rlmdi.
| d-information | シリーズ/作家 | ペリー・ローダン |

d-information

8 [1998/09/28]


Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りします。

[このメールは登録者に無料で配布しています]
[解除はこちらから http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]


◆目次
◇ペリー・ローダン近況
◇あなたの知らないヘフト[ホラー篇8] Demona King / Tony Ballard
 バスタイおそるべし!


◆ペリー・ローダン近況

□ Perry Rhodan-Zellaktivator
 細胞活性装置 17.95DM

 製造元はグッキーぬいぐるみと同じ Michael Mühleck 社。
 本体はぬいぐるみ。見たところ灰色のお手玉。赤道部にぐるりとあやしい文字を刺繍してある。北極部の紐輪に付属の銀の鎖を装着して首にかける。ポリエステル100%。クリーニング可。
 製造元名などを印刷した布タグが大きすぎてじゃまなのは、ちょいと困りもの。

□ Perry Rhodan-Heft
1934 . Horst Hofmann / Shabazzas Tagebuch / シャバッザ日記
1935 . Andreas Eschbach / Der Gesang der Stille / 沈黙の歌
1936 . Peter Terrid / Im Para-Bunker / パラ壕にて
1937 . Uwe Anton / Stimmen aus dem Hyperraum / 超空間からの声
1938 . Suzan Schwartz / Die Farben des Bösen / 悪の色
1939 . H.G.Francis / Auf den Spuren eines Gottes / 神の足跡
1940 . Arndt Ellmer / Tanz der Entitäten / エンティティー・ダンス
1941 . H.G. Francis / Wenn Welten verstummen / 世界が沈黙する時

 TRANSGALAXIS から Perry Rhodan-Heft Nr.1934 までを入手しました。
 詳報は次号。

【関連サイト】
・ローダン・ヘフトのストーリー概要は rlmdi の下記ページへ
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/note/note.html ]
・1900~1924話あたりまでの概況
[ http://www.rlmdi.org/rlmdi/px/pc20.html ]
・出版者が運営するドイツ版公式サイトはこちら
[ http://www.perry-rhodan.net/ ]
・Michael Mühleck GmbH はこちら
[ http://www.muehleck-toys.de/index.html ]
・他、関連サイトはこちらのリンクをご参照ください。
[ http://www.rlmdi.org/rfpjp/ ]


◆あなたの知らないヘフト[ホラー篇8] Demona King / Tony Ballard
 バスタイおそるべし!

「ドイツSF出版社のひとつとして昔ちょっとは尊敬していた BASTEI」
「それが、シンクレアやザモラに代表される得体の知れないホラーの牙城でもあったとは」
「調査が進むにつれ、われわれのイメージはくつがえされた」
「いくど背筋を悪寒がはしったことか」
「おーこわいこわい」
「ほんとに尊敬してたの?」

□ Damona King - Die Bezwingerin der Finsternis
 デーモナ・キング――闇を征服した女

1 . Jason Dark / Der schwarze Engel / 黒い天使
2 . H. P. Usher / Die Rache der Hexe / 魔女の復讐
3 . Vernon Graves / Gefangen im Monster-Sumpf / 怪物沼に囚われて
4 . Vernon Graves / Rückkehr des Totenheers / 死人軍団の帰還
5 . H. P. Usher / Der Eisdämon / 氷魔
6 . H. P. Usher / Die Töchter der Unsterblichkeit / 不死の娘
7 . H. P. Usher / Das lebende Portät / 生ける肖像画
8 . H. P. Usher / Talkshow mit dem Tod / 死とのトークショー
9 . Vernon Graves / Die Dämonenprobe / 悪魔の試練
10 . Vernon Graves / Fähre in die Unterwelt / 地底旅行
11 . Vernon Graves / Die Sklavin des Pharao / ファラオの女奴隷
12 . Das Druidenschloß/ ドルイドの城

「たまたま Nr.11 が手元にあるんだけれど」
「デーモナはある魔女の娘で、非凡な超心理学的才能があるとか」
「エジプトでバステト神に誘拐されたヒトを助けようとしているのかな、この話は」
「隔週で発行されて、100冊以上つづいたらしい」

□ A. F. Morland's Tony Ballard
 トニー・バラルド

34 . Totentanz der Ghouls / 食人鬼の死人ダンス
35 . Ein Horror-Fest um Mitternacht / 真夜中の恐怖祭典
36 . Im Verlies der Verdammten / 呪われしものの地下牢
37 . Die Kamikaze-Monster / 神風モンスター
38 . Das zweite Leben des Mortimer K. / モーティマー・Kの第二の人生
39 . Wolfsnacht / 狼の夜
40 . Ein Monster namens "Charlie" / 「チャーリー」の名をもつ怪物
41 . Der Tod schleicht durch London / ロンドンを忍び歩く死
42 . In den Klauen der Knochenmänner / 骨男の鉤爪
43 . Das Geheimnis der Schattenhand / 影の手の秘密

「たまたま Nr.42 が手元にあるんだけれど」
「表紙では、金の装身具と青い短い布地を身につけた女性が、両手から光線発射して骨男の群れと戦っている」
「なになに……異次元からきた魔女ロクサーヌは罠にはまり、次元をこえて帰ろうとしたら、道はトニー・バラルドの家につづいていた……」
「こられるほうも迷惑だよね」
「ホラーだな~」
「隔週発行。A. F. Morland が全冊執筆」

□ 当時の今週の新刊案内 [Tony Ballard Nr.42 の広告] をよむ

◇ John Sinclair ジョン・シンクレア Nr.305
◇ John Sinclair ジョン・シンクレア 第2版 Nr.128
◇ Prof. Zamorra ザモラ Nr.261
◇ Gespenster-Krimi 霊犯罪 Nr.556 /
  Damian Fox / Ein Schatten aus dem Jenseits
◇ Geheimnis-Roman 秘密物語 Nr.243 /
  Gevrigia M. Shewmake / Todesblumen im alten Schloß

「Gespenster-Krimi、Geheimnis-Roman …… Spuk-Roman なんてのもある」
「内容を特定しないシリーズ名だよね」
「Gespenster-Krimi は1作づつ独立した話を掲載して、人気がでれば連作、そのうち独立したシリーズを展開――という使われ方をしていた」
「そして、John Sinclair や Damona King のようなものが続々と枝分かれしていった」
「もし、Geheimnis-Roman や Spuk-Roman もそんなスプリングボードだったとしたら、BASTEI がかかえるホラー・シリーズの全貌とはいったい?」
「想像しただけで、こわいやね」
「おーこわいこわい」
「で、ほんとに尊敬してた?」

【関連サイト】
・BASEI LÜBBE のサイト
[ http://www.bastei.de/ ]


◆今回のひとこと
 ホラー、あと一回。


d-information ◆ 8 [不定期刊] 1998/09/28
発行:y.wakabayashi /rlmdi [ yw@rlmdi.org ]
バックナンバー、登録/解除はこちら [ http://www.rlmdi.org/rlmdi/di/ ]

 このメールマガジンは Perry Rhodan を中心とするドイツSFと周辺エンターテイメントの断片的情報を、私的興味の範囲でお送りしています。

【ご注意】記事の性格上、伝聞・広告・ひろい読みにもとづく不確かな情報が多くふくまれます。より正確な情報を望まれる方は、紹介する関連サイトなどをかならずご自身でご確認ください。


このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。[ http://www.mag2.com/ ]