rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

11 [1998/10/19]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇あなたの知らないヘフト[SF篇] Der Luftpirat
 海賊、大宇宙へ


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Heft
1936 . Peter Terrid / Im Para-Bunker / パラブンカーにて
1937 . Uwe Anton / Stimmen aus dem Hyperraum / 超空間からの声
1938 . Suzan Schwartz / Die Farben des Bösen / 悪の色
1939 . H.G.Francis / Auf den Spuren eines Gottes / 神の足跡
1940 . Arndt Ellmer / Tanz der Entitäten / エンティティー・ダンス
1941 . H.G. Francis / Wenn Welten verstummen / 世界が沈黙する時
1942 . Horst Hoffmann / Shabazzas Welt / シャバッザの惑星
1943 . Horst Hoffmann / Hetzjagd auf Century / センチュリーの追撃
1944 . Susan Schwartz / Haß gegen Alashan / アラシャンを憎む

□ ヴィンセント・ガロン Vincent Garron
 通称〈死のミュータント〉。1936~1938話はかれの話。
 1273年、オリンプ生まれの若き天文学者ヴィンセント(以下ヴィンス)の超能力が覚醒。ヴィンスはマイクロ波を放射し、恒星探査ステーションの全員を焼き殺す。つづいて、テレポート能力、暗示能力を開花させ、逮捕にむかったTLDの工作員たちを翻弄。最終的にミマスで拘束され、対超能力バリアに囲まれた地下ブンカーで、眠りつづけた。
 超ミュータント・ヴィンスの能力とは……。
・マイクロフレキュエンサー:殺人マイクロ波を放射。〈遺伝子バスター〉はその強化版。他人の任意の細胞に照準をあわせ破裂させる。
・テレポーター:最大跳躍距離は40万キロ。
・暗示能力者:300メートル圏内の100人を感化。
・ハイパーセプター:ハイパー物理学的事象を色彩として感知する。

「テレポートと暗示能力を操る超ミュータント」
「つーより、人間電子レンジ?」
「危険だよなぁ」
「こわいよぉ」
「それが、超能力増幅能力をもつブルー人の少女ツユラ・アジュクをともなって」
「ぱわーあっぷ?」
「マイクロフレキュエンサーは〈遺伝子バスター〉にアップグレード。テレポートの飛距離は倍増し、暗示は磨きがかかり、ついには、ハイパーセプターを応用して超空間に穴掘って隠れるところまでいく……」
「ヴィンスを突き動かすお告げとは?」
「はたすべき謎の使命とは?」
「おぉっ」
「ソルモス抹殺っ!?」

 ヴィンスに指令を告げるのは〈クオトールQuotor (配分者?)〉。ヴィンスが見るモノトーンの世界にうごめく〈悪の色〉――それを消し去るのがヴィンスの使命。
 〈悪の色〉とは、ソルモスの活動がはなつハイパー物理学的波紋にほかならない。

「なんでも、ソルモスたちの活躍で、ミルカンドルでは新ギャラクティカムの平和会議が実現しそうないきおい」
「それを悪とはこれいかに?」
「ヴィンスは銀河系平和を望まない勢力の尖兵なのだろうかぁっ!?」
「つーことで、つづくつづく……」

□ ATLAN - Traversan-Zyklus
1 . Robert Feldhoff / Admiral der Sterne / 星の提督 (10月13日)
2 . Hubert Haensel / Sturm auf die PADOM / 《パドム》の嵐
3 . Peter Terrid / Die Rebellen von Traversan / トラヴェルサンの叛徒

 謎の古代遺跡の建設者は〈島の王〉?

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版者が運営するドイツ版公式サイトはこちら
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・他、関連サイトはこちらのリンクをご参照ください。
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆あなたの知らないヘフト[SF篇] Der Luftpirat
 海賊、大宇宙へ

 「空中海賊と自在飛行船」 Der Luftpirat und sein lenkbares Luftschiff はドイツSFヘフトの草分け。全165話。
 じつは、厳密にはヘフトとはいえないようだけれど、とのかくそのテのシリーズである。

「1908年から1911年、やがて時代は第一次世界大戦へというころ」
「ついついもちだしてしまうけれど、日本では『海底軍艦』明治33年――1900年。押川春浪死去は大正3年――1914年」
「そんな時代から、みはるかす未来の天空」
「とびかう飛行船」
「信ずるままに愛機を駆り天空を翔ける義賊モルス船長」
「空賊ねずみ小僧」
「富めるものから奪い貧しきものたちを救う」
「追いつめる官憲」
「ついに登場する〈惑星間飛行船〉――って宇宙船だよなぁ」
「それから物語は大気圏内と宇宙の2本立てでこれがもう」
「……って、噂だけどね。おいそれとは手に入らない」
「ちょっとだけ読んでみたいね~」
「おれ、いいや」

 作家不詳――というより謎の作者ということらしい。

【関連サイト】
・「空中海賊」のタイトルリストは rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/alt/luft.html ]


◆今回のひとこと
 押川春浪の『海底軍艦』は飛びません。


d-information ◆ 11 [不定期刊] 1998/10/19
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/]