rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

48 [1999/07/05]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇書棚の奥の…… Hagar Qim


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1974 . Rainer Castor / Hetzjagd am Black Hole / ブラックホールの追撃
1975 . Ernst Vlcek / Sonnenecho / 恒星エコー
1976 . Uwe Anton / Die Sonnenwürmer / 恒星虫
1977 . Horst Hoffmann / Transformation / 変容
1978 . Horst Hoffmann / Schlacht um Wanderer / ワンダラー攻防戦
1979 . H. G. Francis / Shabazzas Kampf / シャバッザの闘い
1980 . H. G. Francis / Shabazzas Todesspur / シャバッザ死の軌跡
1981 . Arndt Ellmer / Offensive der Algioten / アルギオートの攻勢

 ―― 今回、新情報はないのです。
 シャバッザはついに最期をむかえるようだし、チェアルス編はクライマックスぽいし、物語はいよいよ佳境へ……?

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版社が運営するドイツ公式サイト
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらを参照
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆書棚の奥の…… Hagar Qim

 1997年、Heel 社から刊行された、ビデオクリップつきペーパーバック。

「27世紀、銀河系に〈帝国〉を築いた人類」
「未知の侵攻種族と戦う宇宙艦隊とSIC……星間情報部隊」
「……と、まあ、ありがちの世界」
「通信艦《サー・アーサー》の操縦士ヤン・カルダノには夢があった!」
「……いきなり?」
「伝説の遺跡〈ハガー・クィム〉を探すのだ」

 ごぞんじの作家 Werner K. Giesa と映像ディレクター Klaudia Kern の共作。ビデオには、CGデザイナー Tbias Richter が作成した主要なシーンと艦船紹介がおさめられている。

「で、途中はとばして~」
「情勢が逼迫し〈帝国〉に危機がせまる中……」
「伝説の遺跡〈ハガー・クィム〉の工廠から巨船《ハガー・クィム1》が飛び立つ」
「……ま、あおりとしては、そんなところかね」

 メディアミックス BUCH & VIDEO ――それなりに力は入っているようだが、売れたかどうだか、さだかではない。

「肝心の《ハガー・クィム1》が……」
「悪役の母艦にしか見えないし」

 念のため:ビデオテープはVHSだが、PALなので日本で見るには変換が必要になる――もっとも、わたし以外に買う人はいないだろうけれど。

【関連サイト】
・Heel 社のページくらいありそうなものなのに。


◆今回のひとこと

 これ書き上げてから、SF大会。


d-information ◆ 48 [不定期刊] 1999/07/05
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]