rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

310 [2004/07/12]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2238 . Uwe Anton / Die Friedensfahrer / 平和ドライバー
2239 . Rainer Castor / Verrat auf der Kristallwelt / 水晶界の裏切り
2240 . Frank Borsch / Der Graue Autonom / 灰色の自治領主
2241 . Arndt Ellmer / Die Todbringer / 砲手
2242 . Robert Feldhoff / Letoxx der Fälscher / 贋作者レトックス
2243 . Frank Borsch / Die Mediale Schildwache / 霊歩哨

□ 2238話「平和ドライバー」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2238.html ]

 新銀河暦1332年5月1日、USO司令部キント・センター――

「発進する、USO旗艦《トラヤヌス》」
「――ごごご」
「指揮するは、ロワ・ダントン」
「艦長トム・アベルティンは、叫ぶ」
「――目標、ハヨク星団っ」
「――ごごごご」
「完全ローテク換装後の、初試験航行……ではありますが~」
「大艦巨砲主義時代の遺産を、USO技術で最速チューン」
「――ごごごごご」
「――超光速ファクターは50万、フル稼働時80万は、出せるであります」
「――は……ハイパー水晶の消耗度合が、前代未聞であります」
「――に……ニューガス機関が、機能しないであります」
「――と……トランスフォーム砲が、撃てないであります」
「――なんとかするのだ。キント技術者の意地にかけてっ」
「――ごごごごご」

 USO旗艦《トラヤヌス》は、アルコン帝国のグワロン級戦艦3隻――未知の小型宇宙船を追跡中――を、探知。

「USO技術は、素晴らしいので~」
「グワロン級戦艦3隻は、追尾する《トラヤヌス》に気づきません」
「未知の小型宇宙船は、デヴォルター系第2惑星へ」
「ロワ・ダントンは、《トラヤヌス》搭載艇で、デヴォルター系の第2惑星へ」
「……」
「デヴォルター第2惑星――楽園のような――で、遭遇したもの」
「ガラスのようなもので建設された、都市のようなもの」
「ガラスのようなものでできた小型宇宙船――緊急着陸したらしい」
「アルゴリアンの子供たち――ディン・アニャンとコレ・ジョンティア」
「ロボット――カシッブ」
「小型宇宙船の乗員――平和ドライバー、メグタン・ウルティアン」
「――ホワルゴニウムが1トン、必要なのです」
「――数百万の生命を救うために~」
「――緊急に、エランテルノーレ銀河まで行くのです」
「そこに~」
「アルゴリアンの両親のスペースジェットが、帰還」
「――わたしは、レ・アニャンテ」
「――ぼくは、クルカリェン・ヴァランティル」
「――ホワルゴニウム1トン、もらってきたよー」
「……」
「一方~」
「アルコン帝国のグワロン級戦艦3隻が、惑星に迫っていました」
「迎撃する、USO旗艦《トラヤヌス》」
「――ごごご」
「指揮するは、ロワ・ダントン」
「艦長トム・アベルティンは、叫ぶ」
「――トランスフォーム砲、撃てぇっ」
「――ばーん」
「グワロン級戦艦3隻のトランスフォーム砲は、沈黙したまま」
「キント技術者の意地が、勝敗をわけたのでした」

 平和ドライバーは、旅立ちの準備をすすめる。

「デヴォルター第2惑星――」
「すなわち、アルゴリアンの繁殖惑星」
「すなわち、〈宇宙林道〉の〈宇宙停留所〉の所在地、でもある」
「ガラスのようなもので建設された、都市のようなもの、が、それなのでした」
「……」
「レ・アニャンテ――アルゴリアン母――と、ロワ・ダントンの、世間話」
「――平和ドライバーは、汎銀河組織なの」
「――エランテルノーレ銀河でしょ」
「――チュシク銀河=アルグストゲルマート銀河でしょ」
「――ノルガン・テュア銀河でしょ」
「――〈星のメールストローム〉でしょ」
「〈宇宙停留所〉のあるところ、なのでした」

 半日後、平和ドライバーは、旅立つ。

「――では、さようならー」
「アルゴリアン一家から、追い立てられ~」
「《トラヤヌス》は、早々にデヴォルター第2惑星を、発進」
「ふっと、ふりかえると~」
「デヴォルター系は、かきけすように消えていたそうです」

 《トラヤヌス》艦内――

「優秀なUSOの人々の脳裏に、さまざまな思いが去来するのでした」
「……」
「科学者ボラン・スカロス――」
「――ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「――《パン・タウ・ラ》が超空間から、転落したり、するのかも」
「――〈搬生素〉が、ばーっ、て漏れたりなんかして」
「……!」
「指揮官ロワ・ダントン――」
「――ハイパー物理学的抵抗の影響があっても~」
「――〈平和ドライバー〉システムなんかが、稼動するなら」
「――あれこれ開発すれば、惑星テラも、ばーっ、と銀河系の覇者にっ」
「……?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 林道、運転手、停留所……


d-information ◆ 310 [不定期刊] 2004/07/12
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]