rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

342 [2005/02/21]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ PERRY RHODAN-Lemuria

3 . Andreas Brandhorst / Exodus der Generationen / 世代のエクソダス
4 . Leo Lukas / Der erste Unsterbliche / 最初の不死者
5 . Thomas Ziegler / Die letzten Tage Lemurias / レムリア最後の日
6 . Hubert Haensel / Die längste Nacht / ロンゲスト・ナイト

 2005年11月に、Heyne 社が開始したポケットブック・シリーズ。
 月1冊、全6冊予定。

□ PERRY RHODAN-Lemuria 3話「世代のエクソダス」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/buecher/lemuria/3.html ]

 新銀河暦1327年、銀河系――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンが、単身、乗船する~」
「テラ民間船《パレンケ》~」
「と、アコン探査船《ラス・トオル》」
「2隻は、古代レムール人の箱船の謎を~」
「伝説の〈箱船の守護者〉――なぜか、ハルト人のよう――の謎も、含めて~」
「追って、いたのです」

 古代レムール人の箱船《レムチャ・オヴィル》が、難破した星系――

「箱船の生存者たちは~」
「惑星メンタク・ヌータイで、生きるつもり」
「テラ民間船《パレンケ》とアコン探査船《ラス・トオル》の、乗員たちは~」
「惑星メンタク・ヌータイで、数千年前の、アコン人の研究施設を、発見」
「箱船の生存者たちと、原住民たちの、和平をとりもったり」
「箱船で眠っていたハルト人――自称、イホ・トロト――が、走りさるのと~」
「接近遭遇したり」
「で」
「せまりくる時間パラドックスの気配に、ぞくぞくしながら~」
「テラ民間船《パレンケ》とアコン探査船《ラス・トオル》の、一部乗員や~」
「ローダンが呼びよせた、ハルト人イホ・トロト――現在の――や~」
「レムール人ミュータント――箱船の生存者の一部――一同は~」
「星系の小惑星帯にも、数千年前の、アコン人の研究施設を、発見」
「というより、なりゆきで、転送されたのでした」

 小惑星帯にある、数千年前のアコン人の研究施設――

「そこは~」
「ハルト人=けだものに有効な兵器を、開発していたらしい」
「イホ・トロトは~」
「ロボットに敵と識別され、攻撃されたり」
「太陽系帝国時代のハルト人――名は、トルグ・カルテム――が~」
「解剖用に、停滞場にとらわれていたり」
「ハルト人トルグ・カルテムは~」
「解放されて、でも、けっきょく、対ハルト人=けだもの兵器にやられたり」
「そして~」
「研究施設の、自爆機構作動――みるみる広がる、核火災」
「レムール人ミュータントたちは~」
「精神を、研究施設と融合させて~」
「人々に、退路をひらき、けっきょく、精神体として去ってしまったり」

 同じころ、テラ民間船《パレンケ》――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「箱船《レムチャ・オヴィル》のデータバンクから、情報抽出中~」
「――!」
「昏睡状態で、過去の出来事を追体験する、のでした」

 紀元前5万1900年から、紀元前5万1747年の、出来事――

「惑星テラは、レムリアと呼ばれ~」
「原住民は、レムール人」
「超光速航行技術は、まだ、ありません」
「星間帝国レムールが誕生する少し前、なのでした」
「年代記作家デシャン・アピアンは、記録する」
「不吉な未来を告げる男が、ひとり」
「レヴィアン・パロン――自称、〈12人目の不死の英雄〉ヴェラート」
「――宇宙から、敵が来るのです」
「――星を求める者たちは、宇宙に逃げのびるのです」
「幾万人が、集まり~」
「巨大な箱船が、完成」
「搭載するのは、レヴィアン・パロン開発による新機軸」
「ニュートリノと反ニュートリノの対消滅原理による、エンジンと対探知遮蔽」
「特殊能力をもつ人々を、乗り組ませて~」
「つぎつぎと、発進」
「で」
「年代記作家デシャン・アピアンの妻は、語る」
「――レヴィアン・パロンさん、歳をとらないわねー」
「携行する卵形の機器が、体に良いらしい」
「箱船の船長は、同じ卵形の機器を、あたえられているようでした」
「……」
「年代記作家デシャン・アピアンは、記録する」
「不吉な未来は、的中した」
「惑星レムリアに接近する、異船」
「――ばーん」
「撃墜は、したのですが~」
「レヴィアン・パロンは、しぶい顔」
「――まさか、自分が敵船を招きよせた?」
「で」
「年代記作家デシャン・アピアンの妻は、語る」
「――レヴィアン・パロンさん、敵の言葉がわかるのねー」
「……」
「年代記作家デシャン・アピアンは、記録する」
「数十年をかけて、47隻の箱船が発進」
「年代記作家デシャン・アピアンも、その1隻の船長になったのです」
「で」
「最後は、《アチャティ・ユマ》」
「船長は、レヴィアン・パロン自身」
「そして~」
「同じころ、レムール人は、ついに超光速航行技術を実用化」
「星間帝国タマニウムへの道を、歩みだすのでした」

 新銀河暦1327年、テラ民間船《パレンケ》――

「自由テラナー連盟政庁首席ペリー・ローダンは~」
「昏睡から目覚めて、ニュースを聞く」
「――アコン人のブルーの星系に、箱船出現?」
「――船名は《アチャティ・ユマ》とか、なんとか」

□ Perry Rhodan-Heft

2270 . Arndt Ellmer / Verrat auf Graugischt / グラウギシュトの裏切り
2271 . Uwe Anton / Station im Hyperraum / 超空間のステーション
2272 . Hubert Haensel / Sturm auf Graugischt / グラウギシュトの嵐
2273 . Horst Hoffmann / Der gefallene Schutzherr / 堕ちた守護者
2274 . Michael Marcus Thurner / Motoklon Hundertneun / モトクローン109
2275 . Hubert Haensel / Finale für Arphonie / アルフォニーのフィナーレ
2276 . Uwe Anton / Tanz auf dem Vulkan / 火山の上のダンス

 今回、最新タイトルのみ、お届けします。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 Andreas Brandhorst ――
 Diamant と Der Metamorph の2作が、今年の Deutscher Science-Fiction-Preis にノミネートされているようです。


d-information ◆ 342 [不定期刊] 2005/02/21
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]