rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

142 [2001/04/23]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇ザモラ教授700話


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2067 . Hubert Haensel / Angriffsziel Terra / 攻撃目標テラ
2068 . H. G. Francis / Die Falle der Sambarkin / サムバルキンの罠
2069 . Uwe Anton / Die Ritter von Dommrath / ドムラトの騎士たち
2070 . Uwe Anton / In der Sternenkammer / 星室にて
2071 . Susan Schwartz / Der siebte Ritter / 7番目の騎士
2072 . Arndt Ellmer / Der Pakt mit dem Teufel / 悪魔との契約
2073 . Ernst Vlcek / Welt der Kralasenen / クララセンの世界
2074 . Hans Kneifel / Neun Tage des Zitterns / 震撼の9日間
2075 . Horst Hoffmann / Die Shifting-Flotte / シフティング艦隊

□ 2067話「攻撃目標テラ」

――詳細はともあれ、だいだい、こんな感じ:

「あなた、アルコンが攻めてくるんですって」
「うむ、なんとかこのコだけでも、疎開させんとな」
「女学校時代の親友がひとり、軍隊にいるけど……」
「戦艦なんか、かえってあぶないだろう」
「じゃあ……」
「ほら、あの貨物船の……」
「……」
「船の名前は、たしか……そう、《バラス》」

 惑星テラからわずか815光年のオリオン=デルタ系に、アルコン水晶帝国艦隊30万隻が到着。駐留艦隊をあわせた戦艦38万隻が、ソル系に。
 自由テラナー連盟は、防衛計画〈カルタゴ〉を発動――封鎖艦隊2部隊16隻が、星系外縁にアーゲンフェルト・バリアを展開する。系内には、〈発見者〉級8隻をかなめとして、中小型艦船が主力の25万隻。ロワ指揮下のUSO艦数隻と4万隻のフラグメント艦隊を加えても、なお劣勢は否めない。

「船長……」
「すまない。だが、この《バラス》1隻の犠牲で、アーゲンフェルト・バリアの秘密は守られるのだ」
「船長っ……」
「……」
「……ああ、このコのご両親に申し訳ないっ!」

 自由テラナー連盟の作戦――アーゲンフェルト・バリアは、超光速でソル系に侵入する艦船をとらえ、機雷宙域に再実体化させる。アルコン水晶帝国艦隊38万のうち、突破できるのは推定8万隻。アルコン側が放出するコーラゴ・ウィルスが、ソル系のずべてのシントロニクスを停止に追いこみ、両軍ともに旧式のポジトロニクスに依存することになれば、月面のネーサンと連携したテラ小型艦編隊は、それぞれアルコン戦艦1隻と互角にわたりあえるだろう。
 自由テラナー連盟の誤算――だが、友軍ポスビは、すでに超知性体〈ゼーレンクヴェル〉の影響下にあった。
 ソル系内のフラグメント船4万隻が、突如、封鎖艦隊を襲撃。アーゲンフェルト・バリアは崩壊し、アルコン水晶帝国艦隊38万隻に道はひらかれた。
 そのとき、旗艦《レイフ・エーリクソン》座乗の政庁主席ローダンは、微塵も動揺することなく、第2防衛計画〈カルタゴの陥落〉発動を宣言した。

「――逃げるぞ!」
「……?」
「――戦略的撤退だ!」
「……!」

 〈発見者〉級8隻が曳航する〈太陽系政庁〉とともに、テラ防衛艦隊は超空間に逐電――集結点、ソル系から800光年のガンマ・ケニクをめざす。

「あのコは、なんのために犠牲になったの……?」
「……」

追記:
・ロワは、混戦のなか、スペースジェットで戦略的撤退。
・ハルト人の援軍5万隻は、自星系防衛のため撤退。
・モルケロ――ティフラー座乗――が、占領地総督として、テラに降りたつ。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆ザモラ教授700話

□ Professor ZAMORRA

700 . W. K. Giesa / Para-Hölle Spiegelwelt / 超常地獄・鏡の世界

「BASTEI 社のヘフト Professor ZAMORRA がついに700話」
「さて、記念すべき第700話のストーリーは?」
「……」
「……!」
「これまでも活躍してきた小道具――らしい――奇跡の植物〈虹の花〉」
「〈虹の花〉を手にして~」
「むんっ」
「強く念ずれば、たちどころに望みの場所・次元に転移できるという」
「……で?」
「教授と~」
「ニコルさん――秘書、兼、恋人、兼、戦友――は~」
「699話までの事件も、かたづいたので~」
「さあ、モンテーギュ城――教授の自宅――に帰ろうか」
「〈虹の花〉を手にして~」
「むんっ」
「……で?」
「ふと、教授のココロをかすめた小さな問いかけ」
「――もし、オレが光の側で戦ってない世界が、あったとしたら~」
「――どんなだろう?」

 到着したのは、もうひとりの教授が待つ、別のモンテーギュ城だったのです。

【関連サイト】
・W. K. Giesa のサイト
[ http://www.wk-giesa.de/ ]
・BASTEI 社のサイト
[ http://www.bastei.de/ ]


◆今回のひとこと

 ありがちですね。


d-information ◆ 142 [不定期刊] 2001/04/23
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]