rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

85 [2000/03/20]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇ジョン・シンクレア報告 3
◇わたしも知らない作家 31 Otto F. Beer


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
2012 . Rainer Castor / Die Neue USO / 新USO
2013 . Hans Kneifel / Sternvogels Geheimnis / 星鳥の秘密
2014 . Arndt Ellmer / Eine Bestie für Arkon / アルコンの野獣
2015 . Hubert Haensel / Mein Freund, der Tod / わが友・死神
2016 . Andreas Findig / Die Einsamen der Zeit / 時の中で孤立した者たち
2017 . Susan Schwartz / Das Kind und der Pflanzenvater / 子と草父
2018 . Ernst Vlcek / Der Untergang der Krone / 冠の滅亡

□ 2012話『新USO』――

「ぶっちゃけた話~」
「冒頭……」

 過去、新銀河暦1291年6月――〈キャメロット〉。
 〈鼓動〉から帰還したモンキーに、ロト・ケレーテは〈細胞活性装置〉を授与。モンキーは、ペリー・ローダン側面支援の任を託されたのだ……。

 現在、新銀河暦1303年――〈キント・センター〉。
 解散を余儀なくされた〈キャメロット〉の遺志は、〈新USO〉が継いだ。独立不羈の機構として、平和と自由のために活動する。〈キント・センター〉は、その牙城。
 モンキーは、いまや、〈新USO〉司令官。
 参謀には、ヤルト・フルゲン――かつて、〈ヴィダー〉工作員として銀河系解放戦線の一翼をにない、解放後は、GAFIF保安長官としてアルコン帝国皇帝アトランの側近をつとめた男。アルコン水晶帝国の、今日の隆盛の基を築いた男。
 そして、いま、マイクル・ローダンが加わる――家名を棄て、ふたたび、自由な一個人として、ロワ・ダントンを名のる、と宣言する。

「〈キント・センター〉――歴史は、1万年前のアトランの放浪譚から」
「〈旧USO〉創設時に再発見?」
「アトランは〈クレスト・センター〉と命名するつもりが~」
「ブリーの冗談がもとで〈キント・センター〉に?」
「――設定細部も回想、あつかいまわすのが得意」
「――さすが、ライナー・カストールっ!」

【注】賞賛しています。

「で」
「ぶっちゃけた話~」
「巻末……」

 成績優秀なスペシャリスト候補生コリー・ヴァリヌ――じつは、スパイ――が〈キント・センター〉の座標を通報。アルコン水晶帝国艦隊の接近に、モンキーは、非常事態〈ローリン〉を宣言する。

「今度の〈キント・センター〉はATG搭載!」
「が、動作保証は、わずか3日間」

 そして、成績劣等なスペシャリスト候補生アルト・ボニングは、同期生コリーの正体を看破、射殺した。

「コリーちゃん、ちょっと好きだったのに――とか、いいながら」
「――わかりやすい展開」
「――さすが、ライナー・カストールっ!」

【注】賞賛しているのです。

「ぶっちゃけた話~」
「まんなかの長~いところは、ながし読み」
「アルトくんの採用試験……?」
「故郷レプソでの作戦……?」
「ま、そんなところでしょ」

【関連サイト】
・1900~1950話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc21.html ]
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://rfpjp.tripod.co.jp/ ]


◆ジョン・シンクレア報告 3
 友情編2

□ フランティセク・マレク
 ルーマニア人。父祖継承の樫の杭をたずさえた〈杭打ち〉。
 吸血鬼を察知する超嗅覚のもちぬし。

「吸血鬼となった妻を、ジョンが倒したり」
「とあるジプシー女から〈吸血鬼の振子〉――吸血鬼探知機――をもらったり」

 いつもは、故郷トランシルヴァニアのペトリラで、鍋・やかんを修繕する鍛冶屋である。

□ ヴィル・マルマン
 BKA――ドイツ連邦犯罪捜査局――の警部。
 ヴードゥー殺人鬼をロンドンに追跡。ジョンと知り合う。

「結婚式当日、〈黒死神〉が花嫁カリン・ベッカーさんを殺害!?」
「カリンさん、その後、ゾンビーに!?」
「ヴィル、その手で、ゾンビー・カリンさんを滅ぼしたとか」

 謎の〈D計画〉を探索中、吸血鬼に銃で撃たれる。

「瀕死のヴィル、女吸血鬼レヴァに救われ~」
「というか……吸血鬼にされてしまう」
「〈ドラキュラII世〉を自称」
「いまは、ジョンの不倶戴天の敵らしい」

 つづく。

【関連サイト】
・BASEI LÜBBE のサイト
[ http://www.bastei.de/ ]
・タイトル・リスト
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/alt/jsh.html ]


◆わたしも知らない作家 31 Otto F. Beer

 オーストリア作家。1910年生まれ。
 作品の後者はファンタジーらしい。

・Christin-Theres / クリスティン・テレス / Langen Müller 社 1967
・Ich, Rodolfo, Magier / われは魔術師ロドルフォ / 1965

 情報源は、おなじみ Lexikon der Science Fiction Literatur。


◆今回のひとこと

 ……ローダン・ヘフト2000話、ドイツですでに完売、だそうです。


d-information ◆ 85 [不定期刊] 2000/03/20
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]