rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

327 [2004/11/08]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2254 . Horst Hoffmann / Der ewige Gartner / 永遠の園丁
2255 . Uwe Anton / Die DISTANZSPUR / 遠距離軌道
2256 . Thomas Ziegler / Bahnhof im Weltraum / 宇宙停留所
2257 . Arndt Ellmer / Der Mikrodieb / マイクロ泥棒
2258 . Michael Nagula / Medusenklänge / メデューサ音
2259 . Horst Hoffmann / Tod von den Sternen / 宇宙からの死
2260 . Horst Hoffmann / Im Arphonie-Sternhaufen / アルフォニー星団にて

□ 2254話「永遠の園丁」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2254.html ]

 〈ジャモンディの星海〉、タン・ジャモンディ第2惑星――

「かつて、ここには~」
「〈ジャモンディの守護団〉の拠点〈ロガン聖堂〉が、ありました」
「〈ロガン聖堂〉の、かたわらには~」
「――そよそよ~」
「りっぱな大樹〈長老塊樹〉――高さ120m、樹冠径130m」
「人々、曰く」
「――この樹が茂るかぎり、〈ジャモンディの守護団〉はありつづける」
「それから、1万2000年――外の時間で700万年――の歳月が、流れ~」
「新銀河暦1332年9月3日」
「荒野に種まくヒトが、ひとり」
「名を、オリエン・アラール」
「――どーして、芽吹かないのよー」
「――これが、最後の種なのよー」
「と」
「――あ。モタナ族さんの生体巡洋艦だよー」

 生体巡洋艦《剣》は、タン・ジャモンディ第2惑星へ、無事降下――

「自由テラナー連盟政庁首席、ペリー・ローダンと~」
「新USOの居候、アトランと~」
「モタナ族の恒星女王にして、生体巡洋艦《剣》艦長、ゼフィダさんと~」
「〈霊歩哨〉リレッセアさんは~」
「――探検だ」
「――探検よ」
「――ここが、〈ロガン聖堂〉」
「――すばらしー」
「――〈ケスジャン聖堂〉の〈深淵の騎士〉叙任式を、思い出しますなぁ」
「――そういえば、キブたちの追撃は?」
「――〈軌道駅〉再起動で、ちょっとしたハイパー嵐が、おこっているようね」
「いわば、観光日和なのでした」
「……」
「それを見つめる、オリエン・アラール」
「――なつかしいヒトたちの、よーな」
「――そうでもない、よーな」
「森の、木の洞の住居に、もどり~」
「思い出の品々と、アルバムを、手にとり~」
「回想シーン――」
「オリエン・アラールは~」
「永年、大樹〈長老塊樹〉を守って、生きてきました」
「が」
「大樹は、枯れ~」
「キブたちが、タン・ジャモンディ第2惑星を、征服」
「オリエン・アラールは、無線機とカメラを抱え、森へ逐電です」
「キブたちは、〈ロガン聖堂〉のなにかを、何年もかけて物色」
「やがて、あきらめて、去っていきました」
「オリエン・アラールは、無線機で盗聴です」
「キブたちは、〈遠距離軌道〉――アルフォニー星団への道――を拓こうと~」
「やがて、成功したようです」
「オリエン・アラールは、〈長老塊樹〉の種をまきます」
「失敗、失敗、失敗……」
「で」
「――あれが、最後の種なのよー」

 〈ロガン聖堂〉――

「〈霊歩哨〉リレッセアさんは~」
「ひとり、太古の愛しいヒト――〈守護者〉ギムゴン――の思い出をたどり~」
「太古の、自分の居室とか~」
「太古の、〈守護者〉たちの居室とか~」
「うろうろ」
「〈守護者〉ギムゴンの部屋で、見つけた~」
「おもちゃのロボット」
「を、大事にかかえて、外に出た途端」
「陽光をうけた、ロボットが~」
「――ぱっくり」
「――まあ、中に、秘密の日記が?」
「――まあ、〈パラゴン十字架〉は、惑星グラウギシュトに?」
「かつて~」
「アルフォニー星団の、惑星グラウギシュトは~」
「〈守護者〉カリャ・アンダクシの拠点、でした」
「そして~」
「アルフォニー星団の〈ケルゼシュ城〉は~」
「現在も、背任の〈守護者〉タッグ・カルザニの居城、なのです」

 生体巡洋艦《剣》――

「アトランと、ゼフィダさんが~」
「見知らぬヒトをつれて、帰艦」
「名を、オリエン・アラール」
「――これが、思い出のアルバムなのよー」
「――すばらしー」
「と」
「ハイパー嵐が、おさまりました」
「キブたちは、ついに〈遠距離軌道〉を、つないだようです」
「――ごごっ」
「アルフォニー星団から~」
「〈遠距離軌道〉を抜けて~」
「星系タン・ジャモンディに、出現したのは~」
「〈キブ・タイタン〉――直径16~17kmのサイバー戦艦――12隻」
「アルフォニー星団を発進したときは18隻、だったらしいのですが~」
「途中、6隻、脱落したらしい」
「――ごごっ」
「実体化した〈キブ・タイタン〉12隻のうち~」
「6隻は、惑星バイカル・ケインへ」
「6隻は、星系タン・ジャモンディを封鎖」
「――つまり?」
「――生体巡洋艦《剣》は、逃走不能、ということね」
「……」
「一方~」
「荒野にたたずむヒトが、ひとり」
「名を、オリエン・アラール」
「――〈長老塊樹〉の、芽が出たよー」

□ 2255話「遠距離軌道」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2255.html ]

 通常宇宙、ハヨク星団近傍――

「自由テラナー連盟政庁大臣ジュリアン・ティフラー指揮下の~」
「発見者級戦艦《フリチョフ・ナンセン》は~」
「――未確認宇宙船4隻を、探知」
「――立方体のが、3隻」
「――エイのようなのが、1隻」
「――エイ、追われてます」
「――エイ、勝ちました」
「――あ」
「――どどんっ」
「――〈ジャモンディの星海〉から、一星系が、通常宇宙へ落下」
「――エイ、まきこまれました」
「――エイ、苦しそうです」
「――救助だっ」
「……」
「自由テラナー連盟政庁大臣ジュリアン・ティフラーは~」
「エイ――モタナ族の生体巡洋艦《影絵》――の艦長キャリラさんに~」
「いろいろ、話をきいてみます」
「――ふむ、ローダンは美女をともなって、敵の本拠へ?」
「――ふむ、それで音信不通なのだなっ」

 〈ジャモンディの星海〉、タン・ジャモンディ第2惑星――

「突如」
「生体巡洋艦《剣》のモタナ族一同をみまった、強烈な頭痛」
「――これは、〈サイバー・ニュートロス〉?」
「――タン・ジャモンディ第2惑星上に、敵基地が?」
「〈霊歩哨〉リレッセアと、アトランが~」
「――出動だっ」
「――変身っ」
「――リレッセア?」
「――さあ、基地は破壊したわ。もどりましょう」
「そういえば、〈霊歩哨〉リレッセアは、ドラゴンに変身できるのでした」

 通常宇宙、ハヨク星団近傍――

「発見者級戦艦《フリチョフ・ナンセン》は~」
「――強烈なハイパー振動を、探知」
「――どどどどっ」
「自由テラナー連盟政庁大臣ジュリアン・ティフラーは、ピンときます」
「――宙域から、緊急離脱っ」
「――どどどどどどっ」
「発見者級戦艦《フリチョフ・ナンセン》が、ハヨク星団へ撤退した刹那」
「――どどどどーんっ」
「〈ジャモンディの星海〉の全星系が、通常宇宙へ落下」
「――ごごーっ」
「と、吹きぬける、ハイパー嵐」
「時に、新銀河暦1332年9月8日」

 星系タン・ジャモンディ――

「こちらも~」
「――ごごーっ」
「と、吹きぬける、ハイパー嵐」
「……」
「生体巡洋艦《剣》では~」
「――〈キブ・タイタン〉、第3惑星〈タン氷〉方面へ移動中?」
「――つまり、〈遠距離軌道〉を生成する〈軌道駅〉は、防備手薄?」
「――つまり、アルフォニー星団への道に、障害はない?」
「――これはもう、発進かい?」
「――そう、発進よ」
「――発進っ」
「――ごーっ」
「生体巡洋艦《剣》は、タン・ジャモンディ第2惑星から、緊急発進」
「迷うことなく、〈遠距離軌道〉へ突入したのです」

 一方、ハヨク星団近傍――

「発見者級戦艦《フリチョフ・ナンセン》は~」
「――接近する超巨艦を、探知」
「――ひっ、〈キブ・タイタン〉よっ」
「――ごごごっ」
「――?」
「どうやら」
「発見者級戦艦《フリチョフ・ナンセン》など、眼中にないようです」
「通過して、いきました」
「……」
「――これでやっと、うちの政庁首席を、連れもどせるわけだ」
「ティフラーは、楽観的ですが~」
「現実は、そんなに甘くないのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 フリチョフ・ナンセン(1861-1930)――
 ノルウェーの探検家、海洋学者、政治家。大学では動物学を専攻。
 1888年から翌年にかけて、グリーンランド横断。
 1893年、フラム号で北極点に400kmの距離に到達。
 引退後、イギリス大使、ナンセン国際避難民事務局長。ノーベル平和賞受賞。
 ……勉強に、なりますね。


d-information ◆ 327 [不定期刊] 2004/11/08
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]