rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

280 [2003/12/15]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2208 . Arndt Ellmer / Agentennest Hayok / 工作員だらけのハヨク
2209 . Uwe Anton / Station der Oldtimer / オールドタイマーのステーション
2210 . Leo Lukas / Der Ilt und der Maulwurf / イルトとモグラ
2211 . Rainer Castor / Praetoria / プラエトリア
2212 . Hubert Haensel / Menschheit im Aufbruch / 旅立つ人類
2213 . H. G. Francis / Der Traum von Gon-Orbhon / ゴン・オルボンの夢

□ 2208話「工作員だらけのハヨク」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2208.html ]

 新銀河暦1331年、ハヨク散開星団近傍――

「中古スペースジェット《ディリシ》は、飛ぶ」
「搭乗者は、2名」
「ローダンの息子、天性の猛獣使いカンティラン」
「その友人、獣医マル・デタイル」
「カンティランは~」
「超常現象〈ジャモンディの星海〉探査に、行きたかった」
「でも、超知性体〈それ〉の使者ロト・ケレーテさんは、言いました」
「――惑星ハヨクから、太古技術〈銀球〉を、運んできたのです」
「――ペリーさんとアトランさんだけ、乗って、良いのです」
「――キミは、だめです」
「カンティランは、傷つきました」
「アルコン貴族社会の底辺で、いじめられて、育ってきたのです」
「自由テラナー連盟は、すばらしくフレンドリーな感じが、したのですが~」
「――ふん。権力者が特権を享受する構造は、所詮、どこもいっしょなのさ」
「と、いうより~」
「――オトナはみんな、嘘つきだっ」
「単に、拗ねたのでした」

 その、スペースジェット《ディリシ》の、危機。

「――ハイパー嵐の、影響で~」
「――超空間から、エネルギーが、汲めないよー」
「到達可能な有人惑星は、ハヨク――アルコン帝国領――のみ」
「が、このカンティラン少年」
「じつは、アルコン帝国艦隊提督ヴィヴォ家のアスカリ傷害事件の、犯人」
「とりあえず~」
「不時着します」

 惑星ハヨク――

「エシュマレ家のダリオさんは、アルコン人」
「アルコン社交界でも、顔がきく、グルメな殿様」
「が、このダリオさん」
「じつは、自由テラナー連盟が惑星ハヨクに展開したTLD工作員部隊の、長」
「とりあえず~」
「今日も、〈蔵〉の秘密基地から、檄をとばしたり」
「――先日の、超知性体〈それ〉の使者ロト・ケレーテの、足どりを追い~」
「――太古種族オールドタイマーのステーションを、探すのです」
「……」
「――?」
「――アルコン帝国の重鎮クラシン提督が、なぜ、惑星ハヨクを急遽訪問?」
「――そういえば、いきなり、工作員の事故報告が増えたような……」
「――あ」
「指名手配犯カンティランのせい、なのでした」

 その、カンティラン――

「カンティランの中古スペースジェット《ディリシ》は、不時着時に損壊」
「修理には、2週間」
「とりあえず~」
「カンティランとデタイルは、ヴァラウム市のテラナー街に潜伏していた」
「……」
「――!」
「――アルコン帝国艦隊、惑星ハヨクに到着?」
「――アルコン帝国艦隊提督ヴィヴォ家のアスカリの旗艦《カーリボ》も?」
「――クララセン――皇帝親衛隊――隊員シャロワインの《レオタルド》も?」

 その、アルコン帝国艦隊提督ヴィヴォ家のアスカリ――

「――おひさしぶり、クラシン提督」
「――なぜ、几帳の蔭に?」
「――先般、賊に負わされた傷が、いまだ癒えぬゆえ」
「――ほう」
「とか、貴族な会話」
「話題にあがるのは~」
「大計画――」
「アルコン帝国は~」
「要塞化したハヨクと、サウスサイドの両面から~」
「自由テラナー連盟を一気に攻略っ」
「という、作戦を進めているのです」
「もう、ひとつ~」
「コードネーム〈プラエトリア〉――」
「自由テラナー連盟は~」
「要塞化した惑星ルマルで~」
「なにやら、秘密の計画を準備中、とか」

 ふたたび、ハヨクTLD工作部隊隊長、エシュマレ家のダリオ――

「とりあえず~」
「今日も、〈蔵〉の秘密基地から、檄をとばしたり」
「――ペン・ラキ山脈で?」
「――オールドタイマーのステーション、発見?」
「……」
「――え」
「――クララセン、カンティランとデタイルを捕獲?」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 忘年会の季節ですね。


d-information ◆ 280 [不定期刊] 2003/12/15
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]