rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

256 [2003/06/30]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2183 . Ernst Vlcek / Mit den Augen der Cishaba / キシャバの目を通して
2184 . Arndt Ellmer / Orakel in Gefahr / 受難の賢者
2185 . Uwe Anton / Souverän der Vernunft / 理性の宗主
2186 . Uwe Anton / Der neue Souverän / 新宗主
2187 . Horst Hoffmann / Die schwebenden Stadte / 浮遊都市
2188 . Leo Lukas / Gekapert / 拿捕されて
2189 . H. G. Francis / Geheimnis der Kattixu / カチズ族の秘密

□ 2183話「キシャバの目を通して」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2183.html ]

 新銀河暦1312年5月、銀河系中心部――

「シンジュネ・トリア――愛称ジュネさん」
「一見、普通のきれいなお姉さんですが~」
「じつは、TLDエージェント」
「ドロンプ第5惑星で、とあるパーティに参加中~」
「――き!」
「突如、狂気にかられ、暴走する人々」
「――精神攻撃?」
「TLDエージェントは、精神安定化手術をうけています」
「だから~」
「ジュネさんに、精神攻撃の影響は、ないはず」
「しかし~」
「少々、幻覚と幻聴が、あったのです」
「――昆虫?」
「――〈あるものすべて、終わるべし〉?」
「……」
「――とにかく、脱出よっ」
「――攻撃者を、さがすのよっ」
「探知しました」

 直径およそ1000km――巨大な物体の、ぼんやりした影。
 おそらく、その実体は、超空間にある。

「――テラのTLD本部に、中継してちょうだいっ」
「緊急通信を中継するのは、USO」
「――おお、ジュネさん、キミは、なんて美しいんだっ」
「緊急通信を横取りしたのは、USOのロワ・ダントン」
「――《トラヤヌス》、緊急発進っ」

 《トラヤヌス》は、全土を狂気がみまったドロンプ第5惑星から、ジュネを救出。

「《トラヤヌス》は、巨大物体に、むかう」
「突如、狂気にかられ、暴走する人々」
「――精神攻撃?」
「でも、乗員の大半は、精神安定化手術をうけています」
「だから~」
「精神攻撃の影響は、ないはず」
「しかし~」
「少々、怪奇な現象が、あったのです」
「――きしゃー?」
「――!」
「被害者――通信主任、ダリア・アルギュラさん」
「もちろん、精神安定化手術をうけた人です」
「別のモノと、ココロが入替わってしまったようです」
「――え?」
「――!」
「相手――昆虫のような種族――の肉体が死んだら、もどってきました」
「――巨大物体の乗員キシャバと、入替わっていたのです」
「――精神安定化手術をうけた人は、狂気にならずに、入替わるのですな」
「――デュアルサイト現象とでも、命名しておきましょう」

 ロワ・ダントンは、無謀な計画を実現にうつす。

「――オレは、行くぜっ」
「――わたしも、行くわっ」
「……」
「ふたたび、今度は意図的に発生させた、怪奇な現象」
「――きしゃー?」
「――!」
「ふたりのココロは、巨大物体へ」
「……」
「巨大物体《クロ・ゴム・アト》は、ほとんど胞子船でした」
「銀河点火弾――クロ・ゴム――を、搭載しているのです」
「超空間に、錨をおろし~」
「指令が、くだれば~」
「キシャバたちは、《クロ・ゴム・アト》を、銀河系中央ブラックホールへ」
「銀河点火弾は、銀河系全域の重力線を、操作」
「恒星すべては、一瞬で、プラズマ化」
「するでしょう」
「――〈あるものすべて、終わるべし〉っ」
「――〈あるものすべて、終わるべし〉っ」
「キシャバにとって、破滅が信条」
「宗教的な熱情に駆られていたり、するのでした」

 キシャバの〈死の祭儀長〉から、情報収集。

「――完全に、錨をおろしてしまえば~」
「――外界との連絡は、もはやありえんっ」
「――〈あるものすべて、終わるべし〉っ」
「……」
「ロワ・ダントンとジュネさんのココロは~」
「――銀河点火弾を、損壊だっ」
「――銀河点火弾を、破壊よっ」
「巨船《クロ・ゴム・アト》の、中心部」
「回転する、怪異な球体」
「――警固兵がっ」
「――警固ロボットがっ」
「破壊、かなわず」
「この場合~」
「完全に錨がおりる前に、情報だけでも、もちかえるべきでしょう」
「――撤退だっ」
「――撤退ねっ」
「ロワ・ダントンとジュネさんは~」
「警固ロボットの前に、仁王立ち」
「――ずぎゅーん」
「――ばきゅーん」

 宿主キシャバの死により、ふたりの精神は解放される。

「……」
「もどってきたのは、ひとり」
「ロワ・ダントン、だけ、でした」
「――ジュネさん。ぐっすん」

 追記:
 銀河系内に侵入したカタマー艦92隻は、すべて撃沈されたようです。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 こんなところ、みたいです。


d-information ◆ 256 [不定期刊] 2003/06/30
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]