rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

94 [2000/05/22]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
2020 . Uwe Anton / Die Lichtgestalt / 輝ける男
2021 . Arndt Ellmer / Monos' Enkel / モノスの孫
2022 . H.G. Francis / Para-City / パラ・シティー
2023 . H.G. Francis / Der Para-Fürst / パラ侯爵
2024 . Arndt Ellmer / Intrigen in Mirkandol / ミルカンドルの陰謀
2025 . Horst Hoffmann / Heiße Fracht für Arkon / アルコンへの密輸便
2026 . Ernst Vlcek / Kodename Ark'Thektran / 暗号名アルク・テトラン
2027 . Uwe Anton / Schwanengesang / 白鳥の歌

□ 2020話『輝ける男』――追記

「ファロ・ガウシ」
「1276年3月2日~」
「テラニアに生まれる。身長1・81メートル、金髪の好青年」
「1288年~」
「テラニア・ノーススターのユース・チームに入団」
「19歳の誕生日~」
「テラニアの〈マゼラン・スタジアム〉でデビュー」
「一軍スタメン」
「が」
「……?」
「運命の1302年、春~」
「ひょんなことから、正体が露見」
「……ひそひそ」
「能力はひどく弱いらしい」
「……ひそひそ」
「でも、モノクローム・ミュータントなんでしょ」
「……ひそひそ」
「――けっきょく、引退を余儀なくされるファロ・ガウシ」

 以後、モノクローム・ミュータント人権擁護活動に身を投じ、1303年6月、〈ミュータントの環〉を創設したとかいう。

 以上、出版社が運営するドイツ公式サイトから、ひろってみた追記でした。

【関連サイト】
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆今回のひとこと

 ……「白鳥の歌」には「辞世の句」の意味もあるのです。


d-information ◆ 94 [不定期刊] 2000/05/22
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]