rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

52 [1999/08/02]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇わたしも知らない作家 9 Franz Heinrich Achermann


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1978 . Horst Hoffmann / Schlacht um Wanderer / ワンダラー攻防戦
1979 . H. G. Francis / Shabazzas Kampf / シャバッザの闘い
1980 . H. G. Francis / Shabazzas Todesspur / シャバッザ死の軌跡
1981 . Arndt Ellmer / Offensive der Algioten / アルギオートの攻勢
1982 . Susan Schwartz / Gefangene der Algioten / アルギオートの虜囚
1983 . Uwe Anton / Der Sonnentod / 恒星死神
1984 . Ernst Vlcek / Yaronag / ヤロナグ
1985 . Arndt Ellmer / Ein Köder für MATERIA / 《マテリア》をよぶ囮

□1978話『ワンダラー攻防戦』――
 ダ・グラウシュ銀河の宇宙ステーション《ハイム》でロト・ケレーテを救出した巨船〈黒光錐〉は、ゼロ時間で銀河系へ、中央ブラックホールの事象の地平の下のワンダラーへ転移。

「ワンダラー防衛要塞〈黒光錐〉―― Schwarzlicht-Zapfen」
「全長110キロの黒い円錐体」
「こいつらが、《マテリア》の直接攻撃からワンダラーを防衛している」
「そして、ケレーテがおりたったワンダラーの地表では~」
「トル・サマホが派遣したロボット部隊と~」
「カスター将軍ひきいる騎兵隊との戦いが~」
「……将軍、負けてます」
「敵がインディアンだけでも劣勢なのに~」

 ケレーテは騎兵隊に協力。エラートと合流し、ワンダラーの中枢部――機械都市で〈それ〉と対面する。

「〈それ〉――どうやら、きたるべき〈創設の年〉以降、また人類の前から姿を消す可能性があるみたい」
「で、集合知性から短期分離するエラートより、独立して活動できるケレーテのほうが使者として適任、と判断したらしい」
「ケレーテの最初の使命……」
「《ソル》のペリー・ローダンに伝言を伝えてくれたまえ」

 一方、《ソル》。時は若干さかのぼり、1291年2月19日。
 《マテリア》への牽制攻撃――圧倒的な戦力差から、効果のほどは不明――を継続する《ソル》艦内で、ローダンとブレ・ツィンガは捕獲されたシャバッザを尋問。
 シャバッザの本体アステロイド――《マテリア》のトル・サマホのもとにある――の解放を条件に、転向をほのめかすローダン。

「そのとき、《ソル》艦内にラムーニ鳥の大群が……」
「ラムーニ鳥――もと、シャバッザのペット」
「惑星センチュリーIで敗北、自信を喪失したシャバッザから去っていったカリスマ好きの鳥」
「シャバッザは、ふたたび自信をとりもどしたのか?」
「……んなわけないでしょ」

 ローダンは偽情報をながす――シャバッザは戦時法廷にかけられ、処刑された、と。しかし、トル・サマホはラムーニ鳥を利用した偵察により、シャバッザの背反を確信。カイロル2世に命じて、シャバッザの本体を破壊させる。

「ラムーニ鳥――もと、シャバッザのペット」
「カリスマ好きの鳥」
「ああ、こっちに素敵なカリスマ」
「びびび」
「いまは、トル・サマホのまわりをばさばさ飛んでいるらしい」

 シャバッザは本体が破壊されたことを悟った。生きていられるのはあと3日。
 おなじころ、ロト・ケレーテが《ソル》に出現。もたらした〈それ〉の伝言とは――3月28日15時45分ちょうど、《マテリア》を指定のポジションへ誘いこんでくれたまえ。

「――以上、盛りだくさんの1978話『ワンダラー攻防戦』」
「次回、シャバッザはローダンの肉体を奪って享楽の惑星レプソに逃走」
「人生最後の~」
「いのちの洗濯?」

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆わたしも知らない作家 9 Franz Heinrich Achermann

 1881年生まれ、1946年没。
 著作2冊のみ、情報があったりします。

・Kannibalen der Eiszeit / 氷河期の食人者たち / Walter 社 1924
・Der Antichrist / 反キリスト / Walter 社 1939

 情報源は、おなじみ Lexikon der Science Fiction Literatur。

【関連サイト】
・ないな~


◆今回のひとこと

 A を頭からいってますが……ちょっとさびしいところですね。


d-information ◆ 52 [不定期刊] 1999/08/02
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]