rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

16 [1998/11/23]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇あなたの知らないヘフト[SF篇6] Ad Astra
 3匹目のドジョウ


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1942 . Horst Hoffmann / Shabazzas Welt / シャバッザの惑星
1943 . Horst Hoffmann / Hetzjagd auf Century / センチュリーの追撃
1944 . Susan Schwartz / Haß gegen Alashan / アラシャンを憎む
1945 . Robert Feldhoff / Krisenfall Robinson / ロビンソン計画
1946 . Uwe Anton / Der Fünfte Bote / 第五使徒
1947 . Peter Terrid / Finale in Mirkandol / ミルカンドルの終曲
1948 . Arndt Ellmer / An den Grenzen der Macht / 力果つるまで
1949 . H. G. Francis / Quotors letzter Kampf / クォトール最後の戦い

「第六使徒サイクル、最後を飾るタイトル、そこに――クォトール!?」
「あのヴィンスに指令を告げてる存在」
「クォーター?」
「ヘフト読むまで、英語風に発音すべきか、ドイツ語風に発音すべきか、さっぱり」
「クヴォトール?」
「なんか、『久保徹』とかみたいで、いや」

 ちなみに、『シャバッザの惑星』の表紙には鉄亜鈴型宇宙船の姿が……

「そして、はじまる新サイクル《マテリア》」
「1950話、99年1月5日刊行予定!」
「――《マテリア》、銀河系で活動開始!?」

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版者が運営するドイツ版公式サイトはこちら
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらのリンクをご参照ください。
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆あなたの知らないヘフト[SF篇6] Ad Astra
 3匹目のドジョウ

 「アド・アストラ」Ad Astra は ペリー・ローダンのコンセプトを受け継ぐ Erich Pabel Verlag の企画第2段、といわれる。Utopia-Zukunftsroman のサブ・シリーズとして刊行。1967~1968年。19冊で終了。
 執筆陣のリーダーは H. G. Francis。手にしたことはないけれど、ものの本によると、ソルとアルファ・ケンタウリの宇宙航行者たちを主人公としたストーリー、とのこと。

「あど・あすとらぁ?」
「ラテン語らしいね…… To the stars! てなところ?」
「あど・あすとらぁ?」
「どうしたいきさつか、少し前から、ドイツのローダン・ファンが、挨拶がわりによくこのフレーズをつかう」
「あど・あすとらぁ?」
「んでは、みなさん、あど・あすとら~」
「あど・あすとらぁ~」

【関連サイト】
・「アド・アストラ」のタイトルリストは rlmdi の下記ページで紹介
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/alt/adastra.html ]


◆今回のひとこと
 ミュトール解説資料――準備中。


d-information ◆ 16 [不定期刊] 1998/11/23
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]