rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

227 [2002/12/09]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2151 . Hubert Haensel / Zentrum der Inquisition / 異端審問の中枢
2152 . Horst Hoffmann / Der Markt der Ito / イトの市場
2153 . H. G. Francis / Die Tributschmiede / 貢物鍛冶
2154 . Michael Nagula / Größer als das Leben / 生命より大切な
2155 . Arndt Ellmer / Zebucks Hort / ゼブクの本拠地
2156 . Susan Schwartz / Stimme des Propheten / 預言者の声
2157 . Susan Schwartz / Die Wurmreiter / 虫乗りたち
2158 . Horst Hoffmann / Das blaue Schiff / 青い船
2159 . Robert Feldhoff / Raumschiff LEUCHTKRAFT / 宇宙船《光力》

□ 2151話「異端審問の中枢」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2151.html ]

 トラドム帝国艦隊の2度の侵攻を、からくも阻止した銀河系陣営。
 撤退するトラドム帝国の傷ついた円盤艦を、自由テラナー連盟の追跡巡洋艦 《ジャーニー》が、追う。

「操縦するのは~」
「エモシオ航法士ジム・ノーベンバー」
「乗員は~」
「テス・クミシャ」
「ジャキンタのベンジャメーン」
「ミニ象のノーマン」
「他」
「と~」
「賓客のマークス、グレク665 1/2」
「2分の1?」
「半分?」
「グレク665は、〈レムシム〉――レムール情動シミュレータ――装備」
「グレク665の心に、人間の感情のようなものを、惹起するのです」
「――グレク665は、半分、人間のようなものだよー」
「で、名前のうしろに、つけてみました〈半人前〉」
「――わーい」
「アンドロメダ銀河で、追跡巡洋艦《ジャーニー》一行に遭遇」
「――ともだち、すばらしいよー」
「人間の感情のようなものが、暴走したようです」
「――グレク665半人前も、いっしょに行くよー」
「ま、そんな次第だったのでした」

 傷ついたトラドム帝国円盤艦は、トラドム銀河中枢部へ。
 追跡巡洋艦《ジャーニー》は、追う。

「――この方向は、もしや、悪名高い拷問惑星シブカダム?」
「――というより、3.27光年となりの黄色恒星が、目的地みたい」
「恒星系の名は、トラピツ」
「10の惑星が、周回する」
「航宙図を調べても、なんのマークもありません」
「でも~」
「追跡巡洋艦《ジャーニー》の探知機器、鳴りやまず」
「どうやら~」
「第3惑星セロナは、商業惑星」
「第4惑星ジョンタグは、軍事工業惑星」
「すごい星系みたいです」
「――まさか?」
「――〈理性の異端審問〉の重要星系?」

 傷ついたトラドム帝国円盤艦は、恒星トラピツの第8惑星ケール――メタン 惑星――軌道に遊弋する巨大ステーションに接舷。
 やがて、円盤艦は爆発し、巨大ステーションも誘爆。

「とにかく~」
「すごい星系なので~」
「――潜入?」
「――潜入だ!」
「――ぱお」
「――グレク665半人前も、いっしょに行くよー」
「テス・クミシャと~」
「ジャキンタのベンジャメーンは~」
「なぜか、ミニ象のノーマンと~」
「グレク665 1/2を連れて~」
「とりあえず、惑星ケールの第3衛星トラ・ケールに、潜入」

 だが、直後、トラピツ星系警固軍が、追跡巡洋艦《ジャーニー》を発見。
 被弾した追跡巡洋艦《ジャーニー》は、トラピツ星系脱出を余儀なくされる。

「トラピツ星系は~」
「奴隷を労働力として、工業・商業活動を維持しているみたいです」
「――奴隷?」
「――奴隷のふりして、逃げよう!」
「――ぱお」
「――グレク665半人前も、奴隷のふりするよー」
「……」
「――おーい、奴隷のヒトは、こっちの転送機だよ」
「――へーい」

□ 2152話「イトの市場」
[ http://perry-rhodan.net/produkte/hefte/1/2152.html ]

「転送機のゲートのむこうは、惑星ケールの第2衛星トラ・イト」
「イト族という奴隷商人種族が~」
「奴隷市場を、開催していたのでした」
「……」
「――メタン種族とは、めずらしい。売ってください」
「――売りものと、ちがうよー」
「メタン種族の奴隷がほしいイト族に~」
「襲撃されたり~」
「〈白豹〉とかいう快男児に~」
「助けられたり~」
「ふたりと1匹と半人前の逃走は、つづくのです」

 そのころ、〈星界の窓〉宙域――

「――発進ゴーっ」
「――負けないわよっ。発進ゴーっ」
「自由テラナー連盟政庁主席ローダンの、《レイフ・エーリクソン》と~」
「アルコン神聖帝国提督ヴィヴォ家のアスカリの、《カーリボ》が~」
「ふたりと1匹と半人前を救出しようと、緊急発進」
「……」
「いつもの流れだねー」
「まーねー」

 つづく。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 新刊のタイトル、まだ、発表されてないのです。


d-information ◆ 227 [不定期刊] 2002/12/09
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]