rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

264 [2003/08/25]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2191 . Michael Nagula / Alles für die Ewigkeit / すべてを永遠に
2192 . Claudia Kern / Wider den Seelenvampir / 吸魂鬼に叛いて
2193 . Rainer Castor / Rettungsplan Stimulation / 救済計画・刺激
2194 . Leo Lukas / Der Vierte Inquisitor / 第四異端審問官
2195 . Uwe Anton / VAIA erwacht / ヴァイア目覚める
2196 . Michael Nagula / METANU-Nabelplatz / メタヌ中心
2197 . Arndt Ellmer / Der Jahrmillionenplan / 2000万年計画

□ 2191話「すべてを永遠に」
[ http://www.perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2191.html ]

 新銀河暦1312年、〈最初のトレゴン〉で――

「《ソル》では、最終作戦を、準備中」
「――奪取した〈絶縁装置〉4基」
「――《ソル・セル1》に、1基目を」
「――《ソル》中央艦体に、2基目を」
「――《ソル・セル2》に、3基目を」
「――設置完了っ」
「――擬似コスモヌクレオチド〈メタヌ〉に、突入だっ」
「――発進ごーっ」
「――待てっ」
「――?」
「……」
「擬似コスモヌクレオチド〈メタヌ〉周囲は~」
「カチズ族の艦隊が、びっしり」
「なのです」
「……」
「――搭載艦に、〈絶縁装置〉4基目をっ」
「――設置完了っ」
「――テケナー陽動作戦隊っ」
「――発進ごーっ」

 ロナルド・テケナーとアルゴリアン2名は、惑星トゥラカメ2――アルゴリアン種族のかつての居住惑星――へ。

「アルゴリアン2名――永遠の恋人たち」
「――わたしは、レ・アニャンテ」
「――ぼくは、クルカリェン・ヴァランティル」
「――あなた、わたし、赤ちゃんができたの」
「――ハニーっ」
「――こんなとき、なにやってんだか」
「……」
「3人は~」
「ステーション〈ステイシス1〉――惑星トゥラカメ2を周回する――に乗船」
「――〈最初のトレゴン〉の中枢星系トレゴン・チェンチャに、突撃だっ」
「――発進ごーっ」
「……」
「――いえぃっ」
「陽動作戦は、成功したようです」

 一方――

「《ソル》では、最終作戦の、最後の準備中」
「――《ソル・セル2》に、子供たちを移乗させましょう」
「――《ソル・セル2》、分離っ」
「――がっこん」
「……」
「――さあっ」
「――《ソル・セル1》と中央艦体は~」
「――擬似コスモヌクレオチド〈メタヌ〉に、突入だっ」
「――発進ごーっ」
「――いやですっ」
「――?」
「……」
「――艦載脳〈セネカ〉が、発進を拒否してます」
「――〈セネカ〉?」
「――上のモノから、指令があったのです」
「――?」
「――《ソル・セル2》も、いっしょに突入するのです」
「――がっこん」
「……」
「みんな、忘れようとしていたのですが~」
「現在、《ソル》は、謎の存在の制御下にあるのでした」

 《ソル》――《ソル・セル1》と中央艦体と《ソル・セル2》――は、擬似コスモヌクレオチド〈メタヌ〉に、突入した。

 次回、舞台はトラドム銀河。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 月のきれいな晩だった、のかなぁ……。


d-information ◆ 264 [不定期刊] 2003/08/25
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]