rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

202 [2002/06/17]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2125 . Hans Kneifel / Der Dunkle Nert / 暗黒のネルト
2126 . Rainer Castor / Signalkode Feuerblume / 暗号名・炎花
2127 . Arndt Ellmer / Kampf der Titanen / 巨人たちの戦い
2128 . H. G. Francis / Der Plan der Mascantin / マスカントの計画
2129 . Horst Hoffmann / Der Gewährsmann / 情報提供者
2130 . Susan Schwartz / Der Wurm der Aarus / アールスの芋虫
2131 . Susan Schwartz / Der Schwarmer / 虫使い
2132 . Claudia Kern / Der Saltansprecher / サルタン代弁者
2133 . Arndt Ellmer / Das Gericht der Prinzenkrieger / 戦士公裁判
2134 . Ernst Vlcek / Vorstoß nach Vision / ヴィジョン突撃
2135 . Horst Hoffmann / Der Zeitbrunnen / 時の泉

□ 2125話「暗黒のネルト」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2125.html ]

 新銀河暦1311年、銀河系――
 アーゲンフェルト・バリアの情報漏洩――その経路は、水星の薄明地帯の研究施設〈水星アルファ〉から、恒星ソルのコロナに隠れた不審船へ、さらに、スティフターマン第3惑星周回軌道の巨船《バジス》へ。
 自由テラナー連盟情報機関TLDと新USOは、いそぎ、巨船《バジス》潜入部隊を編成。

「超空母《バジス》――」
「老朽化、著しく~」
「民間に払下げられたり、して」
「ひところは~」
「宇宙マフィア〈ギャラクティック・ガーディアン〉の、超カジノ」
「いまは~」
「スプリンガー、ジャヴシンが経営する、超ゲームセンター」
「過酷なゲームが、日夜、開催されているのです」
「死の罠だって~」
「てんこもり」

 潜入部隊は、ゲームを隠れ蓑に、巨船《バジス》に繋留中の、スプリンガー船《ガプ10》を偵察。

「スプリンガー船《ガプ10》」
「スプリンガー、ガプロン氏族の、最新鋭船」
「――おおっ」
「スプリンガー先端技術っ」
「超先端技術っ!」
「恒星ソルのコロナに隠れていた不審船は、やはり?」
「このスプリンガー船《ガプ10》?」
「――よしっ」
「USOの先端技術っ」
「超先端技術っ!」
「マイクロスパイを、潜入させると~」
「――トラドム帝国の憲兵エヴァレンターがいる」
「――トラドム帝国の紋章も、あります」
「――あとは……あれ、なんだ?」
「――情報処理施設の一部?」
「――でも、人間の脳みたいに、見えるであります」
「トラドム帝国の先端技術っ」
「超先端技術っ!」
「技術も、いろいろ――なのです」

 スプリンガー船《ガプ10》が、船載転送機から搬送する資材の山。
 資材の行く先は――おそらく、行方の知れぬトラドム帝国のカタマー艦7隻。

□ 2126話「暗号名・火花」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2126.html ]

 ハヨク散開星団の〈星界の窓〉――トラドム帝国が銀河系侵攻のため設置した銀河間連絡路――にしかけられた妨害工作から、トラドム帝国のカタマー艦隊は銀河系への進軍はならず、先行したトラドム帝国の征服士トラー・ローグと、麾下のカタマー艦7隻は、銀河系で孤立無援の諜報作戦を展開していた。
 トラドム帝国の征服士トラー・ローグは、スプリンガー、ガプロン氏族と同盟。超重族にも通じ、ほとんど人のよりつかない高重力惑星パリクチャに基地をおく。
 いま、トラドム帝国基地内部の情報処理施設では、アーゲンフェルト・バリアの情報解析が、進行中。

「わびしいトラドム帝国基地の、司令室」
「征服士トラー・ローグは、やさぐれています」
「思い出すのは~」
「もらった、イメージ・ビデオ」
「自由テラナー連盟を訪問したとき、親書がわりに交換したやつ」
「すっごいのを、あげて~」
「すっごいのを、もらったのでした」
「……」
「監督――」
「自由テラナー連盟政庁主席ペリー・ローダン」
「タイトル――」
「テラナーは、悪魔の言いなりにはならないっ」
「ラストシーン――」
「自由テラナー連盟政庁主席ペリー・ローダン、銃をかまえてガッツポーズ」
「征服士トラー・ローグの、のーみそバンっ」
「……」
「――きーっ」

 一方、自由テラナー連盟情報機関TLDの長官ノヴィエル・レジドルは、USO司令官オクストーン人モンキーと、銀河系に潜伏するトラドム帝国部隊の殲滅で合意。
 USOによるトラドム帝国部隊掃蕩作戦――暗号名は〈火花〉。
 USOロボット部隊とUSO司令官オクストーン人モンキーそのひとが、トラドム帝国の物資補給路にまぎれ、惑星パリクチャのトラドム帝国基地へ。

「同じころ」
「USO司令部キントセンターを発進する、巨大な影」
「――ごごご」
「かつて、太陽系帝国の時代に、一世を風靡し~」
「今日は、マニアのコレクションにのみ、その姿をとどめる~」
「直径2500メートルの球形艦」
「艦名を、《トラヤヌス》」
「――ごごごご」
「旧USO崩壊の日から、今日まで~」
「司令部キントセンターの工廠に、建造中のまま、放置され~」
「いま、新USOの超先端技術――かつての秘密組織キャメロットの巧の技――で、蘇ったのです」
「――ごごごごご」
「大艦巨砲主義時代の、過剰な兵装」
「おまけに、前代未聞の超重コンバーター砲を、極砲塔に1門」
「制御系は、高速の先進技術」
「艦長トム・アベルティンは、叫ぶ」
「――カタマー艦、恐れるに足りずっ」
「――ごごっ」

 USO司令官オクストーン人モンキーは、惑星パリクチャのトラドム帝国基地内部を探索。情報処理施設の有機部品――脳のように見える――を介し、情報収集をはかるが、不首尾におわる。
 トラドム帝国基地内部に警報。
 USO司令官オクストーン人モンキーは、やむなく、トラドム帝国基地内部でアルコン爆弾を点火する。
 トラドム帝国征服士トラー・ローグは、炎上する惑星パリクチャから、小型艇で脱出。近隣遊弋中のカタマー艦1隻とともに、星系離脱をはかる。

「そのとき」
「惑星パリクチャに急接近する、巨大な影」
「――ごごご」
「直径2500メートルの球形艦」
「艦名を、《トラヤヌス》」
「――ごごごご」
「大艦巨砲主義時代の、過剰な兵装」
「おまけに、前代未聞の超重コンバーター砲を、極砲塔に1門」
「制御系は、高速の先進技術」
「――ばばーん」
「――どどーん」
「カタマー艦は、自慢のバリアも甲斐なく、超重コンバーター砲の一撃に沈んだのでした」
「艦長トム・アベルティンは、叫ぶ」
「――カタマー艦、恐れるに足りずっ」
「――ごごっ」

 トラドム帝国の征服士トラー・ローグの小型艇は、かろうじて星系を離脱。

「すごいぞ、《トラヤヌス》!」
「と、いうより、こまったヒトたちに刃物……みたいな」

□ 追記:エヴァレンター

 ヴァレンター――トラドム帝国の官吏とか、いうことらしい。

「階級は~」
「下から~」
「――エヴァレンター」
「――ディヴァレンター」
「――シヴァレンター」
「――ブヴァレンター」
「――アルハンヴァレンター」

 以後、「エヴァレント人」は「エヴァレンター」と表記します。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 EDCBA……アルファベットですね。


d-information ◆ 202 [不定期刊] 2002/06/17
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]