rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

138 [2001/03/26]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇クルト・ラスヴィッツ賞


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2062 . Rainer Castor / Portal-Installateure / 門設置者
2063 . Ernst Vlcek / Zikanders Körper / ジカンダーの肉体
2064 . Arndt Ellmer / Krisenfall Karthago / 非常事態計画カルタゴ
2065 . Horst Hoffmann / Mission Hundertsonnenwelt / 二百の太陽の星作戦
2066 . H. G. Francis / Der Thronfolger / 帝位継承者
2067 . Hubert Haensel / Angriffsziel Terra / 攻撃目標テラ
2068 . H. G. Francis / Die Falle der Sambarkin / サムバルキンの罠
2069 . Uwe Anton / Die Ritter von Dommrath / ドムラトの騎士たち
2070 . Uwe Anton / In der Sternenkammer / 星室にて
2071 . Susan Schwartz / Der siebte Ritter / 7番目の騎士

□ 2062話「門設置者」

「ドムラト銀河に転移した、ふたりのミュータント」
「――テレポーター、スタータック・シュレーダー」
「――能力は謎のまま、トリム・マラート」
「スタータックが、反体制組織〈航宙革命〉の指導者ルベン・カルドロギンと、体制側の施設を、あちこち、引っかきまわしたので~」
「体制側〈ドムラトの騎士たち〉は、〈航宙革命〉拠点惑星イェジカン・リンバのすべての〈門〉を閉鎖」
「住民は、避難もできぬまま~」
「――懲罰艦隊〈軍団〉がくるよー」
「――こわいよー」
「おののいて、いたのです」

 ルベン・カルドロギン、スタータック、トリム、ドルイド人ケイファンの4人は、よせあつめの宇宙船《ケランギー》で、〈ドムラトの騎士たち〉の本拠〈騎士の星室〉――惑星クロゼイロ周回軌道上の巨大宇宙ステーション――におもむき、事態の打開をはかろうとする。

「――が、《ケランギー》は、謎のハイパーエネルギー現象に遭遇。あえなく、辺境の惑星ラルジンコに難破」
「――が、そこには、〈軍団〉の警護部隊が……」
「――辺境の地に〈門〉を開設する特殊船《ルマフ》が……」
「あの現象は、こいつのせい……?」
「……」
「とにかく、密航だ」

 そして、4人が潜んだ船は、〈軍団〉基地惑星アニューゼIへ。

□ 2063話「ジカンダーの肉体」

 〈軍団〉司令官、シグ・ジカンダーの過去――

「オムラブ人、シグ・ジカンダー」
「かつての仕事は、シュミレーション・ゲーマー」
「故郷惑星デュフロVIIで、平和に暮らしていたのです」
「――あるとき、惑星デュフロVIIを見舞った災厄」
「――あの〈ドルイド人も治療できない遺伝子病〉」
「ほとんど唯一の生存者、シグ・ジカンダー」
「疫病で変形した肉体に、もとの種族の面影はありません」
「スカウトされて〈軍団〉に」
「……じつは、〈軍団〉の兵員は、全員、こんな境遇らしい」
「……」
「でも、シグ・ジカンダー」
「他の連中とは一味ちがう」
「――シューティング、得意です」
「で、異例の出世」
「――戦略も、得意です」
「で、異銀河の侵略者と戦って死んだ司令官の後任に」

 そして、現在――〈軍団〉基地惑星アニューゼI。
 シグ・ジカンダーは、密航者4人を捕縛。〈ドムラトの騎士たち〉の本拠〈騎士の星室〉に連行するのでした。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆クルト・ラスヴィッツ賞

 2001年のノミネートから、とりあえず、ドイツ長篇部門(2000年に刊行された作品)を……。

「あいかわらず、知らないヒトばかり」
「1998年~2000年、ドイツ長篇部門を連続で獲得した、Andreas Eschbach の名前は、今回なし」
「ま、昨年は書いてないんだから、しかたないでしょう」

□ クルト・ラスヴィッツ賞2001年長篇部門ノミネート作品

・Marcus Hammerschmitt / Der Opal / オパール / Argument 社
・Helge Kautz / Farnhams Legende / ファルンハムの伝説 / THQ 社
・H. D. Klein / Googol / グーゴル / Heyne 社
・Michael Marrak / Lord Gamma / ロード・ガンマ / Shayol 社
・Ulrike Nolte / Jägerwelten / ハンター・ワールド / Argument 社
・Barbara Slawig / Die lebenden Steine von Jargus / ヤルグスの生命ある石 / Haffmans 社
・Andreas Winterer / Cosmo Pollite / コスモ・ポライト / Schwarten 社

【関連サイト】
・クルト・ラスヴィッツ賞のサイト
[ http://www.epilog.de/go/klp/ ]
・2001年長篇部門ノミネート作品一覧
[ http://www.epilog.de/Dokumente/Preise/SF/Lasswitz/2001/Roman.htm ]


◆今回のひとこと

 また、本、買いたくなってきました……読む時間ないけれど。


d-information ◆ 138 [不定期刊] 2001/03/26
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]