rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

162 [2001/09/10]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇クルト・ラスヴィッツ賞リスト 1998


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2088 . Michael Nagula / Gen-Tod / 遺伝子崩壊
2089 . Rainer Castor / Rebellen am Schemmenstern / シェム人の星の反徒たち
2090 . Horst Hoffmann / Kampf um das Zentralplasma / 中央大プラズマ争奪戦
2091 . Horst Hoffmann / Eine Spur von ES / 〈それ〉の足跡
2092 . Arndt Ellmer / Der Ausgestoßene / 追放者
2093 . Ernst Vlcek / Requiem für einen Ewigen / 永遠なるものに捧ぐ鎮魂歌
2094 . Susan Schwartz / Der Mutant und der Zwilling / ミュータントと双子
2095 . Uwe Anton / Nekrophoren / 搬死素

 2088話から、舞台は銀河系へ。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rhodan.jp/ ]


◆クルト・ラスヴィッツ賞リスト 1998

□ Kurd Laßwitz Preis 1998

・Bester Roman 長編部門
 該当作なし
 ――次点~7位は、d-information 43 参照

・Beste Kurzgeschichte 短編部門
 Malte S. Sembten / Blind Date / ブラインド・デート
 ――次点~7位は、d-information 43 参照

・Bester ausländischer Roman 海外長編部門
 Iain Banks / Die Spur der toten Sonne / 死の星の道
 ――原著特定できず

・Bester Grafiker アート部門
 Attila Boros
 ――Wolfgang Jeschke / Meamones Auge / ミーモンの眼 の挿画にたいして。
 荒廃した地球をすて、放浪の果てに、異惑星をテラフォーミングする人類と 鯨の物語。全挿画カラーの豪華本

・Bester Übersetzer 翻訳部門
 Irene Bonhorst
 ―― Iain Banks / Die Spur der toten Sonne の翻訳にたいして

・Bestes Hörspiel ラジオドラマ部門
 Karlheinz Knuth / Die Tage nebenan - oder: Da, wo Cäsar nicht ermordet wurde / 隣りあう日々、または、カエサルが殺されなかったところ
 ――ドイツのラジオ局 WDR の番組。監督 Thomas Werner

・Sonderpreis 特別賞
 Hermann Urbanek
 ――Andromeda Nachrichten「アンドロメダ・レポート」、Heyne SF Jahr「ハイネSF年鑑」等の文学記事にたいして

【関連サイト】
・クルト・ラスヴィッツ賞のサイト
[ http://www.epilog.de/go/klp/ ]
・d-information 43
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/di0043.html ]


◆今回のひとこと

 読書の秋。


d-information ◆ 162 [不定期刊] 2001/09/10
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]