rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

135 [2001/03/05]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft

2060 . Susan Schwartz / Geburt eines Helden / 英雄の誕生
2061 . Uwe Anton / Wächter des Portals / 門の守護者
2062 . Rainer Castor / Portal-Installateure / 門設置者
2063 . Ernst Vlcek / Zikanders Körper / ジカンダーの肉体
2064 . Arndt Ellmer / Krisenfall Karthago / 非常事態計画カルタゴ
2065 . Horst Hoffmann / Mission Hundertsonnenwelt / 二百の太陽の星作戦
2066 . H. G. Francis / Der Thronfolger / 帝位継承者
2067 . Hubert Haensel / Angriffsziel Terra / 攻撃目標テラ
2068 . H.G. Francis / Die Falle der Sambarkin / サムバルキンの罠

□ 2060話「英雄の誕生」

「あらためて」
「――て感じで~」
「……」

 ふたりのミュータント――スタータック・シュレーダーとトリム・マラートが転移した先――ドムラト銀河。
 〈航宙革命〉本拠惑星イェジカン・リンバ上空に、〈航宙革命〉の武闘派〈圏外植民者〉の艦隊が出現。
 〈航宙革命〉指導者ルベン・カルドロギンの不在を好機とばかり、〈圏外植民者〉指導者レンバッタO-Eが、地上におりたち、〈航宙革命〉の指導権を要求する。

「文句あるなら、代表者どうしの決闘で決めよーぜ」
「……」
「だれか、いないの?」
「……」
「んなら、そこのちっちゃいの、キミ代表決定!」
「……?」
「――たまたま、〈航宙革命〉本部にいたトリム・マラート」
「――なりゆきで、決闘するはめに」

 結果は、レンバッタO-Eの死。

「〈圏外植民者〉艦隊は、逃げていきました」
「どうやって勝ったのか~」
「周囲の人々には、わかりませんでした」
「……」
「でも、何人かは、見たような気がしたのです」
「……?」
「一瞬、トリムの隣に、人に似たモノが立っていたような……」
「やれやれだぜ」

 トリムの超能力は、まだ謎のまま。

□ 2061話「門の守護者」

 一方、惑星イェジカン・リンバの地中深く――〈ドムラト騎士団〉の得体の知れない施設――にテレポートした、スタータックと〈航宙革命〉指導者ルベン・カルドロギン。

「ドムラト銀河の各惑星にある〈門〉をつなぐ、転送網〈ドムラトの網〉」
「謎の地下施設は、〈ドムラトの網〉の保守施設――だったのです」
「もちろん、侵入者は追われます」

 ふたりは、保守施設を相互につなぐ、もうひとつの転送網をぬけて逃走。〈騎士の星室〉――惑星クロゼイロ周回軌道の巨大宇宙ステーション――の〈ドムラトの網〉中央管制所へ。

「ここでも、侵入者は追われます」

 ふたりは、ふたたび転送網をぬけて逃走。もといた惑星イェジカン・リンバ地中の保守施設へ。

「気がつけば~」
「惑星イェジカン・リンバの〈門〉は全機能停止」
「で?」
「以下、次号」

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・Garching Con 2001 のサイト
[ http://www.garching-con.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆今回のひとこと

 Zikander――個人名でした。だから「ジカンダー」に再訂正。


d-information ◆ 135 [不定期刊] 2001/03/05
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]