rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

251 [2003/05/26]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇クルト・ラスヴィッツ賞


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2178 . Arndt Ellmer / Zentrale des Zirkulars / 循環司令部
2179 . Michael Nagula / Akreols Welt / アクレオルの世界
2180 . Rainer Castor / Objekt Armaire / 物体アルマイレ
2181 . Hubert Haensel / Die Liebenden der Zeit / 時の恋人たち
2182 . Hubert Haensel / Der THOREGON-Plan / トレゴン計画
2183 . Ernst Vlcek / Mit den Augen der Cishaba / キシャバの眼とともに
2184 . Arndt Ellmer / Orakel in Gefahr / 危難の神託

□ 2178話「循環司令部」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2178.html ]

 舞台は、〈最初のトレゴン〉の惑星チチャト――モチチ族の母星。
 登場するは、アラスカ・シェーデレーアとUSO司令官モンキー。

【前号のお詫び】

「――あ、カチズ族の巨大母艦が、廃墟上空にっ」
「覚醒した太古の原住民アルゴリアン2名と~」
「廃墟の地底へ、潜伏」

 原住民アルゴリアンは、停滞場の〈棺〉で眠ったまま、でした。
 訂正してお詫びします。

【今回の話】

「絶体絶命?」
「否」
「アラスカとモンキーをかくまうモチチ族には、秘策がある」
「惑星チチャトの、地下高速鉄道網で、ゴーっ」
「遠方の宇宙港から、無人貨物船に潜伏して、ゴーっ」
「アルゴリアンの〈棺〉も、いっしょです」
「……」
「同行する、モチチ族の女村長エレ・ギルは、語る」
「――太古種族アルゴリアンは、〈トレゴン神の寵臣〉なのです」
「――ふむっ」
「――モチチ族より前に、ヘリオートスに抗戦していたのです」
「……」
「モンキーにつきまとう、ラムーニ鳥は、告げる」
「――アルゴリアン、生きてるーに」
「――ふむっ」
「――アルゴリアン、1万年寝てるーに」

 アラスカとモンキーは、モチチ族のエレ・ギルの案内で、星団辺縁のアステロイド群へ。

「同行する、モチチ族の女村長エレ・ギルは、語る」
「――ここが、反体制組織〈循環〉の司令部なのです」
「――ふむっ」
「――そして、わたしが、〈循環〉の指導者なのです」
「……」
「〈循環〉のディレクター、エレ・ギルは、語る」
「――はじめ、〈アルマイレ〉に、おおぜいのモチチ族が出稼ぎに」
「――ふむっ」
「――でも、ひとりも、帰ってきません」
「――ふむっ」
「――村の若者ロコ・ケンプシは、コスモクラートに直訴を、と」
「――むっ」
「――でも、帰ってきません」
「……」
「アラスカは、語る」
「――なら、《ソル》解放に、力を貸すのです」
「――?」
「――《ソル》なら、ヘリオートスと戦えるです」

 その時――

「――あ、カチズ族の巨大母艦が、アステロイドに接近っ」
「絶体絶命?」
「否、モチチ族には、秘策がある」
「突如~」
「アステロイド群は、大爆発ばーん」
「破片にまぎれて~」
「〈循環〉司令部――宇宙船《イルデラ・ネナルダ》は、発進ゴーっ」
「超空間に、逃走したのでした」

 以下次号。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆クルト・ラスヴィッツ賞

 本年のクルト・ラスヴィッツ賞は、以下のとおり。
 2002年の成果に対して贈られるため、各賞の正式な呼称は、「2002年の最優秀長編」等。

□ Kurd Laßwitz Preis

・Bester Roman 長編部門
 Michael Marrak / Imagon / イマゴン

・Beste Kurzgeschichte 短編部門
 Erik Simon / Spiel beendet, sagte der Sumpf / ゲームは終わりと沼が言う
 ――短編集 Sternbilder『星座たち』収録

・Bestes auslandisches Werk 海外部門
 China Mie'ville / Perdido Street Station / Die Falter, Der Weber / 蛾 蜘蛛
 ――原作『ペルディド通り駅』は1巻。独訳では2分冊

・Bester Übersetzer 翻訳部門
 Eva Bauche-Eppers
 ――海外部門受賞作の翻訳にたいして

・Beste Graphik アート部門
 Thomas Thiemeyer
 ――Ben Bova 著 Jupiter『木星』の装丁画にたいして

・Bestes Hörspiel ラジオドラマ部門
 該当作なし

・Sonderpreis 特別賞
 Hans-Peter Neumann / Die große illustrierte Bibliographie der Science Fiction in der DDR / 絵で見る東独SF書籍大目録

【関連サイト】
・クルト・ラスヴィッツ賞のサイト
[ http://www.epilog.de/go/klp/ ]


◆今回のひとこと

 サムライを呼んでも、良いコトないような……。


d-information ◆ 251 [不定期刊] 2003/05/26
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]