rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

24 [1999/01/18]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇あなたの知らないヘフト[SF篇13] Rex Corda
 おれは戦う上院議員


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1950 . Robert Feldhoff / THOREGON SECHS / 《トレゴン6》
1951 . Arndt Ellmer / Das Reich der Puppen / 人形帝国
1952 . Uwe Anton / Alarm für Alashan / アラシャンへの警報
1953 . Horst Hoffmann / Kampf um Zophengorn / ゾフェンゴルン攻防戦
1954 . Hubert Haensel / Flugziel Chearth / 目標チェアルス
1955 . Peter Terrid & Arndt Ellmer / Kampf um Thagarum / タガルム攻防戦
1956 . Susan Schwartz / Das Haus der Nisaaru / ニサールの館
1957 . H. G. Francis / Angriffsziel Pilzdom / 攻撃目標・ピルツドーム

 今回はタイトルのみ紹介。

「1950話、ローダン、センチュリーに潜入、1951話で脱出?」
「1952~1953話、味方本拠と敵陣でどんぱち」
「1954話~、舞台はチェアルス銀河へ」
「……そこらへんは察しがつくんだけれどね」

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版者が運営するドイツ版公式サイトはこちら
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらのリンクをご参照ください。
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆あなたの知らないヘフト[SF篇13] Rex Corda
 おれは戦う上院議員

 Rex Corda - Der Retter der Erde「地球の救世主――レックス・コルダ」は Bastei Verlag のヘフト・シリーズ。1966~1967年。H. G. Francis と M. Wegener の主導による。全38話。

「H. G. Francis は、ローダン・ヘフト執筆者のひとり」
「ローダン・ヘフト執筆者としても、けっこう冊数をこなしていたりする」
「悠久の太古からつづく宇宙帝国オラトンとラクトンの銀河間戦争」
「その戦争にまきこまれた地球を救い――」
「宇宙の諸勢力に地球の存在をアピールするのが――」
「アメリカ上院議員レックス・コルダと仲間たち」
「せっかくだから、上院議員らしく戦ってほしーよね~」
「スーツ姿で弁舌さわやかに?」
「宴会して?」
「ゴルフして?」
「金つんで、ゴーホーム、って?」
「……おい」

 念のため注釈:上記「……?」は冗談まじりの憶測です。

「戦え! 上院議員」
「負けるな! 救世主上院議員」
「きぇぇ~いっ」
「……おい」

【関連サイト】
・BASEI LÜBBE のサイト
[ http://www.bastei.de/ ]
・タイトルリストは下記
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/alt/rcorda.html ]


◆今回のひとこと
 注文したのに見積りがこない。


d-information ◆ 24 [不定期刊] 1999/01/18
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]