rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

165 [2001/10/01]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇クルト・ラスヴィッツ賞リスト 2001


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2089 . Rainer Castor / Rebellen am Schemmenstern / シェム人の星の反徒たち
2090 . Horst Hoffmann / Kampf um das Zentralplasma / 中央大プラズマ争奪戦
2091 . Horst Hoffmann / Eine Spur von ES / 〈それ〉の足跡
2092 . Arndt Ellmer / Der Ausgestoßene / 追放者
2093 . Ernst Vlcek / Requiem für einen Ewigen / 永遠なるものに捧ぐ鎮魂歌
2094 . Susan Schwartz / Der Mutant und der Zwilling / ミュータントと双子
2095 . Uwe Anton / Nekrophoren / 搬死素
2096 . Arndt Ellmer / Kraschyns Ultimatum / クラシンの最後通牒
2097 . H. G. Francis / Der Atem der Freiheit / 自由の息吹
2098 . Rainer Castor / Hinter dem Kristallschirm / クリスタル・バリアの中

「2091話まで~」
「舞台は、超知性体〈ゼーレンクヴェル〉支配下の銀河系」
「と、その周辺」
「――反旗がひるがえったり~」
「――ポスビは、超知性体〈ゼーレンクヴェル〉の影響を脱し~」
「――ローダンは、惑星フェロルの時間地下庫で~」
「起死回生の策を!?」
「そこらへんが、まだ、なんとも」
「……」
「つづく、2092話から2095話まで~」
「舞台は、ドムラト銀河」
「に、不時着した超戦艦《ゼンタファー》」
「――もと〈物質の下僕〉トル・サマホが、指揮権奪取をもくろみ~」
「――〈ドムラトの騎士〉モホデー・カシャが、あとを追い~」
「――アトランは、金魚のフン状態」
「《ゼンタファー》って、じつは伝説の超要塞〈カオテンダー〉なの!?」
「そこらへんが、まだ、なんとも」
「……」
「そして、2096話から~」
「舞台は、ふたたび銀河系」
「まさか」
「ああ、超知性体〈ゼーレンクヴェル〉あやうしっ」
「……なのかなぁ」
「そこらへんが、また、なんとも」

 もうすぐ、2100話。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆クルト・ラスヴィッツ賞リスト 2001

□ Kurd Laßwitz Preis 2001

・Bester Roman 長編部門
 Michael Marrak / Lord Gamma / ロード・ガンマ
 ――1965年生まれ。SF、ホラー、ファンタジーなど、幅広くこなす作家らしい。

・Beste Kurzgeschichte 短編部門
 Marcus Hammerschmitt / Troubadoure / 吟遊詩人
 ――Wolfgang Jeschke 編 Das Wägen von Luft『空の秤』収録

・Bestes auslandisches Werk 海外部門
 Mary Doria Russell / The Sparrow / Sperling / 雀
 ――たぶん、未邦訳

・Bester Übersetzer 翻訳部門
 Horst Pukallus, Michael K. Iwoleit
 ――Iain Banks 著 Feersum Endjinn / Förchtbar Maschien『フィアサム・エンジン』の翻訳にたいして

・Beste Graphik アート部門
 Fred-Jürgen Rogner
 ――Joe Haldeman 著 Forever Peace / Der ewige Friede『終りなき平和』の装丁画にたいして

・Bestes Hörspiel ラジオドラマ部門
 該当作なし

・Sonderpreis 特別賞
 Wolfgang Jeschke
 ――その業績とドイツSFへの貢献にたいして

□ Michael Marrak / Lord Gamma / ロード・ガンマ

「核戦争のあと~」
「ヒトは地下壕で生きていました」
「――が、そこは、じつは地球ではなくて~」
「住人たちも、みんなクローンだったりする異世界」
「地球人スタン・ターナスキーが、まよいこんだり、なんかして」
「道しるべは、ラジオ・ガンマ」
「……謎のラジオ放送?」
「……」
「そして、スタンは、ロード――異世界の創造主――たちのもとへ」
「てな、話らしい」

 発行元は SHAYOL 社。

□ Marcus Hammerschmidt / Troubadure / 吟遊詩人

「近未来」
「科学技術が中世ごろまで退行し~」
「合理主義が迫害されるドイツ」
「主人公はユルゲン・エイトナー」
「ピタゴラス派の合理主義者~」
「にして、旅する子連れの吟遊詩人」
「……吟遊詩人?」
「……」
「そして、天使――警察機構――が、異端の合理主義者を追うのです」
「そうですか」

 収録されている短編集は Heyne 社から。

【関連サイト】
・クルト・ラスヴィッツ賞のサイト
[ http://www.epilog.de/go/klp/ ]


◆今回のひとこと

 クルト・ラスヴィッツ賞――けっこう長い道のりでした。


d-information ◆ 165 [不定期刊] 2001/10/01
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]