「――レムール人の時間転送機を、ゴルバス第4惑星に運んでおけっ」
「――ヤツらの子孫がスイッチを入れれば、立派に時間犯罪者だっ」
「かくして~」
「5万年の歳月を、かけ~」
「本末転倒のオトリ捜査が、開始された、という」

 ゴルバス第4惑星近傍――

「じつは~」
「自由テラナー連盟特務艦隊20隻が、潜んでいました」
「――別命あるまで、待機せよ」
「という、指示をうけて~」
「ローダンが、テラ民間船《パレンケ》に持ちこんだ、発信機を~」
「追跡~」
「ずっと、ひそかに事態を、うかがっていたのです」
「が」
「――政庁首席のシグナルが、とだえた?」
「自由テラナー連盟特務艦隊20隻は、ゴルバス第4惑星に突撃」
「テラ民間船《パレンケ》と、アコン探査船《ラス・トオル》は~」
「その機に乗じて、惑星を脱出するのでした」

 時間警察の武器庫惑星パゴシュ――

「そのころ~」
「ローダン一行は~」
「ゴルバス第4惑星からの脱出路を、もとめて~」
「なりゆきで、転送機をぬけると~」
「そこは、別の時間警察の武器庫惑星」
「もちろん~」
「状況は、好転したわけでは、ありません」
「時間警官に、襲撃され~」
「窮地を、時間警官イオン・リソスに、救われます」
「――?」
「――わたしは、時間警官のクローンですが~」
「――時間警官は、やっぱり正義の味方でないといかん、と思うのであります」
「――オトリ捜査は、良くありません」
「……」
「不屈の男レヴィアン・パロンが、アコン部隊を率いて、やってきます」
「アコン政界のお歴々が、どのように審議し、了承したのか~」
「これまた、人徳のなせるわざ」
「――?」
「――なんか、時間警官にも、正義のヒトがいるっ」
「――アコン人も、良いヒトたちだしっ」
「――この時間線も、まんざら捨てたものでは、ないかもっ」
「不屈の男レヴィアン・パロンの信念は、曲りはじめているようでした」
「……」
「ローダン一行と~」
「正義の時間警官イオン・リソスと、同志の同僚クローン2名と~」
「曲がりはじめた男レヴィアン・パロンは~」
「入手した宇宙船で、惑星パゴシュから脱出」
「惑星パゴシュは、アコン艦隊により~」
「破壊されたのです」

 自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは、告白する――

「――じつは~」
「――すべては、自由テラナー連盟の秘密作戦の、一環だったのだ」
「――ちょっと前、古いけだものの基地が発見されたのですな」
「――破損が著しく、発見したアルコン帝国も利とするには、いたらず」
「――しかし~」
「――そんなものが、活動を開始したり~」
「――アルコン帝国皇帝ボスティク1世の手に渡ったら、と思うと~」
「――夜も、眠れなかった、のでして」
「――《パレンケ》と《ラス・トオル》のみなさんには、ご迷惑かけました」
「――でもまあ、これで、一件落着ということで」
「そんな説明で、世間が納得してくれるのは~」
「これまた、人徳のなせるわざ」

 古代レムール人の箱船を建造した、不死者レヴィアン・パロン――

「――アコン帝国は~」
「――箱船のレムール人たちを、いくつかの無人惑星に植民させてくれた」
「――が」
「――まだ、行方のわからない古代レムール人の箱船は、なんと40隻っ」
「――これだけの遺伝子プールが、あればっ」
「――レムール種族は、再興できるぞっ」
「――正義の時間警官たちも、助力してくれるに違いないっ」
「――なあ?」
「レヴィアン・パロンは、やはり不屈の男なのでした」

□ Perry Rhodan-Heft

2277 . Michael Nagula / Die Macht der Sekte / 教団の力
2278 . Arndt Ellmer / Brennpunkt Talan / 焦点タラン
2279 . Horst Hoffmann / Zeit der Schatten / 影の時間
2280 . Michael Marcus Thurner / Exil der Orakel / 賢者たちの亡命
2281 . Arndt Ellmer / Sturm auf Tan-Jamondi / タン・ジャモンディの嵐
2282 . Hubert Haensel / Der Traum des Thort / トルトの夢

 本編については、最新タイトルのみ、お届けします。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ナポリのマフィアVSゴン・オルボン教団……。


d-information ◆ 349 [不定期刊] 2005/04/11
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]