rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

22 [1999/01/04]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇あなたの知らないヘフト[SF篇11] Commander Scott
 きみはキャプテン・ケネディを知っているか?
◇Goldmann SFから撤退


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1948 . Arndt Ellmer / An den Grenzen der Macht / 力果つるまで
1949 . H. G. Francis / Quotors letzter Kampf / クォトール最後の戦い
1950 . Robert Feldhoff / THOREGON SECHS / 《トレゴン6》
1951 . Arndt Ellmer / Das Reich der Puppen / 人形帝国
1952 . Uwe Anton / Alarm für Alashan / アラシャンへの警報
1953 . Horst Hoffmann / Kampf um Zophengorn / ゾフェンゴルン攻防戦
1954 . Hubert Haensel / Flugziel Chearth / 目標チェアルス
1955 . Peter Terrid & Arndt Ellmer / Kampf um Thagarum / タガルム攻防戦

「『力果つるまで』――〈第5使徒〉モーゲナを誘拐したヴィンセント・ガロン、JJの船でテラ方面へ逃走」
「航行の途上、ヴィンスはモーゲナの能力――プシ・リフレクター……ってなんだこれ?――に阻止されてソルモス暗殺に失敗したものだから、超空間にこもって秘密のトレーニング」
「例のブルー人の少女ツユラちゃん、そのあいだ、貯蔵水素が残り少ないモーゲナに同情から急接近?」

モーゲナさん 水素が少ないのねぐっすん
だから今日は さらあたま記念日

「……やめなさいって」
「……じあまり」
「さて、次期〈第一テラナー〉有力候補だったソルダー・ブラント――ここで、ヴィンスの暗示がとけて、テラへ帰還後、立候補とりけし。めでたく、パオラ・ダシュマガンが再選されたそうで」
「祝宴には、トラヴェルサンの事件を解決して帰還したアトランの姿も……」
「早業だね~」
「そこへ、警報! ヴィンスを乗せたJJの船がテラに急接近」
「次回〈死のミュータント〉との決戦?」
「なのかな~」

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版者が運営するドイツ版公式サイトはこちら
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらのリンクをご参照ください。
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆あなたの知らないヘフト[SF篇11] Commander Scott
 きみはキャプテン・ケネディを知っているか?

「『キャプテン・ケネディ』(邦訳:ハヤカワSF文庫)を知っているだろうか?」
「アメリカで、ローダン・ヘフト上陸に対抗して誕生したスペース・オペラ・シリーズ。作家は謎のグレゴリー・カーン(E・C・タブだったらしい)という、あのうわさの……」
「では、『コマンダー・スコット』を知っているだろうか?」
「今度は『キャプテン・ケネディ』をドイツに輸入したとゆー、あれっすね?」

 Commander Scott-Agent der Erde「コマンダー・スコット――地球の工作員」は1975~1976年、 Bastei Verlag から刊行されたヘフト・シリーズ。全42話。すべてグレゴリー・カーン名義だが、うち数話はドイツ人作家が執筆したオリジナルとのこと。

「はじまって少しして、スコットってちょっと残酷……と、苦情があがったらしい」
「恐竜人との決闘で喉笛くいちぎって勝利……とか?」
「そういえばしてたなぁ、キャプテン・ケネディ」
「……で、出版社としては、対応策として、ドイツ人作家が描くところのきわめて人道的なスコットの話をはさむことに」
「そうすると、こんどは別の声が……」
「スコットって人は……いったい、なに考えてるの?」
「かくして、不幸なコマンダー・スコットは、精神分裂症ヒーローのレッテルをはられることとなった次第」
「グレゴリー・カーンもいい迷惑だよね~」
「でも、謎の作家だから文句もいえないのね~」
「かわいそー」
「くわばらくわばら……」

【関連サイト】
・BASEI LÜBBE のサイト
[ http://www.bastei.de/ ]


◆Goldmann SFから撤退

 Goldmann がSFから撤退するらしい。予定していた刊行物は関連会社 Blanvalet に引き継ぐが、それも今年いっぱいで「スター・ウォーズ」が2冊、という。
 Goldmann は、ドイツで最初にSFポケットブックスを刊行した出版社。


◆今回のひとこと
 今年もよろしく。


d-information ◆ 22 [不定期刊] 1999/01/04
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]