rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

59 [1999/09/20]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇わたしも知らない作家 15 Lothar Alix


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1984 . Ernst Vlcek / Yaronag / ヤロナグ
1985 . Arndt Ellmer / Ein Köder für MATERIA / 《マテリア》をよぶ囮
1986 . Rainer Castor / Kampf der Giganten / 巨船と巨船の戦い
1987 . Robert Feldhoff / Der Mörderprinz / 殺戮王子
1988 . Robert Feldhoff / Die Diener der Materie / 物質の従者
1989 . Susan Schwartz / Countdown für Chearth / チェアルスの秒読み
1990 . Arndt Ellmer / Der Silberwolf / 銀の狼
1991 . Uwe Anton / Mhogenas Entscheidung / モーゲナの決断
1992 . Horst Hoffmann / Aufmarsch über Thorrim / トリム上空のパレード

 1984話『ヤロナグ』――

「ところは銀河間空間」
「チェアルス銀河救援にいそぐハルト人の《シェ・フアン》」
「船上では急ピッチで〈ヤロナグ〉の建造がすすむ」

 〈ヤガン・ロベロ・ナギドル〉すなわち〈ヤロナグ47〉とは、グァン・ア・ヴァーへの対抗兵器――カルカッタ北のノンッゴ博物館で入手した資料をもとに、ハルト人が設計したもの。
 かつて、〈第4種族〉ノンッゴは〈第3種族〉バオリン=ヌダの技術をもちい、チェアルス銀河にグァン・ア・ヴァーを封印する〈恒星金庫〉を建設した――〈恒星金庫〉は中心に超巨大恒星を据え、周囲を60の恒星がとりまく。変調させられた各恒星のスペクトルは、グァン・ア・ヴァーたちを誘引し、麻痺させ、数千年間、超巨大恒星に封じてきた。
 〈ヤロナグ〉を構成するのは、《シェ・フアン》船体に設置した大小60基のユニット〈ナギドル〉――〈恒星金庫〉の60の恒星を模した〈ナギドル〉ユニット群の放射が、グァン・ア・ヴァーを捕捉。充分な出力さえ得られれば、グァン・ア・ヴァーの生命機能に致命的な損傷をあたえることさえ可能なはず。

「到着までに完成させないとね~」
「と、とつぜん、銀河間の虚空から氷を思わせる卵状の物体が飛来!」
「〈ヤロナグ〉建造を妨害?」
「はたしてチェアルス銀河到着までに、完成するのか?」
「ま……けっきょくは、ハルト人の意地と根性の勝ち」
「まあっ」

 チェアルス銀河で、《シェ・フアン》は先行していた一行に合流。恒星エレプリシをノヴァ化させ姿を消していた3体のグァン・ア・ヴァーを、ヴィンセント・ガロンの超知覚をたよりに追跡する。
 ようやく発見したグァン・ア・ヴァー3体は、いましも分裂増殖寸前!

「〈ヤロナグ〉投入!」
「しかし、〈ヤロナグ〉の中枢部には、あの〈卵〉が……?」
「まだ、いたの?」
「なんで、途中ですててこないの?」
「……」
「ハルト人てわからないからね~」
「〈卵〉がエネルギーを吸収して、〈ヤロナグ〉の出力があがらない?」
「ま……けっきょくは、ハルト人の意地と根性の勝ち」
「まあっ」

 ハルト人たちは〈卵〉を超空間に放逐。
 〈ヤロナグ〉の出力が増大――強力な麻痺効果にとらわれた3体のグァン・ア・ヴァーは、体内に蓄積した膨大な恒星エネルギーの制御を失った……。
 〈ヤロナグ〉はみごとにグァン・ア・ヴァーを屠ったのだ。

「こんなとこ?」
「よくわからないんだけれど、こんなとこ」
「ま、〈恒星金庫〉には、まだ残りがいるんだよね~」
「ね~」
「……それよりさ」
「……」
「〈卵〉ってなんだよ~」
「だれか教えてよ~」

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆わたしも知らない作家 15 Lothar Alix

「またしても一行ネタ~」
「だって、ドイツ人作家としか書いてないし~」

――生まれも育ちもわからない。

・Schiffbruch im Weltall / 大宇宙で難破 / Bumb 社 1950

 情報源は、おなじみ Lexikon der Science Fiction Literatur。


◆今回のひとこと

 H. J. Alpers 接近。でも、Uwe Anton まで、まだ遠い。


d-information ◆ 59 [不定期刊] 1999/09/20
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]