rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

281 [2003/12/22]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2209 . Uwe Anton / Station der Oldtimer / オールドタイマーのステーション
2210 . Leo Lukas / Der Ilt und der Maulwurf / イルトとモグラ
2211 . Rainer Castor / Praetoria / プラエトリア
2212 . Hubert Haensel / Menschheit im Aufbruch / 旅立つ人類
2213 . H. G. Francis / Der Traum von Gon-Orbhon / ゴン・オルボンの夢
2214 . Hubert Haensel / Am Sternenriff / 星礁の縁

□ 2209話「オールドタイマーのステーション」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2209.html ]

 新銀河暦1331年、ハヨク星団、恒星ハヨクをめぐる惑星ハヨク――

「惑星ハヨクで発見された、オールドタイマーの太古施設」
「調査にきたのは、ふたりのミュータント」
「〈宇宙感知者〉にして、危険な〈黒い双子〉を召喚する、トリム・マラート」
「テレポーターにして〈探知者〉、スタータック・シュレーダー」
「――あっ、ハヨク星団の立体星図だ」
「――あっ、恒星の色が、青とか黄色とか赤とか……」
「――あっ、あんなところに、謎の転送機がっ」

 ふたりは、転送機で、恒星ハヨクのコロナに隠された太古施設へ――

「どうやら~」
「――ハヨク星団の128の恒星に、太古施設が、各1基」
「――恒星が動力源……これが本当の恒久施設?」

 余談ですが――

「トリムくんは~」
「〈最初のトレゴン〉から帰郷する、《ソル》の艦上で~」
「じつは、一児のパパに、なっていたのです」

 閑話休題――

「――あっ、ハヨク星団の立体星図だ」
「――あっ、その恒星、色が青から、黄色に……赤にっ」
「――!」
「――ひらめいた?」
「――ハイパー嵐の、影響で?」
「――〈ハイパー物理学的インピーダンス〉の、影響で?」
「――128基の太古施設は、つぎつぎ、防御バリア喪失?」
「――ばーん」

 ふたりは、さらに、調査――

「――あっ、オールドタイマーの彫像が~」
「――あっ、しゃべってる」
「――128基の太古施設が、全滅したら~」
「――〈ジャモンディの星海〉が、〈超空間繭〉から、通常空間に復帰?」
「――!」
「オールドタイマーの彫像が~」
「襲ってきました」
「――なぜ?」
「――ぼくら、詮索してはいけないコトを、詮索したのでは?」
「襲ってきます」
「――!」
「――むん」
「トリムは、やむなく、危険な〈黒い双子〉を召喚」
「――おらおらっ」
「オールドタイマーの彫像は、ボコボコです」
「――おらおらおらっ」
「オールドタイマーの太古施設も、ボコボコです」
「――おらおらおらぁぁぁっ」
「――やめろぉぉぉ、トリムっ」
「――はっ」
「――撤退だ、トリムっ」

 余談ですが――

「トリムくんは~」
「こんなに危険な〈黒い双子〉を召喚したり、するのですが~」
「じつは、もっと危険な息子の超能力に、殺されかけて、家出」
「妻と息子に、もう何年も、会っていない、とか、いう噂です」

 惑星ハヨクの太古施設――

「立体星図の恒星は、またひとつ赤くなったということです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 忘年会の季節は、つづくのです。


d-information ◆ 281 [不定期刊] 2003/12/22
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]