rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

290 [2004/02/23]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2217 . Arndt Ellmer / Die Femesänger / 裁きの歌い手
2218 . Ernst Vlcek / Die Epha-Matrix / エファ・マトリックス
2219 . Frank Borsch / Rorkhete / ロルケーテ
2220 . Hubert Haensel / Tote leben länger / 死人はもっと長生き
2221 . H. G. Francis / Die Sekte erwacht / 教団覚醒
2222 . Horst Hoffmann / Rendezvous mit der Ewigkeit / 永遠とランデブー
2223 . Michael Nagula / Die Gotteskriegerin / 神の女戦士

□ 2217話「裁きの歌い手」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2217.html ]

 新銀河暦1331年11月、〈ジャモンディの星海〉の惑星アシュ・イルトゥモ――

「自由テラナー連盟政庁主席、ペリー・ローダン」
「新USOの居候、アトラン」
「モタナ族のゼフィダ――目下、アトランの意中の人」
「高名な〈放浪者〉ロルケーテ」
「4人は~」
「絶海の孤島オレから、クルハフェ大陸へ~」
「手作りの海洋船《テラ・インコグニタ》で~」
「どんぶらこ」
「……」
「航海中~」
「高名な〈放浪者〉ロルケーテが~」
「モタナ族の過去の栄光を、語ったり」
「――かつて、モタナ族は、〈ジャモンディの星海〉を統治していました」
「――ららら~」
「――モタナ族の歌には、特殊な力があります」
「――宇宙船の操縦も、歌でするのです」
「――宇宙船の操縦ができるモタナ族を、エファ・モタナと呼びます」
「高名な〈放浪者〉ロルケーテが~」
「自分の故郷惑星の、話をしたり」
「高名な〈放浪者〉ロルケーテの故郷惑星は、この星系にあるのでした」

 海洋船《テラ・インコグニタ》は、クルハフェ大陸に到達。

「4人は~」
「森へ」
「――この森に、モタナ族がいるのね」
「――ららら~」
「4人は、モタナ族の現地女王アントロザの客人に」
「ゼフィダは、才能をみこまれて、英才教育」
「現地女王アントロザも~」
「その妹ガロンベも~」
「絶賛です」
「――すばらしい才能っ」
「――ららら~」
「ゼフィダは、攻撃上手なモタナ族〈裁きの歌い手〉の一員に」

 〈裁きの歌い手〉は、キブ・クラナーのクリュトゥモ基地を、攻撃。

「ハイパー嵐の影響で~」
「ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「宇宙船は、飛べないし~」
「宇宙船は、飛んでも、落ちるし~」
「クリュトゥモ基地に駐留するキブ・クラナー部隊」
「総勢、わずか30名」
「――ららら~」
「――ららら~」
「圧勝です」

□ 2218話「エファ・マトリックス」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2218.html ]

 新銀河暦1331年11月、〈ジャモンディの星海〉の惑星バイカル・ケイン――

「惑星統治官ラフィド=キブ=カルターは、困っています」
「ハイパー嵐の影響で~」
「ハイパー物理学的抵抗の影響で~」
「宇宙船は、飛べないし~」
「宇宙船は、飛んでも、落ちるし~」
「――!」
「――エファ・モタナを、使えばよいのだ!」

 惑星バイカル・ケインの〈聖なる山〉――モタナ族奴隷を鉱夫とする〈泡オパール〉鉱山――に、指令がとぶ。

「――惑星統治官ラフィド=キブ=カルター閣下より、入電?」
「――宇宙船操縦の資質があるモタナ族奴隷を、抽出せよ?」
「――ららら~」
「――よし、合格っ」
「資質のありそうなモタナ族奴隷1000人は、訓練キャンプへ」
「憶えているでしょうか?」
「モタナ族奴隷には、クリン・ヴァリド――毒針つきの首輪」
「逃げると、ぶっすり」
「従わざるを、えないのでした」
「――ららら~」
「――30点」
「モタナ族鉱夫は、歌を採点され~」
「偏差値の低いモタナ族奴隷は、即刻処刑」
「エファ・マトリックス――宇宙船操縦の資質――をもつ者だけが、生き残る」
「そんな中、頭角をあらわしたモタナ族奴隷がふたり」
「ひとりは~」
「――ほーら、ちゃんと歌わないと、双子の弟がこのとおり」
「――ゴルリンっ」
「――アイチャねーさんっ」
「――ららら~」
「という、アイチャさん」
「もう、ひとりは~」
「――アイチャには、負けられなくてよ」
「という、カレベさん」
「……」
「モタナ族奴隷は、ふたりを女王として2班に編成されました」

 そして、エファ・モタナ奴隷による、試験飛行。

「アイチャさんチームが、操縦担当」
「カレベさんチームは、待機組」
「惑星統治官ラフィド=キブ=カルターが、乗りこみます」
「――隣の星系の惑星アシュ・イルトゥモに、飛べっ」
「――巡洋艦《シャラヴドラ》、発進っ」

 無事、惑星アシュ・イルトゥモに、到着。

「――ららら~」
「――ららら?」
「現地基地は、すでに、モタナ族が制圧するところと、なっていたのでした」
「――ららら~」
「――ららら~」
「キブ・クラナー搭乗員は、敗北です」
「惑星統治官ラフィド=キブ=カルターは~」
「カレベさんを、返り討ち」
「でも~」
「アイチャさんの歌――念動力のようなもの――に、手の銃を操られ~」
「息絶えたのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 次回、高名な〈放浪者〉ロルケーテの物語?


d-information ◆ 290 [不定期刊] 2004/02/23
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]