rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

180 [2002/01/14]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2106 . Horst Hoffmann / Der weiße Tod / 白い死神
2107 . H. G. Francis / Im Fabrikraumer / 工場船にて
2108 . Susan Schwartz / Samahos Erbe / サマホの遺産
2109 . Susan Schwartz / Tagebuch der SOL / 《ソル》日誌
2110 . H. G. Ewers / Der Gute Geist von Wassermal / ヴァッサーマルの善霊
2111 . Arndt Ellmer / Die Malische Mole / マル堤防
2112 . Uwe Anton / Verschollen in Tradom / トラドムにて失踪
2113 . Uwe Anton / Gefangen in der Zitadelle / 内城に囚われて

□ 2106話「白い死神」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2106.html ]

 トラドム銀河辺境の惑星ジネト。
 昆虫種族ジネダの文明は、まだ、宇宙航行前――

「――陛下ぁ~」
「――臣民よぉ~」
「華奢で、頼りないけれど、忠誠あつい臣民たち」
「……」
「それなりに、楽しく生活していたのです」
「が」
「ある日、宇宙船がやってきました」
「乗っていたのは、エヴァレンド人」
「テラナーには、すでにおなじみ」
「トラドム帝国の征服士トラー・ローグが、テラニア宙港に着陸したとき~」
「ばばっと、周囲をかためたり、していた、親衛隊の種族」
「――ばばっ」
「――ばばばっ」
「次の日、ジネダ種族は、奴隷と化していました」
「――陛下ぁ~」
「――臣民よぉ~」
「華奢な臣民は、なれない金鉱労働に、ばたばたたおれ~」
「――なんとか、しなくちゃ」
「――しようっ」
「奮起する王女シャラナイ」
「華奢で、頼りないけれど、正義感あつい幼なじみのボーイフレンド」
「ふたりは、反乱軍を結成っ」
「――ばばっ」
「――ばばばっ」
「ボーイフレンド、即死亡」
「王女さま、絶対絶命」
「で」
「昔、墜落したUFOから回収した通信機で~」
「とりいそぎ、助けを呼んでみたりして」

 一方、トラドム銀河の球状星団の惑星ジャンカルに停泊中の《レイフ・エーリクソン》を発進する、搭載巡洋艦《ジェフェ・クロードリン》。
 トラドム銀河を偵察飛行中――

「――艦長」
「――?」
「――原住民が、救援要請です」
「――ぼくたち、いきます」
「惑星に降りたつのは~」
「あの、テス・クミシャと~」
「ステディのアルコン人、ジャキンタのベンジャメーン」
「――艦長」
「――?」
「――敵は、トラドム帝国です」
「つづいて、惑星に降りたつのは~」
「エルトルス人、などなど、重武装一部隊」
「――ばばっ」
「――ばばばっ」
「その日のうちに、ジネダ種族、解放です」
「――王女さまぁ~」
「――臣民よぉ~」
「とりあえず、よかったですね」

 そして、トラドム帝国の工場船《コレクト90・40・30》が、原料積載のため、惑星ジネトに寄港する。

「――艦長」
「――?」
「――ぼくたち、原料コンテナに隠れて、潜入します」

 つづく。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 共同輸入――希望者は、以下を参照の上、15日までご連絡ください。
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/dtrans.html ]


d-information ◆ 180 [不定期刊] 2002/01/14
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]