rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

191 [2002/04/01]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2115 . Rainer Castor / Anguelas Auge / アングエラの眼
2116 . Arndt Ellmer / Sturm auf den Irrläufer / 放浪惑星強襲
2117 . Horst Hoffmann / Der 5-D-Planet / 5次元惑星
2118 . Leo Lukas / Quintatha / クィンタータ
2119 . Horst Hoffmann / Der letzte Sturm / 最後の嵐
2120 . H. G. Francis / Assassine an Bord / 艦内に暗殺者
2121 . Susan Schwartz / Turm der Visionen / 展望の塔
2122 . Ernst Vlcek / Die Prinzenkrieger / 王子戦士
2123 . Ernst Vlcek / Wahnzeit / 狂った時間
2124 . Uwe Anton / In der Zwielichtzone / 薄明地帯で

□ ゲスト作家 Claudia Kern

 Claudia Kern が、ゲスト作家として Rhodan-Heft Nr.2132 を担当する。
 1967年生まれ。学生時代、ビジュアルSF誌 Space View を編集。以後、映像がらみの仕事をしてきたらしい。最近では、W. K. Giesa とともに、ヘフト Professor Zamorra の執筆にも参加。

□ 2115話「アングエラの眼」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2115.html ]

 トラドム銀河――

「グッキー死す……!?」
「の、訃報? をうけて~」
「ローダンの《レイフ・エーリクソン》は、急旋回」
「トラドム銀河の商業中枢のひとつ、惑星ポンバル方面へ」
「アスカリさんの《カーリボ》は、直進ゴー」
「地元民ジャンカロンのコジト宇宙戦闘艇――エルタン人製――の先導で~」
「トラドム銀河と隣接銀河テレラニヤのあいだの、物質橋へ~」
「〈アングエラの眼〉――トラドム帝国の〈鼓動〉――へ~」
「偵察に、むかったのでした」

 一方、銀河系側――
 〈星界の窓〉警戒艦隊を指揮するレジナルド・ブル。

「トラドム帝国の4基の〈星界の窓〉発生ステーションは~」
「防御堅固」
「攻略不能」
「次善の策として~」
「〈星界の窓〉の周囲を、アーゲンフェルト・バリアで封鎖してみたり」

 トラドム銀河とテレラニヤ銀河のあいだ――

「アスカリさんの《カーリボ》は、〈アングエラの眼〉――直径5000光年のエネルギー凝集体――に、到達」
「――突入よっ」
「ちょっと、潜ってみました」
「――むりです」
「すぐ、あがってきました」

 やがて、《カーリボ》は、〈アングエラの眼B〉――〈アングエラの眼〉から85光年の軌道を、5万2000年かけて周回する、直径1.2光年のエネルギー凝集体――を発見。

「――突入よっ」
「ちょっと、潜ってみました」
「――むりです」
「すぐ、あがってきました」

 やがて、トラドム帝国のカタマー艦36隻が、《カーリボ》を発見。

「――撤退よっ」
「ちょっと、リニア駆動してみました」
「――!」
「――?」
「《カーリボ》は、通常空間に吐き出されます」
「通常空間?」
「星もない、分子もない、漆黒の虚空」
「絶対真空」
「唯一探知したのは、直径19km、厚さ6kmの円盤型構造物」
「――ここは、〈アングエラの眼B〉の内側?」

 そこに、《カーリボ》を追撃するトラドム帝国のカタマー艦が、実体化。
 アスカリは戦闘を覚悟。まず、格納庫のコジト宇宙戦闘艇を射出する。

「そのとき」
「〈アングエラの眼B〉の円盤型構造物から、攻撃っ」
「――!」
「――?」
「トラドム帝国のカタマー艦、逃走」
「つまり~」
「円盤型構造物は~」
「コジト宇宙戦闘艇――エルタン人製――を、味方と認識したのです」

 《カーリボ》は、なんの妨害もなく、円盤型構造物へ。

「直径19kmの円盤型構造物」
「中心部に、直径8kmの穴」
「穴の中央にうかぶ、直径812mの球状構造物」

 アスカリは、球状構造物の開口部から、無人の中央司令室へ。

「やはり、エルタン人関連の技術施設のようです」
「パネルをみると~」
「周辺宙域の、同種の施設の配置図のようです」
「――ふぅん」
「アスカリさん、満足気です」
「――これで、ローダンの鼻をあかしてやれるかも」
「――るん」

 アスカリの《カーリボ》とコジト宇宙戦闘艇は、調査成果をたずさえ、〈アングエラの眼B〉を無事脱出。
 ローダンの《レイフ・エーリクソン》と合流すべく、トラドム銀河にむかう。

 一方、銀河系側――〈星界の窓〉警戒艦隊を指揮する、レジナルド・ブル。

「アルコン神聖帝国から、加勢がやってきました」
「25万隻と皇帝陛下の御座艦隊〈アルク・インペリオン〉」
「と、皇帝ボスティク1世陛下」
「――うちの部下には、提督の自覚がないようだな」
「陛下は、単艦《カーリボ》で遠征中のアスカリさんに、ご立腹」
「――うちの上司なんて、昔っからです」
「ブリーは、とっくに、あきらめているのでした」
「ともあれ~」
「〈星界の窓〉警戒艦隊、現在、41万隻」

 つづく。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・ビジュアルSF誌 Space View
[ http://www.space-view.de/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 花見、いきたいんですけど。


d-information ◆ 191 [不定期刊] 2002/04/01
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]