rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

175 [2001/12/10]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2102 . Leo Lukas / Die Hand der Vorsehung / 先見の手
2103 . Horst Hoffmann / Der Kampf des Konquestors / 征服士の戦い
2104 . Uwe Anton / Durch das Sternenfenster / 星界の窓を抜けて
2105 . Arndt Ellmer / Zuflucht auf Jankar / ジャンカルの隠れ家
2106 . Horst Hoffmann / Der weise Tod / 白い死神
2107 . H. G. Francis / Im Fabrikraumer / 工房船にて
2108 . Susan Schwartz / Samahos Erbe / サマホの遺産

□ 2102話「先見の手」
[ http://www.perry-rhodan.net/html/2/2102.html ]

「トラドム銀河の、球状星団ヴァージノクス」
「鳥頭の種族ジャンカロンは、宇宙航行をはじめたばかり」
「遷移駆動船で、細々と通商活動など、しています」
「技術的にも~」
「経済的にも~」
「とりえ、全然なし」
「なので、あのトラドム帝国も干渉してこない」

 ある日、ジャンカロン通商船《ケルタマー》は、遷移中、超空間でエルタン人の箱状船に遭遇。収容される。

「疲れた顔したヒューマノイド、エルタン人は~」
「技術的にも~」
「経済的にも~」
「とりえあり」
「なので、あのトラドム帝国にいろいろされて、きたらしい」
「――われわれ、追われてるヒトのなかでも、いちばん追われるヒトなのです」
「――?」
「――われわれ、トラドム帝国の種族さんたちの、最後の弁護団なのです」
「――?」
「――トラドム帝国、ごぞんじですか?」
「――わかりません」

 エルタン人は、トラドム帝国との共闘を誓うジャンカロン通商船《ケルタマー》に、技術を供与。ジャンカロン通商船《ケルタマー》は、4名をエルタン人のもとにのこし、故郷へ。

「かくして編成された、ジャンカロン特命部隊」
「――ロクソ・クァドロン」
「――イチ・クルテガ」
「――ヴェット・ブルメル」
「――キヴ・アーテルスタム」
「――?」
「――きみたち、トラドム帝国の次の標的に、警告をとどけてほしいのです」
「――?」
「――銀河系、ごぞんじですか?」
「――わかりません」

 ジャンカロン4名は、コジト――円盤型の宇宙戦闘艇――で、カタマー艦隊数千隻の陣営と〈星界の天窓〉を突破。銀河系に。
 コジト宇宙戦闘艇は、救難信号にこたえて出現した《レイフ・エーリクソン》と自由テラナー連盟艦隊に、無事、保護される。

「《レイフ・エーリクソン》艦上で、面会したローダン氏」
「――はろー」
「――?」
「――言葉、わかる?」
「――わかります」
「――おお! 翻訳機がちゃんと機能してるぞ」
「――?」
「――なんか、きみたちとは仲良くなれそーな気がする」
「――?」
「なんだか、とってもいい人みたいです」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆今回のひとこと

 年明けに、原書を購入します。
 共同輸入――希望者は、以下を参照の上、ご検討ください。
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/dtrans.html ]


d-information ◆ 175 [不定期刊] 2001/12/10
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]