rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

143 [2001/04/30]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2068 . H. G. Francis / Die Falle der Sambarkin / サムバルキンの罠
2069 . Uwe Anton / Die Ritter von Dommrath / ドムラトの騎士たち
2070 . Uwe Anton / In der Sternenkammer / 星室にて
2071 . Susan Schwartz / Der siebte Ritter / 7番目の騎士
2072 . Arndt Ellmer / Der Pakt mit dem Teufel / 悪魔との契約
2073 . Ernst Vlcek / Welt der Kralasenen / クララセンの世界
2074 . Hans Kneifel / Neun Tage des Zitterns / 震撼の9日間
2075 . Horst Hoffmann / Die Shifting-Flotte / シフティング艦隊
2076 . H. G. Francis / Der Sternenlotse / 星の案内人

□ 2068話「サムバルキンの罠」

「さむばるきーん」
「――ドムラト銀河の種族のひとつ」
「〈航宙革命〉創設者ルベン・カルドロギンも~」
「サムバルキン」
「チルディリーの女性司令官ファエル・リンカドンも~」
「サムバルキンっ」
「……」
「〈ドムラトの騎士たち〉の監視施設チルディリー」
「――惑星クロゼイロから20701光年」
「――巨大な白色恒星マッタネの周回軌道上」
「――ファエル・リンカドン指揮下の12基の監視ステーションがぐるぐる」
「――全長104キロのキノコ型構造物を見張っていたのです」
「……これって〈メガ=ドーム〉!?」
「そこに、突如、実体化した金色の亜鈴型宇宙船」
「……これって《ソル》!!」

 チルディリー司令官ファエル・リンカドンは、マニュアルどおり、力場で異船を拘束。ドムラト銀河全域に、〈ヘリオートス警報〉を発令する。

「《ソル》といえば」
「――いわずと知れた、このヒトびと」
「1800万年前、セガフレンドー銀河の〈夜〉から~」
「現在時、ダ・グラウシュ銀河の〈鼓動〉へ~」
「〈メガ=ドーム〉の橋を渡ったつもり」
「が」
「しかし」
「到着したのは見知らぬ銀河」
「……ドムラト」
「〈トレゴン〉の残骸とおぼしき巨大な白色恒星」
「……マッタネ」
「襲う怪力場に~」
「なぜか、アトラン以下、細胞活性装置をもつ全員が昏倒」

 《ソル》艦長フィー・ケリンドは、《ソル》の転送機と監視施設チルディリーの転送機を同調させて、部隊を派遣したりする。

「――ほーら、コワクないよ~」
「――ボクたち、ただの旅のモノなので~す」
「――だれか、話を聞いてよ~」
「――ね~」
「平和的接触のこころみ」
「が」
「しかし」
「〈軍団〉の基地惑星アニューゼIから、緊急発進した大艦隊」
「惑星クロゼイロから、騎士船《イント・クロゼイロ》も急行中」
「そして、アトランも息をふきかえす」
「とりあえず、一戦くらいは」

 交戦のすえ、《ソル》は監視施設チルディリーの力場を脱出。恒星マッタネのコロナへ一時撤退。

「ふたたび、平和的接触のこころみ」
「《イント・クロゼイロ》さんと通信がつながりました」
「……!」
「……っ!」
「〈深淵の騎士団〉くずれの、トレゴン愚連隊長」
「――アルコン人アトラン」
「《イント・クロゼイロ》の、うにょうにょ顔の芋虫」
「――タイラボ」
「ふたりは、おたがいに〈深淵の騎士〉っぽい気配を感じて~」
「……ちっ」
「……ひょっとして、マズい展開かも」
「とか、思うのでした」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ゴールデンウィーク……なんですね。


d-information ◆ 143 [不定期刊] 2001/04/30
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]