rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

203 [2002/06/24]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2127 . Arndt Ellmer / Kampf der Titanen / 巨人たちの戦い
2128 . H. G. Francis / Der Plan der Mascantin / マスカントの計画
2129 . Horst Hoffmann / Der Gewährsmann / 情報提供者
2130 . Susan Schwartz / Der Wurm der Aarus / アールスの芋虫
2131 . Susan Schwartz / Der Schwarmer / 虫使い
2132 . Claudia Kern / Der Saltansprecher / サルタン代弁者
2133 . Arndt Ellmer / Das Gericht der Prinzenkrieger / 戦士公裁判
2134 . Ernst Vlcek / Vorstoß nach Vision / ヴィジョン突撃
2135 . Horst Hoffmann / Der Zeitbrunnen / 時の泉
2136 . H. G. Francis / Die Trümmerscouts / 廃墟偵察隊

□ 2127話「巨人たちの戦い」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2127.html ]

 新銀河暦1311年、銀河系――
 トラドム帝国がハヨク散開星団に開いた〈星界の窓〉――周囲は、超光速航行を阻止するアーゲンフェルト・バリアと封鎖艦隊――レジナルド・ブル麾下の自由テラナー連盟艦隊、アルコン神聖帝国艦隊、ポスビ支援艦隊からなる――が囲む。

「自由テラナー連盟艦隊――」
「ソル系の研究施設〈水星アルファ〉の発案により~」
「パラトロン・バリアの調整」
「MVH砲――多種切替高エネルギー砲――の調整」
「――どんとこい、トラドム帝国!」

 トラドム帝国の征服士トラー・ローグ――高重力惑星パリクチャの基地とカタマー艦1隻を失った――は、残り6隻のカタマー艦と合流。

「――ハヨク散開星団の〈星界の窓〉を、突破せよっ」
「――!」
「――アーゲンフェルト・バリアの機密情報を、祖国に届けるのだぁぁっ」
「――!」
「――きーっ!」
「カタマー艦6隻は~」
「ハヨク散開星団へ」
「征服士トラー・ローグは~」
「単身、ソル系の第4惑星トロカンへ」

 USO司令官オクストーン人モンキー――高重力惑星パリクチャを破壊し、無事脱出――は、USOの巨艦《トラヤヌス》――カタマー艦1隻を撃破――に、無事到達。

「――ハヨク散開星団の〈星界の窓〉へ、発進せよっ」
「――!」
「――レジナルド・ブルの《ロアルド・アムンゼン》を、支援するのだぁぁっ」
「――!」
「――ごーっ!」
「USOの巨艦《トラヤヌス》は~」
「ハヨク散開星団へ」
「USO司令官オクストーン人モンキーは~」
「単身、ソル系の第4惑星トロカンへ」
「――?」
「――やつは、かならず来る」

 ハヨク散開星団の〈星界の窓〉――周囲は、超光速航行を阻止するアーゲンフェルト・バリアと封鎖艦隊――レジナルド・ブル麾下の自由テラナー連盟艦隊、アルコン神聖帝国艦隊、ポスビ支援艦隊からなる――が囲む。

「アルコン神聖帝国艦隊――」
「新型戦艦グワロン級1000隻が到着」
「艦隊再編中」
「一見、味噌汁椀にバリアで丸蓋したみたいな、奇特な形状ですが~」
「アルコン神聖帝国皇帝ボスティク1世は、鼻高だか」
「――どんとこい、トラドム帝国!」

 そこに、トラドム帝国の征服士トラー・ローグの命をうけたカタマー艦6隻が強襲。

「敵は、わずかに6隻」
「でも」
「アーゲンフェルト・バリア?」
「効果なし」
「調整パラトロン・バリア?」
「思ったほど効果なし」
「グワロン級?」
「活躍なし」
「……」
「ポスビ支援艦隊は、蹴ちらされ~」
「アルコン神聖帝国艦隊は、押しこまれ~」
「自由テラナー連盟艦隊も、被害甚大」
「現地司令官レジナルド・ブルの《ロアルド・アムンゼン》、危機一髪っ」
「――ごごご」
「そのとき」
「《ロアルド・アムンゼン》に急接近する、巨大な影」
「直径2500メートルの球形艦」
「嗚呼っ、USOの巨艦《トラヤヌス》」
「――ばばーん」
「――どどーん」
「カタマー艦、あっさり撃沈」
「艦長トム・アベルティンは、叫ぶ」
「――カタマー艦、恐れるに足りずっ」
「――ごごっ」
「士気を回復した~」
「自由テラナー連盟艦隊と~」
「アルコン神聖帝国艦隊と~」
「ポスビ支援艦隊は~」
「複数艦連携による集中砲火で、カタマー艦を各個撃破」
「ついに、トラドム帝国のカタマー艦6隻、全艦撃沈」
「――やったぜっ」
「――おおっっ」

 ソル系の第4惑星トロカン――トラドム帝国の征服士トラー・ローグは、小型艇で、ソル系のアーゲンフェルト・バリアを突破。〈骸兵〉――情報処理施設でも使用されていた有機部品――を背に負い、単身、地表のパラトロンバリアを突破。ピルツドーム――〈トレゴンの使徒〉の移動手段〈永遠への架け橋〉の入り口――をめざす。

「が」
「そこに」
「立ちふさがる、ひとりの男」
「USO司令官オクストーン人モンキー」
「トラドム帝国の征服士トラー・ローグ」
「ふたつの視線が、からみあう」
「――とおっ」
「――うりゃっ」
「オクストーン人モンキーの鋼の肉体が、躍動」
「征服士トラー・ローグの背嚢の有機部品〈骸兵〉が、もぞぞっ」
「――とおっ」
「――うりゃっ」
「有機部品〈骸兵〉の、すごいヒュプノ波が~」
「オクストーン人モンキーの思考を、圧迫」
「――うっ」
「有機部品〈骸兵〉の、パラ現実能力が~」
「征服士トラー・ローグとオクストーン人モンキーを、紫色のパラ現実の異界に吸引」
「――うっ」
「そして、征服士トラー・ローグの頭部を飾る王冠の20本の突端――はずせば、じつは、投げナイフ――が~」
「飛んでくるのです」
「――うっ」
「さしもの鋼の肉体も、20本のナイフをうけて、ばったり」
「――ぴくぴく」
「征服士トラー・ローグは、勝利を確信」
「――じりっ」
「とどめを刺してやる」
「――じりっ」
「にじりよる、征服士トラー・ローグ」
「だが」
「瀕死のオクストーン人モンキーの闘魂は、まだ熱く燃えていた」
「――だーっ」
「勝敗をわけたのは、オクストーン人モンキーの、渾身の大技っ」
「フライングボディプレスアタック」
「……だったとか」

 翌日、USO司令官オクストーン人モンキーは、衛星ミマスの病棟で意識をとりもどし、自由テラナー連盟情報機関TLDの長官ノヴィエル・レジドルから、事の顛末を知る。
 ハヨク散開星団の〈星界の窓〉の会戦のさなか、カタマー艦が放出したゾンデ――おそらく、アーゲンフェルト・バリアの機密を携えた――が一基、〈星界の窓〉を抜けた。
 トラドム帝国の征服士トラー・ローグは、目的を果たしたのだ。
 そして、征服士トラー・ローグの遺体の調査から判明した奇妙な事実――有機部品〈骸兵〉の組成は、テラナーの脳と同じ?

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 この宇宙、まともな指揮官、いないのか……。


d-information ◆ 203 [不定期刊] 2002/06/24
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]

バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]