rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

299 [2004/04/26]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2226 . Uwe Anton / Zwischen den Äonen / 永劫のはざま
2227 . Hans Kneifel / Menschenjagd auf Hayok / ハヨクの人間狩
2228 . Robert Feldhoff / Der Bionische Kreuzer / 生体巡洋艦
2229 . Frank Borsch / Zuflucht der Motana / モタナの隠れ家
2230 . Arndt Ellmer / Krieger für Jamondi / ジャモンディの戦士
2231 . Ernst Vlcek / Der Klang des Lebens / 生命の音
2232 . Leo Lukas / Wiedergeburt / 再生

□ 追記:2219話「ロルケーテ」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2219.html ]

 新銀河暦1331年末、〈ジャモンディの星海〉の恒星アシュをめぐる、惑星アシュ・イルトゥモ――

「〈ジャモンディの星海〉に、遭難した~」
「自由テラナー連盟政庁主席、ペリー・ローダン――テラナー」
「新USOの居候、アトラン――アルコン人」
「同行する、高名な〈放浪者〉ロルケーテ――ショズ人」
「現地モタナ族とともに~」
「――ららら~」
「宇宙船《シャラヴドラ》で~」
「隣の惑星ショズ――高名な〈放浪者〉ロルケーテの故郷――へ」
「いろいろ、探検して、いました」

 そのころ、惑星アシュ・イルトゥモ――

「――!」
「惑星アシュ・イルトゥモは~」
「惑星の住民もろとも~」
「すとん」
「ハイパー嵐の影響で~」
「ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「〈ジャモンディの星海〉を包む、ハイパー繭から~」
「通常宇宙へと~」
「転落して、いたのです」

□ 2226話「永劫のはざま」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2226.html ]

 新銀河暦1332年初頭、アルコン帝国領ハヨク星団――

「ハイパー嵐の影響で~」
「ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「国防大臣レジナルド・ブル麾下の、自由テラナー連盟艦隊は~」
「本国と連絡も、ままならず」
「ようやく、惑星テラとハヨク星団のあいだに、通信の橋を架けました」
「――ハロー」
「――そう、アルコン帝国は、〈星海〉調査に干渉しない、ってことでー」
「――こんど落ちてきた惑星は、生存者がいるようでねー」
「――うちの政庁主席のこと、聞いてみるよー」
「とりあえず~」
「落ちてきた惑星――アシュ・イルトゥモ――を、人工太陽で温めたり~」
「モタナ族難民の避難を、計画したり~」
「――うちの政庁主席を、知ってるようです」
「――〈星海〉のなかは、時間の流れが、遅いみたいです」
「少しですが、調査進展」

 一方、ハヨク星団の惑星コルフュリア――

「自由テラナー連盟の発見者級戦艦《アメリゴ・ヴェスプッチ》が~」
「――ごごごっ」
「オールドタイマー遺跡の調査に、到着しました」
「上陸したのは~」
「まず~」
「ふたりのミュータント」
「〈宇宙感知者〉にして、危険な〈黒い双子〉を召喚する、トリム・マラート」
「テレポーターにして〈探知者〉、スタータック・シュレーダー」
「そして~」
「考古学者リラ・モルゲンさん」
「――あっ、立体星図だ」
「――あっ、パラ罠につかまったぜ」
「――あっ、あんなところに、謎のヒトがっ」
「――まあ、素敵なヒト」
「……」
「謎のヒト――外観は、テラナーとかわらない――は~」
「まず~」
「リラさんだけ、パラ罠から解放してくれました」
「――お名前は、ゲムのアーゴさん?」
「――クレマシュ人?」
「――クエリオン人の〈永遠の従者〉?」
「――ここで、ずっと、寝てたの?」
「――スープラヘトが来て、ガルベッシュが来て、その後の時代のヒト?」
「――超知性体〈それ〉が?」
「――クエリオン人の一派に、ドンパチを星団ごと封じこめて、と頼んだ?」
「――?」
「――おお、やっぱり素敵なヒトだ」
「どうやら~」
「たがいに、一目惚れ、なのでした」
「……」
「そして~」
「トリム・マラートとスタータック・シュレーダーも、解放してくれました」
「――お名前は、ゲムのアーゴさん?」
「――帰ってください」
「――?」
「――ここは、閉鎖です」
「――えーと、じつは、うちの政庁主席が、〈星海〉で行方不明で~」
「――救出のために、〈銀球〉を、探しているのです」
「――ここに、〈銀球〉は、ありません」
「――はあ」
「――帰ってください」
「……」
「――ところで、ハニー」
「――なあに、アーゴ?」
「――ボクといっしょに〈相球〉で、ドライブしないかい?」
「――まあ、素敵っ」
「ふたりは、〈相球〉で、宇宙に旅立ったという」

 以下、次号。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 前回、あやしいタイトルでした――「特務工作員テラナーを担保に」
 訂正して、お詫びします。


d-information ◆ 299 [不定期刊] 2004/04/26
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]